Oracle BI PublisherとOracle BI Discovererの統合

このチュートリアルでは、Oracle Business Intelligence Publisher(Oracle BI Publisher)バージョン10.1.3.3とOracle Business Intelligence Discoverer(Oracle BI Discoverer)バージョン10.1.2.3の統合機能について説明します。 また、Oracle BI Publisher DesktopとOracle BI Publisher Enterpriseのデータソースとして、Oracle BI Discovererワークシート・コンテンツにアクセスする方法について学習します。

約30分

トピック

このチュートリアルでは、以下のトピックについて説明します。

Oracle BI PublisherからOracle BI Discovererへの接続

Oracle BI Publisher Desktopを使用したOracle BI Discovererデータのレポート作成

Oracle BI Publisher Enterpriseを使用したOracle BI Discovererレポートの表示

Oracle BI Publisher Enterpriseを使用したOracle BI Discovererレポートのスケジューリング

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリー ンショットがロードし、表示されます。 (警告: すべてのスクリーンショットが同時にロードされるため、ご使用のインターネット接続によってはレスポンス・タイムが遅くなる場合があります。)

注: 各手順に関連したスクリーンショットのみを表示する場合は、それぞれの手順 にあるアイコンの上にカーソルを置いてください。 スクリーンショットをクリックすると、非表示になります。

概要

Oracle BI Publisherリリース10.1.3.3は、Oracle BI Discovererリリース10.1.2.2に対するいくつかの統合ポイントを提供しています。 この統合機能を利用すると、Oracle BI Publisherレポートのデータソースとして、Oracle BI PublisherからOracle BI Discovererワークシート・コンテンツにアクセスできます。

このチュートリアルの目的は、Oracle BI Discovererデータに対してOracle BI Publisherを使用することにあるため、Oracle BI Discovererに不慣れなユーザーが背景を理解できるように、Oracle BI Discovererワークシート環境の簡単な概要を次に示します。

Oracle BI Discovererワークシートについて

Oracle BI Discovererワークシートは、Oracle BI Discovererレポートのコンテナです。 Oracle BI Discovererレポートのデータは、Oracleリレーショナル・ソースまたはOracle OLAPソースのいずれかから取得します。

Oracle BI Discovererワークシート環境は、非定型のエンド・ユーザー分析を行うレポートの作成に最適です。 メジャー、ディメンション、ディメンション・メンバーなどのデータ要素をワークシート領域でドラッグ・アンド・ドロップすることにより、ビジネス・インテ リジェンス・データを含む表、クロス集計、グラフを作成できます。

Oracle BI Discovererワークブックには、複数のワークシートをまとめることができます。 ワークブック内のワークシートにアクセスするには、ワークブックを所有するユーザーに対してOracle BI Discovererのパブリック接続を作成する必要があります。 パブリック接続は、ワークシートをOracle BI Publisherのデータソースとして表示するための接続メカニズムとして使用されます。

このチュートリアルでは、次のOracle BI DiscovererワークシートをOracle BI Publisherレポートのデータソースとして使用します。

Oracle BI Discovererの詳細は関連情報の 項を参照してください。

このチュートリアルの目的

このチュートリアルでは、次の3つの統合機能を使用します。

1.

Oracle BI Publisher Desktopを使用したOracle BI Discovererワークシート向けMS Wordの書式とレイアウトの拡張

2. Oracle BI Publisher Enterpriseを使用したOracle BI Discovererデータのレポート表示
3. Oracle BI Publisher Enterpriseを使用したOracle BI Discovererレポートのスケジューリング、共有、配布

トピック・リストに戻る

このチュートリアルを始める前に次のことを確認してください。

1.

Oracle Application Server 10.1.2.2にアクセスできるか、またはインストール済みであること。 その上で、Oracle BI Discovererのワンオフ・パッチを適用していること。 Oracle MetaLinkサイト(http://metalink.oracle.com/)へアクセスして、パッチ#5648158をダウンロードします。

2.

Oracle BI Discoverer10.1.2.3にアクセスできるか、またはインストール済みであること。

3. バージョン10.1.3.3のOracle BI Publisher EnterpriseおよびOracle BI Publisher Desktopにアクセスできるか、またはインストール済みであること。 注: Oracle BI Publisher DesktopにはMS Wordの最新版のインストールが必要です。
4. Oracle BI DiscovererのWebサービスを設定しており、その認可ユーザーを定義していること。 その上で、Oracle BI Publisher Enterpriseセキュリティ・センターを使用して、Oracle BI Publisherのセキュリティ設定を完了していること。

トピック・リストに戻る

Oracle BI PublisherからOracle BI Discovererへの接続

前提条件の項で説明したとおり、Oracle BI PublisherからOracle BI Discovererへ接続する前に、Oracle BI DiscovererのWebサービスを構築し、その認可ユーザーを設定する必要があります。 その後で、Oracle BI Publisherのセキュリティ設定を行います。

最後に、Oracle BI Publisher Enterpriseの管理タブにある統合機能を使用して Oracle BI Publisherの設定を行い、データソースとしてOracle BI Discovererを指します。 ここで、Oracle BI Discovererのサーバー接続情報とWebサービス・ユーザーの認証を入力します。

以下の手順を実行します。

1.

