Oracle JDeveloperのLinuxへのインストール

このモジュールでは、Oracle JDeveloper 10gをLinuxにインストールして構成する方法を説明します。

このレッスンの内容は次のとおりです。

概要
前提条件
システム要件の確認
Sun SDK 1.4.2_03 for Linuxのインストール
JDeveloperのインストール
JDeveloperおよびSDKの構成
.bash_profileの変更
OC4Jの構成
Linux上のファイルに対する権限の変更
パネルへのアイコンの追加
JDeveloperの実行

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットが表示されます。 各項目に関連するスクリーンショットのみを表示する場合は、それぞれのアイコンの上にカーソルを置いてください。

Oracle JDeveloper 10g 9.0.5ソフトウェアをLinuxにインストールします。

※本レッスンの画面キャプチャは英語となっておりますが、日本語環境ではOracle JDeveloperは日本語で設定されます。

このレッスンを始める前に、次のことを実行しておく必要があります。

1.

Oracle Database 10gをインストールするためのLinuxの構成のレッスンの完了

 

Oracle JDeveloper 10gに対する最低システム要件は次のとおりです。
詳細は日本オラクルホームページ 「オラクル製品 主なシステム要件」をご参照下さい。

Red Hat Enterprise Linux 2.1, Red Hat Enterprise Linux 3, MIRACLE LINUX Standard Edition V2.1(Oracle9i Release 2対応キット適用済またはUpdate3以降), SUSE LINUX Enterprise Server 8
Pentium V 866MHz以上
512MB以上の物理メモリ
230MB以上のハード・ドライブ・ディスク領域

JDeveloperを正しく実行するには、Sun SDKリリース1.4.2_03をインストールする必要があります。 次の手順を実行してください。

1.

Sun Microsystems社のhttp://www.javasoft.comにある自己解凍バイナリ・ファイルをLinuxマシンの/stageディレクトリにダウンロードします。

注意: /stageディレクトリがない場合は、次のコマンドをターミナル・ウィンドウから実行します。

cd /
su
<root password>
mkdir /stage
chown oracle:dba /stage
chmod 755 /stage
exit

 

2.

Sun Microsystems社から提供されるインストールドキュメントに従ってSun SDKリリース1.4.2_03をインストールします。

 

JDeveloperをインストールするには、次の手順を実行します。

1.

Oracle JDeveloper 10g 9.0.5を製品メディアもしくはOTN-Jサイトより入手してLinuxマシンの/stageディレクトリにコピーします。

 

2.

ターミナル・ウィンドウを開き、次のコマンドを実行します。

cd /oracle
mkdir jdev905
cd jdev905
unzip /stage/jdev10g905.zip 

これで、全ファイルが解凍され、製品がインストールされました。

 

JDeveloperを実行する前に、次のタスクを実行する必要があります。

1.

geditを開き、/oracle/jdev905/jdev/bin/jdev.confファイルを開きます。

 

2.

SetJavaHomeパラメータを検索し、インストールしたJDKと一致しているかを確認します。

:
SetJavaHome /usr/java/jdk1.4.2_04

画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

3.

jdev.confファイルを保存し、geditを終了します。

 

JDeveloperをインストールした後、/home/oracle/.bash_profileを更新し、パスを適宜変更する必要があります。 次の手順を実行してください。

1.

geditを開き、/home/oracle/.bash_profileファイルを開きます。

 

2.

パスが次のとおり設定されていることを確認します。

JAVA SDK 1.4.2 リリースではJavaの実行モジュールにフルパスを指定する必要があります。

例 :
/usr/java/j2sdk1.4.2_02/bin

JDEV_HOME=$ORACLE_BASE/product/9.0.5/jdeveloper
PATH=$PATH:$JDEV_HOME/jdev/bin:<JAVA SDK 1.4.2 release>;
export PATH

export JDEV_HOME

画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

3.

.bash_profileファイルを保存し、geditを終了します。

 

4.

次に、このファイルを読み込む必要があります。 ターミナル・ウィンドウを開き、次のコマンドを実行します。

cd
. ./.bash_profile

画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

 

アプリケーションをJDeveloperにデプロイするには、OC4Jを構成する必要があります。 次の手順を実行してください。

1.

ターミナル・ウィンドウから、次のコマンドを実行します。

cd $ORACLE_BASE/jdev905/j2ee/home
java -jar oc4j.jar -install

画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

パスワードのプロンプトが出てきたら「oracle」と入力して下さい。

画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

JDeveloperを実行する前に、次のタスクを実行する必要があります。

1.

すべてのJDeveloperファイルに対し、読取り権限が必要です。 ターミナル・ウィンドウを開き、次のコマンドを実行します。

chmod -R g+r $ORACLE_BASE/product/9.0.5/jdeveloper/
chmod +x $ORACLE_BASE/product/9.0.5/jdeveloper/jdev/bin/jdev
chmod +x $ORACLE_BASE/product/9.0.5/jdeveloper/jdev/bin/ojc
chmod +x $ORACLE_BASE/product/9.0.5/jdeveloper/jdev/bin/start_oc4j
chmod +x $ORACLE_BASE/product/9.0.5/jdeveloper/jdev/bin/stop_oc4j
chmod -R g+w $ORACLE_BASE/product/9.0.5/jdeveloper/j2ee/home/application-deployments
chmod -R g+w $ORACLE_BASE/product/9.0.5/jdeveloper/j2ee/home/applications
chmod -R g+w $ORACLE_BASE/product/9.0.5/jdeveloper/j2ee/home/config
画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

JDeveloperの実行時は、アイコンをパネル上に作成しておくと便利です。 次の手順を実行してください。

1.

Desktop (ツールバーやアイコンやウィンドウではなく)を右クリックして新しいラウンチャーを

 

2.

Create Launcher Appletウィンドウで、次のとおり入力し、「No Icon」をクリックします。

Name: JDeveloper 10g 9.0.5.1
Comment: JDeveloper 10g 9.0.5.1
Command: /oracle/jdev905/jdev/bin/jdev

画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

3.

ディレクトリ・フィールドに/oracle/jdev905/jdev/binと入力し、coffee.pngを選択してから「OK」をクリックします。

画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

 

4.

OK」を再クリックし、アイコンをパネル上に作成します。

画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

 

JDeveloperを実行するには、次の手順を実行します。

1.

パネル上に作成したアイコンをクリックします。

 

2.

JDeveloperの初回実行時は、jdevhomeディレクトリが存在せず、このディレクトリを作成するかを尋ねるメッセージが表示される場合があります。 「Yes」をクリックします。

画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

 

3. JDeveloperの初回起動時にjdevhomeのアップグレードを促すメッセージが表示される場合があります。 既存のjdevhomeが存在する場合は「はい」、そうではない場合は「いいえ」をクリックして下さい。
4.

「JDeveloper」ウィンドウが表示されます。

画像を表示するためにはマウスをこの場所に移動してください

 

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットが非表示になります。

 

 

 


Copyright © 2004, Oracle Corporation. All Rights Reserved. Oracle Corporation発行の「Oracle by Example Series: Oracle Database 10g」の翻訳版です。
この文書はあくまでも参考資料であり、掲載されている情報は予告なしに変更されることがあります。
万一、誤植などにお気づきの場合は、オラクル社までお知らせください。
オラクル社は本書の内容に関していかなる保証もしません。また、本書の内容に関連したいかなる損害についても責任を負いかねます。