faq Oracle Data Pump


Oracle Data Pumpとは
Data Pumpは、Oracle Database 10g の機能またはオプションですか?
Data Pumpは、どのプラットフォーム用に提供されていますか?
Data Pumpのシステム要件は何ですか?
オリジナルExportと比べ、Data Pump Exportのパフォーマンスはどの程度向上していますか?
オリジナルImportと比べ、Data Pump Importのパフォーマンスはどの程度向上していますか?
Data Pumpのパフォーマンスの改善に特に調整は必要ですか?
リソース消費の増減に伴い動的に並列処理のレベルを調整できますか?
Data Pumpは、すべてのデータ型に対応していますか?
Data Pumpではどのようなオブジェクトを選択できますか?

コマンドライン・インタフェースを使用する必要がありますか、または使用可能なGUIがありますか?
ダンプ・ファイルのセットを、SunからHPなど、プラットフォームを越えて転送可能ですか?
1つのダンプ・ファイル・セットを自分のソース・データベースから取得し、複数のデータベースにインポートできますか?

Oracle Data Pumpは、Apps11iで認証されていますか?
起動前にエクスポート・ジョブのサイズを見積もる方法はありますか?

ジョブ実行中、Data Pump ExportおよびImportジョブを監視できますか?
ジョブが意図的にまたは意図に反して停止した場合、再起動可能ですか?

Data Pumpにより、データ定義言語(DDL)を実行できますか?
Data Pumpでは、ネットワーク・モードがサポートされていますか?

Data Pumpでは、Flashbackがサポートされていますか?
まだオリジナルExportを使用できますか? Data Pump Exportへの変換は必要ですか?

古いダンプ・ファイルをOracle Database 10g にインポートできますか? オリジナルImportを使用できますか、またはData Pump Importへの変換が必要ですか?
どのような場合にData Pump ExportおよびImportのかわりにSQL*Loaderを使用しますか?

どのような場合にData Pump ExportおよびImportのかわりにTransportable Tablespacesを使用しますか?

Oracle Data Pumpとは

Oracle Data Pumpは、Oracle Database 10g の新しい機能で、Oracleデータベース間でバルク・データおよびメタデータの高速パラレル転送が可能です。 新しい汎用インタフェース・パッケージであるDBMS_DATAPUMPには、サーバー側インフラストラクチャが提供されているため、Oracleデータベース間でデータおよびメタデータの高速転送が可能です。 Oracle Database 10g では、このインタフェースを使用する新しいExport(expdp)およびImport(impdp)クライアントが提供されています。 新しいユーティリティでは、パフォーマンスおよび機能的が大幅に改善されたため、オリジナルExportおよびImportクライアントからこの新しいData Pump ExportおよびImportクライアントへの移行をお薦めします。

TOPへ戻る

Data Pumpは、Oracle Database 10g の機能またはオプションですか?

Oracle Data Pumpは、Oracle Database 10g の完全に統合された機能と言えます。 Data Pumpは、データベースの作成および更新中に自動的にインストールされます。

TOPへ戻る

Data Pumpは、どのプラットフォーム用に提供されていますか?

Data Pumpは、Oracle Database 10g Standard Edition、Enterprise EditionおよびPersonal Editionで使用できます。 ただし、並列処理機能は、Oracle Database 10g Enterprise Editionでのみ有効です。 Data Pumpは、Unix、Linux、Windows NT、Windows 2000、Windows XPなど、Oracle Database 10g でサポートされるプラットフォームに組み込まれています。

TOPへ戻る

Data Pumpのシステム要件は何ですか?

Data Pumpのシステム要件は、Oracle Database 10g と同じです。 Data Pumpは、多くの追加システムまたはデータベース・リソースを必要としませんが、情報の抽出および処理時間は、各マシンで有効なCPUおよびメモリーによって異なります。 Data Pumpジョブの実行中、システム・リソースの消費の問題が発生すると、ジョブは動的に制限され、実行スレッド数が軽減されます。

TOPへ戻る

オリジナルExportと比べ、Data Pump Exportのパフォーマンスはどの程度向上していますか?