Oracle BI Publisher Enterpriseを起動します。

A. ブラウザのアドレス 行にOracle BI Publisher Enterpriseのサーバー文字列を入力します。
B. ログイン・ウィンドウに適切なユーザー名とパ スワードを入力します。
C. Sign In」 をクリックします。

 

2.

Admin」タブを選択し、Integrationセクションの「Oracle BI Discoverer」リンクをクリックします。

 

3.

Oracle BI Discovererページで次の値を選択または入力します。

A. サーバー・プロトコ ルとして「http」を選択します。 次に、Oracle BI DiscovererサーバーのIPアドレスとポート番号を入力します。
B. 管理者のユーザー名とパスワードとして、 Oracle BI Discoverer Webサービスの適切な認可ユーザー情報を入力します。
C. URL SuffixボックスにOracle BI Discoverer Webサービスのエンドポイントを指定します。
D. Apply」 をクリックして、接続情報を保存します。

注: Oracle BI Discovererの接続情報を有効化するには、Oracle BI Publisherを再起動する必要があります。

トピックに戻る

Oracle BI Publisher Desktopを使用したOracle BI Discovererデータのレポート作成

Oracle BI Publisher Desktopは、Microsoft Wordのアドインです。 Oracle BI Publisher Desktopをインストールすると、Oracle BI Discovererを含む、あらゆるOracle BI Publisherデータソースのフロント・エンドとしてMS Wordを使用できます。

MS Wordの豊富な書式機能とレイアウト機能のすべてをOracle BI Discovererワークシートに適用し、1つのOracle BI Discovererワークシートで複数のテンプレートを使用できます。 さらに、結果のレポートは、PDF、RTF、XLS、PPT、またはXMLのいずれの形式でも表示できます。

このトピックでは、Oracle BI DiscovererワークシートからOracle BI Publisherレポートを作成し、PDF形式で表示します。 以下のタスクを実行します。

Oracle BI Publisherレポートのプレビュー
テンプレートの変更
テンプレートへのグラフ の追加

トピック・リストに戻る

データソースとしてのOracle BI Discovererワークシートの選択

1.

MS Wordを起動します。 Oracle BI Publisherメニューとツールバーが表示されます。

 

2.

Oracle BI Publisherにログオンします。

A. Oracle BI Publisherメニューから「Log On」を選択します。
B.

Oracle BI Publisherのログイン・ウィンドウで、ユーザー名、パスワード、およびOracle BI Publisherレポート・サーバーとして適切な情報を入力します。

 

C. Login」 をクリックします。

結果: Open Templateウィンドウが表示されます。

 

3.

Open Templateウィンドウで、次を実行して、Oracle BI Discovererへの接続を選択します。

A.

Workspaceドロップダウン・リストから「Discoverer」 を選択します。

結果: Select Data Connectionウィンドウが表示されます。

 

B.

Select Data Connectionウィンドウで、適切なOracle BI Discovererのパブリック接続を選択し、「Select Connection」をクリックします。 次のスクリーンショットではBIP接続が選択されています。

結果: Open Templateナビゲーション・ペインに、Oracle BI Discoverer接続に関連付けられたワークスペース・リストがドリル操作可能な状態で表示されます。

 

C.

対象のワークブック・フォルダを選択し、Reportsリストに関連するワークシートを表示します。

この例では、BIPI_CrosstabLayoutsワークブックには3つのワークシートが含まれていま す。

 

D.

対象のワークシートをダブルクリックして、Save As Oracle BI Publisher Reportウィンドウで、このレポートを保存するOracle BI Publisherのユーザー・フォルダを選択します。

この例では、「ItemsOnTop」ワークシートが選択され、「My Folders」→「Brian」サブフォルダがOracle BI Publisherレポートの保存場所として選択されています。

 

E.

