インストール後の手順

このモジュールでは、Oracle Database 10gをインストールした後に実行する必要のあるタスクを説明します。

このレッスンの内容は次のとおりです。

前提条件
ユーザー・アカウントのロック解除
Oracle Demosのインストール

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットが表示されます。 各項目に関連するスクリーンショットのみを表示する場合は、それぞれのアイコンの上にカーソルを置いてください。

このレッスンを始める前に、次のことを実行しておく必要があります。

1.

Oracle Database 10gをインストールするためのLinuxの構成のレッスンの完了

2.

LinuxへのOracle Database 10gのインストールのレッスンの完了

3.

作業ディレクトリ(/wkdirなど)へunlock.shをダウンロード


※本レッスンの画面キャプチャは英語となっておりますが、日本語環境ではOracle Universal Installerは日本語で設定されます。

いずれかのユーザー・アカウントにログインするには、アカウントのロックを解除する必要があります。 次の手順を実行してください。

1.

ターミナル・ウィンドウを開き、次のコマンドを実行します。

cd wkdir
chmod u+x unlock.sh
./unlock.sh

 

一部のレッスンでは、サンプル・データがロードされている必要があります。 Oracle Database 10gに付属のCompanion CDには、デモのインストールが含まれています。 次の手順を実行してください。

1.

ユーザーoracleとしてLinuxマシンにログインし、Oracle Database Companion CDをマウントします。 ディレクトリをCDに変更し、スクリプトrunInstallerを実行します。

./runInstaller

 

2.

「ようこそ」画面で、「次へ」をクリックします。

Move your mouse over this icon to see the image

 

3.

「ファイル場所の指定」ウィンドウで、パスが<CD-ROM>examples/stage/products.jarファイルに設定されていることを確認し、「次へ」をクリックします。

Move your mouse over this icon to see the image

 

4.

「言語の選択」画面で、「選択された言語」に英語がリストされていることを確認し、「次へ」をクリックします。

Move your mouse over this icon to see the image

 

5.

「サマリー」画面で、インストールするデモのリストを確認し、「インストール」をクリックします。

Move your mouse over this icon to see the image

 

6.

進行状況ウィンドウが表示されます。

Move your mouse over this icon to see the image

 

7.

インストールが完了したら、「終了」をクリックします。

Move your mouse over this icon to see the image

 

8.

はい」をクリックしてOracle Universal Installerを終了します。

Move your mouse over this icon to see the image

 

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットが非表示になります。

 

 

 


Copyright © 2004, Oracle Corporation. All Rights Reserved. Oracle Corporation発行の「Oracle by Example Series: Oracle Database 10g」の翻訳版です。
この文書はあくまでも参考資料であり、掲載されている情報は予告なしに変更されることがあります。
万一、誤植などにお気づきの場合は、オラクル社までお知らせください。
オラクル社は本書の内容に関していかなる保証もしません。また、本書の内容に関連したいかなる損害についても責任を負いかねます。