Oracle Javaロードマップ

  Oracleは、インターネット・コンピューティング戦略との相乗効果を得るため、提供する製品すべてにわたってJavaを統合する戦略を推進してきました。 このJavaロードマップでは、様々なJavaテクノロジの技術的な概要と、これらのJavaテクノロジの開発および配布に堅牢で、スケーラブルである、効果的な環境を提供するOracle Internet Computing Platformについて説明します。
   
  Java概要では、JavaおよびOracle JDeveloperについて説明し、インターネット上の他の参照先を紹介します。

Java Roadmap Resource Kitは3つのセクションに分かれ、それぞれがJava言語の特定の側面を扱っています。

   
  Javaでのデータベース・アクセス
  ここでは、特定のアプリケーションに最も適したデータ・アクセス方法を決定できます。

 
JDBC SQLJ Javaストアド・プロシージャ
   
  再使用可能なJavaオブジェクトの作成
  ここでは、Oracle JDeveloperを使用して再使用可能なJavaオブジェクトを作成および配布する方法を示します。

 
JavaBeans Enterprise JavaBeans Business Components for Java
   
  Web環境でのJavaの活用
  ここでは、Java対応Webサイトの作成時に使用できるテクノロジについて説明します。

 
Javaサーブレット JavaServer Pages