Save」をクリックします。

これにより、Oracle BI Discovererワークシートの説明がOracle BI Publisherカタログに保存されます。 また、Oracle BI Publisher Desktopの現在のレポートのデータソースとして、ワークシートのデータ要素が自動的にロードされます。

MS Wordドキュメントでは、Oracle BI Discovererワークシートのコンテンツをデータソースとして使用して、レポート・テンプレートを開発するための準備が自動的に行われます。

レポート名は、ワークブック名.ワークシート名という形式で Oracle BI Discoverer接続から自動的に生成されます。

トピックに戻る

Oracle BI Publisherテンプレートの作成

Oracle BI Discovererワークシートがレポートのデータソースとして設定されたら、次のタスクとしてレポートのテンプレートを作成します。 テンプレートを作成したら、結果のレポートのプレビューと公開が行えます。

このタスクでは、Template Builderメニューを使用して、Oracle BI Discovererワークシート・データのレポート・テンプレートを作成します。 以下の手順に従います。

1.

Template Builderツールバーから、「Insert」→「Table Wizard」を選択します。

 

2.

Tableウィザードの最初の手順で、レポート形式として「Table」を選択し、「Next」 をクリックします。

 

3. ウィザードの手順2で、Grouping Fieldの値として「ROWSET/ROW」 を受け入れ、「Next」をクリックします。

 

4.

ウィザードの手順3で、「Select All」ボタン(>>)をクリッ クして、すべての選択可能な項目(Year、City、Region、Profit Sum、Sales Sum)を選択します。 「Next」 をクリックします。

 

5.

ウィザードの手順4で、Group Byボックスから「Region」を選択します。 次に、「Finish」をクリックします。

注: 手順4でNextを選択した場合、ウィザードで2つの後続手順が表示され、表のソート順とカスタマイズ・ラベルを指定できます。

結果: シンプルなOracle BI Publisherレポート・テンプレートがMS Wordドキュメントに挿入されました。

 

トピックに戻る

Oracle BI Publisherレポートのプレビュー

Oracle BI Publisher Desktopレポートは、PDF、HTML、EXCEL、RTF、およびPowerPointのいずれの形式でもプレビューすることができます。

ここでは、PDF形式でプレビューします。

1.

Template Builderツールバーから、「Preview」→「PDF」 を選択します。

Oracle BI PublisherレポートをPDFでプレビューするには、はじめにテンプレートをRTF形式でローカルに保存する必要があります。 このため、次のウィンドウが表示されます。

OK」をクリックします。

結果: Save Asウィンドウが表示されます。

 

2.

Save Asウィンドウで、テンプレートの場所と名前を指定します。

 

3.

Save」をクリックしてテンプレートを保存し、レポート・プレビューを表示しま す。

レポートがPDF形式で表示されます。 PDFエディタの通常の機能を使用してレポート内をスクロールできます。

4.

PDFプレビューを閉じます。

トピックに戻る

テンプレート の変更

このタスクでは、レポート表示を拡張するために、MS Wordの書式とレイアウトのテクニックをテンプレートに適用します。 さらに、テンプレートに新規データ・フィールドを追加して、レポート・コンテンツを拡張します。

1.

レポートのページ・ヘッダーを作成します。

A.

MS Wordのメニュー・バーから「表示」→「ヘッ ダーとフッター」を選択します。

ヘッダー・ボックスで、レポート・タイトルとしてRegional Sales by Year & Cityと入力します。 ヘッダー・ボックスの中央にテキストを配置し、太字にします。

B.

希望する任意の書式をヘッダーに追加します。 この例では、"Oracle Business Intelligence"と表示されるグラフィック・イメージが、ヘッダーのレポート・タイトルの上に挿入されています。

 

C.

ヘッダーとフッター・ツールバーを使用して、ページ番号をレポートのフッターに追加します。 次に例をあげます。

 

D. ヘッダーとフッター・ツールバーで「閉 じる」をクリックします。

 

2.

Group Byヘッダーと表本体のテキスト書式を変更します。

A.

レポートで、Group Byヘッダー(Region)を選択します。 次に、以下に示すようにHeading 2書式をヘッダーに適用します。

B.

表本体を選択し、表内のテキストを10ポイントのArialに 変更します。

テンプレートは次のようになります。

 

3.

Group Byヘッダーと表の間に各地域の売上高を表示する追加のヘッダーを追加します。

A.

Group Byヘッダー(Region)と表本体の 間に空白行を追加します。 次に、ヘッダーの下の行に"Revenue for "というテキストを入力します。

注: カーソルは、"Revenue for "に続く空白の右側に配置しておきます。

 

B.

Template Builderメニューから、「Insert」→「Field」 を選択します。 Fieldウィンドウで、リストから「Region」を選択し、「Insert」 をクリックします。

結果: 新規フィールドがカーソルの位置に挿入されました。

Close」をクリックして、Fieldウィンドウを閉じます。

 

C.