ダイレクト・パスAPIが改善されより効率的になったため、アンロードに対しダイレクト・パス・メソッドを使用することで、データ・アンロードの単一ストリームは、オリジナルExportに比べて2倍の速さになります。 並列処理レベルによっては、改善の程度はより大きくなる場合もあります。

TOPへ戻る

オリジナルImportと比べ、Data Pump Importのパフォーマンスはどの程度向上していますか?

データ・ロードの単一ストリームは、オリジナルImportに比べ5〜45倍の速さになります。 オリジナルImportでは、従来の挿入モードが使用されているのに対し、Data Pump Importは、ロードにダイレクト・パス・モードが使用されているためです。 Exportと同様に、ジョブはパラレル化して、さなに強化することができます。

TOPへ戻る

Data Pumpのパフォーマンスの改善に特に調整は必要ですか?

いいえ、Data Pumpには、特に調整は必要ありません。 デフォルト設定で最適に機能します。 オリジナルExportおよび(特に)Importの場合、最適な結果を得るために慎重な調整が必要でした。

TOPへ戻る

リソース消費の増減に伴い動的に並列処理のレベルを調整できますか?

はい、ジョブ全体に対して実行スレッド数を動的に制限できます。 また、インタラクティブ・モード・コマンドがサポートされているため、並列処理のレベルを調整できます。 たとえば、日中はPARALLEL=2でジョブを起動し、夜間は並列処理のレベルを上げることができます。

TOPへ戻る

Data Pumpは、すべてのデータ型に対応していますか?

はい、Oracleデータベースのデータ型はすべて、Data Pumpの2つのデータ転送機能(ダイレクト・パスと外部表)を介してサポートされます。

TOPへ戻る

Data Pumpではどのようなオブジェクトを選択できますか?

Data Pumpは、アンロードおよびロード操作のオプションの選択に、より高度な柔軟性をもたせています。 したがって、データベース・オブジェクト(機能、パッケージ、プロシージャなど)のサブセットをアンロードして、対象プラットフォームでリロードできます。 新しいExcludeおよびIncludeパラメータを使用して、ほとんどのデータベース・オブジェクト・タイプを操作に含めたり、操作から削除できます。

TOPへ戻る

コマンドライン・インタフェースを使用する必要がありますか、または使用可能なGUIがありますか?

コマンドライン・インタフェース、またはOracle Enterprise ManagerのWebベースのGUIインタフェースを使用できます。

TOPへ戻る

ダンプ・ファイルのセットを、SunからHPなど、プラットフォームを越えて転送可能ですか?

はい、Data Pumpは、ハードウェアのプラットフォームとOS間で互換性の問題を処理できます。

TOPへ戻る

1つのダンプ・ファイル・セットを自分のソース・データベースから取得し、複数のデータベースにインポートできますか?

はい、単一のダンプ・ファイル・セットを複数のデータベースにインポートできます。また、単一のダンプ・ファイル・セットから、異なるデータのサブセットをインポートすることもできます。

TOPへ戻る

Data Pumpは、Apps11iで認証されていますか?

はい、Oracle Data Pumpは、Apps11i に対応しています。

TOPへ戻る

起動前にエクスポート・ジョブのサイズを見積もる方法はありますか?

はい、ESTIMATE ONLYコマンドを使用すると、操作開始前に、ジョブのダンプ・ファイル・セットに必要なディスク空き領域を確認できます。

TOPへ戻る

ジョブ実行中、Data Pump ExportおよびImportジョブを監視できますか?

はい、ジョブはどの位置からでも監視できます。 また、ライアントは、実行中のジョブに影響を与えることなくデタッチできます。

TOPへ戻る

ジョブが意図的にまたは意図に反して停止した場合、再起動可能ですか?

はい、Data Pumpジョブは、ジョブのレコード全体を管理するマスター表を作成します。 マスター表はジョブのディレクトリーで、なんらかの理由でジョブが停止した場合でも、データを失うことなく後で再起動できます。

TOPへ戻る

Data Pumpにより、データ定義言語(DDL)を実行できますか?