新しいRegionフィールドの後にテキスト" is $"を追加しま す。

D.

Template Builderメニューから「Insert」→「Field」 を再度選択します。 Fieldウィンドウで、リストから「Sales Sum」を選択し、Calculationプ ルダウンから「sum」を選択して、「On Grouping」オプションを チェックし、「Insert」をクリックします。

結果: 新規フィールドがテンプレートに挿入されました。

Close」をクリックしてFieldウィンドウを閉じます。

 

E.

sum Sales_SUM」フィールドをダブルクリックして、 Oracle BI Publisher Propertiesウィンドウを表示します。 Formatドロップダウン・リストから「#,##0.00」 オプションを選択します。

OK」をクリックして書式を適用します。

追加のグループ・ヘッダーは次のように表示されます。

 

4.

Oracle BI Publisherレポートのプレビューで説明されている のと同じテクニックを使用して、レポートをPDF形式でプレビューします。 レポートは、次のように表示されます。

下方向にスクロールして、フッター書式を確認します。

PDFプレビューを閉じます。

 

ト ピックに戻る

テンプレート へのグラフの追加

ここでは、売上と利益に焦点を当てた2つのグラフをテンプレートに追加します。

1.

はじめに、売上グラフを追加します。

A.

group ROW by Regionフィールドを含む行の先頭にカー ソルを配置し、[Enter]キーを押して表の上に新規行を追加します。

 

B.

Template Builderメニューから「Insert」→「Chart」 を選択します。 Chartウィンドウで以下の手順に従います。

DataボックスからValuesボックスへ「Sales Sum」 をドラッグします。 プレビュー・ボックスにグラフが表示されます。

 

Labelsボックスに「Region」をドラッグします。

注: Labelsボックスに値が指定されると、Seriesボックスが有効化されます。

Seriesボックスに「Year」 をドラッグします。
TitleボックスにSalesと 入力します。

 

C.

Preview」をクリックして、プレビュー・ボックス内のグラフを更 新します。

注: TypeとStyleを変更して、グラフのルック・アンド・フィールを変更できます。 また、3DオプションとGradientオプションを変更すると、グラフの外観を変更できます。

 

D.

OK」をクリックして、グラフを挿入します。 テンプレートにはグラフが含まれ、次のようになります。

 

E.

グラフのサイズを変更し、中央に配置します。

実行するには、グラフを選択し、グラバー・コントロールを使用してサイズを縮小します。 次に、MS Wordの書式設定ツールバーの中央揃えツールをクリックします。 グラフのサイズおよび位置は、次のようになります。

 

2.

テンプレートに2つ目のグラフを追加します。

A.

売上グラフを選択し、一回右クリックします。 これにより、カーソル挿入ポイントがグラフの右側に配置されます。

 

B.

Template Builderメニューから「Insert」→「Chart」 を選択します。 Chartウィンドウで以下の手順に従います。

DataボックスからValuesボックスへ「Profit Sum」 をドラッグします。

Labelsボックスに「Region」 をドラッグします。
Seriesボックスに「Year」 をドラッグします。
TitleボックスにProfitと 入力します。
OK」 をクリックします。

結果: レポート・テンプレートに2つ目のグラフが表示されます。

注: グラフは、最初のグラフを縮小する前と同じサイズになっています。 同じ行に表示できないため、2つ目のグラフは次の行に表示されます。

 

C.

グラフを縮小して、最初のグラフと同じくらいのサイズにします。 サイズを変更すると、2つ目のグラフは自動的に最初のグラフと同じ行の右側に表示されます。

 

テンプレートは次のようになります。

 

3.

変更したレポートをプレビューします。

A.

Template Builderメニューから「Preview」→「PDF」 を選択します。

 

B.

レポート内をスクロールしていくと、グラフがレポートの先頭にのみ表示されており、各ページには表示されてい ないことが分かります。

 

C.

PDFプレビューを閉じます。

ト ピックに戻る

Oracle BI Publisher Enterpriseを使用したOracle BI Discovererレポートの表示

Oracle BI Publisherテンプレートを本番で使用する準備ができたら、テンプレートをアップロードして、Oracle BI Publisher Enterpriseからレポートを使用できるようにします。

このトピックでは、テンプレートをアップロードして、Oracle BI Publisher Enterpriseでレポートを表示します。

トピック・リストに戻る

テンプレートの アップロード

Oracle BI Publisher DesktopからOracle BI Publisher Enterpriseにテンプレートをアップロードするには、以下の手順に従います。

1.

MS Wordメニュー・バー(Template Builderツールバーではありません)のOracle BI Publisherメニューから「Upload Template As」を選択します。

 

2.

"Upload as new"ウィンドウで適切なテンプレート名を入力し、「OK」 をクリックします。

注: テンプレートを後で変更する場合、MS Wordメニュー・バーのOracle BI Publisherメニューから「Update Layout Template」を選択すると、Oracle BI Publisher Enterpriseに変更をアップロードできます。 このオプションは、テンプレートをアップロードした後でメニューに追加されます。

 

3.

テンプレートを正しくアップロードしたら、確認メッセージが表示されます。

OK」をクリックします。

 

4.

MS Wordを終了します。

ト ピックに戻る

Oracle BI Publisher Enterpriseを使用したレポートの表示

次の手順に従って、レポートのアクセスと表示を行います。

1.

Oracle BI Publisher Enterpriseを起動し、適切なログイン情報を入力して「Sign In」をクリックします。

 

2.

レポートを保存する適切なフォルダ・リンクをクリックします。 ここでは、「My Folders」 →「Brian」を選択します。

 

3.

レポートのリンクをクリックします。 ここでは、「...ItemsOnTopAxis」 を選択します。

結果: レポートのテンプレート名が表示されます。

 

4.

レポートは次の形式で表示できます。

View」をクリックして、レポートを表示します。

 

トピックに戻る

Oracle BI Publisher Enterpriseを使用したOracle BI Discovererレポートのスケジューリング

Oracle BI Publisher Enterpriseのスケジュール機能を使用して、Oracle BI Discovererデータに基づくレポートのスケジューリングを行うことができます。 このトピックでは、Oracle BI Discovererデータを使用したレポートのスケジューリングと配布方法について学習します。

スケジュール機能では、次の情報を指定できます。

テンプレート名や出力形式などのレポート・パラメータ

ジョブ名、レポート・ロケール、レポート作成時間などの ジョブ・プロパティ
通知パラメータ(電子メール配信オプションが有効化されて いる場合)
実行時オプション
配信先オプション

次の手順に従って、Oracle BI Discovererデータのレポートをスケジューリングします。

1.

Oracle BI Publisher Enterpriseでレポートを開き、「Schedule」 ボタンをクリックします。

 

2.

Schedule Reportウィンドウで次の値を選択または入力します。

A.

Report Parametersセクションで、レポートのテンプレートと形式を選択します。

 

B.

Job Propertiesセクションで、スケジューリングするジョブに適切なジョブ名を指定して、要件に合ったオプションを選択します。

 

C.

Notificationセクションで、1つ以上の電子メール・アドレスを入力し、通知を送信したいタイミン グを指定します。

注: このセクションの指定は任意です。

 

D.

Timeセクションで、適切な実行時間を選択します。 この例では、「Run Monthly」が選択されています。 次に、選択した実行時間に対するセカンダリ・オプションを指定します。

 

E.

Destinationセクションで、適切なオプションを選択します。 複数の出力先タイプを設定している場合、その中から選択できます。

 

F.

Submit」をクリックします。

 

3.

レポート・ジョブをスケジューリングしたら、ジョブの一時停止、再開、削除はいつでも実行できます。

 

トピック・リストに戻る

このチュートリアルで学習した内容は、以下のとおりです。

Oracle BI PublisherからOracle BI Discovererへの接続
Oracle BI Publisher Desktopを使用したOracle BI Discovererデータのレポート作成
Oracle BI Publisher Enterpriseを使用したOracle BI Discovererレポートの表示
Oracle BI Publisher Enterpriseを使用したOracle BI Discovererレポートのスケジューリング

トピック・リストに戻る

Oracle BI Publisherの詳細は、OTNの Webサイトで他のOBEを参照してください。 このページから、「Business Intelligence Start」 →「Oracle BI Publisher」を選択します。

トピック・リストに戻る

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットが非表示になります。

 

 

 


Copyright (c) Oracle Corporation 2007 All Rights Reserved
Oracle Corporation発行の「Oracle BI Publisher and BI Discoverer Integration」の翻訳版です。

この文書はあくまで参考資料であり、掲載されている情報は予告なしに変更されるこ とがあります。 万一、誤植などにお気づきの場合 は、オラクル社までお知らせください。 オラクル社は本書の内容に関してい かなる保証もしません。 また、本書の内容に関連したいかな る損害についても責任を負いかねます。

Oracleはオラクル社の登録商 標です。
その他の会社名およ び製品名は、 あくまでその製品および会社を識別 する目的にのみ使用されており、 それぞれの所有者の商標または登録 商標です。