はい、Data Pumpを使用すると、インポート時に作成される際にオブジェクト定義を変更できます。 たとえば、ソース・データ・ファイルを参照するDDL文で、ソース・データ・ファイル名を対象データ・ファイル名にリマップできます。 この機能は、異なるファイル・システム構文でプラットフォーム間を移動する場合に便利です。

TOPへ戻る

Data Pumpでは、ネットワーク・モードがサポートされていますか?

はい、Data Pump ExportおよびImportは、ジョブ・ソースがリモートのOracleインスタンスであるネットワーク・モードに対応しています。 これは、Exportの場合はデータのアンロードのオーバーラップであり、Importの場合はデータのロードのオーバーラップであるため、プロセスをシリアル化する必要はありません。 データベース・リンクは、ネットワークで使用されます。 また、中間ダンプ・ファイルがないため、ファイル領域の割当てを意識する必要がありません。

TOPへ戻る

Data Pumpでは、Flashbackがサポートされていますか?

はい、Data Pumpでは、Flashbackインフラストラクチャがサポートされているため、指定した時点またはSCNと一貫性があるダンプ・ファイルをエクスポートして取得できます。

TOPへ戻る

まだオリジナルExportを使用できますか? Data Pump Exportに変換する必要がありますか?

Oracle Database 10g で使用できるOracle9i 互換のExportがOracle Database 10g で提供されますが、Oracle Database 10g 機能をエクスポートするものではありません。 また、Data Pump Exportは、新規構文と新規クライアント実行ファイルを提供しているため、オリジナルExportスクリプトを変更する必要があります。 したがって、Oracle Data Pump Exportの使用をお薦めします。

TOPへ戻る

古いダンプ・ファイルをOracle Database 10g にインポートできますか? オリジナルImportを使用できますか、またはData Pump Importへの変換は必要ですか?

オリジナルImportは、永続的に管理および出荷される予定で、Oracle Version 5.0からOracle9i までのダンプ・ファイルをOracle Database 10g 以上にロードできます。 ただし、Data Pump Importは、Oracle Database 10g 以上のData Pump Exportダンプ・ファイルを読み取ることのみ可能です。 また、Data Pump Importは、新規構文と新規クライアント実行ファイルを提供しているため、オリジナルImportスクリプトを変更する必要があります。 したがって、Oracle Data Pump Importの使用をお薦めします。

TOPへ戻る

どのような場合にData Pump ExportおよびImportのかわりにSQL*Loaderを使用しますか?

SQL*Loaderを使用して、外部ファイルからOracleデータベースの表にデータをロードします。 多くの顧客は、日常的にSQL*Loader を使用して、ファイル(たとえば、ファイナンシャル・フィード)をデータベースにロードしています。 Data Pump ExportおよびImportは、頻繁には使用されませんが、プラットフォーム間の移行、開発やテストおよび生産データベース間のデータ移動、ロジカル・データベースのバックアップ、企業全体のアプリケーション配置などの重要なタスクに使用されます。

TOPへ戻る

Data Pump どのような場合にData Pump ExportおよびImportのかわりにTransportable Tablespacesを使用しますか?

1つのOracleデータベースから他のOracleデータベースへデータの表領域全体を移動する場合、Transportable Tablespacesを使用します。 Transportable Tablespacesを使用すると、Oracleデータ・ファイルをデータベースから切断し、他の場所に移動またはコピーして別のデータベースに接続することができます。 表領域の転送では、データ・ファイルのコピーと表領域ディクショナリ情報の統合のみ必要とされるため、Transportable Tablespacesを使用してデータを転送すると、同じデータをエクスポートまたはインポートするよりもはるかに高速に処理できます。 ただし、表領域を転送する際、表領域のメタデータの抽出および再作成に、Data Pump ExportおよびImportが使用されます。

TOPへ戻る


Copyright © 2004, Oracle Corporation. All Rights Reserved. Oracle Corporation発行の「Oracle Data Pump FAQ」の翻訳版です。
この文書はあくまでも参考資料であり、掲載されている情報は予告なしに変更されることがあります。 
万一、誤植などにお気づきの場合は、オラクル社までお知らせください。
オラクル社は本書の内容に関していかなる保証もしません。また、本書の内容に関連したいかなる損害についても責任を負いかねます。