意外と簡単!? Windows ソリューション -Real Application Clusters編-

日本オラクル クロスインダストリー統括本部
OracleDirect テクニカルサービスグループ
小海 友和


目次
はじめに
Real Application Clusters構成の構築
前提となるシステム構成
ソフトウェア要件の確認
Webブラウザ要件の確認
ハードウェア要件の確認
ネットワークの設定
共有ディスクの設定
Cluster Ready Servicesのインストール
ASMで使用するディスクの準備
Oracle Database 10gとReal Application Clustersのインストール
補足)Oracle製品のマニュアルに関して


 はじめに

「意外と簡単!? Windowsソリューション」シリーズは、Windowsプラットホームを使用してOracle Database 10gを利用される方のために、高可用性システム構築をはじめとして、Windows上にてOracleを使用する場合の様々な情報について提供しております。
「意外と簡単!? Windowsソリューション」シリーズが皆様のシステム構築の一助になれば幸いです。

  「意外と簡単!? Windowsソリューション」シリーズの資料構成

「意外と簡単!? Windowsソリューション」シリーズは、以下の4つの資料から構成しております。
  1. Oracle Fail Safe編
  2. Oracle Real Application Clusters編(本書)
  3. Oracle Fail SafeとOracle Real Application Clustersの特徴
  4. OracleとActive Directoryの連携

  「意外と簡単!? Windowsソリューション」シリーズにおけるH/W、S/W構成


サーバー DELL PowerEdge 2650
CPU Xeon 3.06 GHz x 2
メモリ 6GB
オペレーティング・システム Microsoft Windows 2000 + Service Pack4
RDBMS Oracle Database 10g Standard Edition for Windows


 Real Application Clusters構成の構築

本書はWindows2000 Advanced Server上に、Oracle Database 10g Standard Editionをインストールし、可用性の高いOracle Databaseサーバーを構築するためのガイドです。
本書はReal Application Clustersの構築を容易にすることを目的としており、Oracle製品のみならず、構築に必要な設定を説明しています。


 前提となるシステム構成

「意外と簡単!?」シリーズでは、基本的に前述のH/W、S/W構成にて記述されていますが、本書は以下のシステム構成において、Oracle Real Application Clusters for Oracle Database 10g Standard Edition (以降、10g SE RAC)の環境を構築しております。
尚、本書の設定手順は、Oracle Database 10g Release1(10.1.0.2)にて作成されております。実際の作業におかれましては、製品に付属している最新のパッチセット・リリースが存在する場合、パッチセット・リリースを適用することを推奨するとともに、設定に関する最新の情報を参照くださいますようお願い致します。


サーバーの構成
CPU Intel Xeon 2.4G
メモリ 2GB
内蔵ディスク 18G
OS Windows 2000 Advanced Server SP4

ふたつのノードのハードウェア/ソフトウェア構成は同じです。
今回、インストール作業はOSユーザー「administrator」で行います。また、各ノードの「administrator」ユーザーのパスワードは同一である必要があります。

ポイント:このドキュメントの作業をすすめるには、各ノードでAdministrators権限のある同一のOSユーザーでログオンする必要があります。またOracleをインストールするOSユーザーのパスワードも同一である必要があります。


 ソフトウェア要件の確認

10g SE RACインストールに必要なOSやソフトウェアの条件を確認します。

ポイント:インストールに関しての基本情報は「Oracle Database 10g インストレーション・ガイド」および「Oracle Database 10g リリース・ノート」に記載されています。インストールの際には必ずご参照下さい。


各ノードで以下を確認します。

OSの確認
「マイ コンピュータ」を右クリックし「プロパティ」をクリックします。Windows 2000 SP1以上 もしくはWindows Server 2003であることを確認します。

必要なソフトウェアの確認
Windows2000の場合「MSVCP60.DLL」があることを確認します。

ポイント:\WINNT\system32にMSVCP60.DLLがない場合、以下のURLからダウンロードし、インストールを行ってください。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;259403

VGAの出力色数
デスクトップを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。「設定」タブをクリックして「画面の色」が256色以上になっていることを確認します。


 Webブラウザ要件の確認

Oracle Enterprise Manager およびiSQL*Plusでは以下のブラウザが必要になります。
各ノードで以下を確認します。
  • Netscape Navigator4.78, 4.79, 7.0.1および7.1.0
  • Microsoft Internet Explore 5.5 Service Pack1
  • Microsoft Internet Explore 6.0 Service Pack2

 ハードウェア要件の確認

ハードウェアのメモリやディスク容量の確認をします。


  搭載メモリの確認

各ノードで以下を確認します。
  • メモリ         512MB以上
  • 仮想メモリ   物理メモリ量の2倍以上

1.   搭載メモリサイズの確認
「マイコンピュータ」を右クリックして「プロパティ」をクリックします。
RAMが搭載メモリになりますので確認してください。

2.   仮想メモリサイズの確認
「詳細」タブをクリックします。

「パフォーマンス オプション」をクリックします。「ドライブすべてのページング ファイル サイズの合計」が物理メモリの2倍になっていない場合、「変更」ボタンをクリックして仮想メモリサイズを変更します。

初期サイズ・最大サイズを物理メモリの2倍以上にし、「設定」ボタンをクリックします。


  ディスク空き容量の確認

要件 必要な空き領域 場所
付属のOracleファイル 両方のノードそれぞれに対し100MB ローカル・システム・ドライブ(*1)
一時領域 両方のノードそれぞれに対し50MB ローカル・システム・ドライブ(*1)
Cluster Ready Servicesソフトウェア 両方のノードそれぞれに対し500MB ローカル・ドライブ(*2)
Databaseソフトウェア 両方のノードそれぞれに対し1GB ローカル・ドライブ(*2)
データベース・ファイル 7GB 共有ディスク

(*1) Program Filesがあるドライブ(通常Cドライブ)になります。このドライブに150MB以上の空き領域があることを確認してください。
(*2) Oracleのソフトウェアをインストールする領域(ORACLE_HOME)があるドライブになります。システム・ドライブである必要はありません。ただし、両方のノードにおいて同じ名前のドライブである必要があります。


1.   ローカル・ドライブの空き容量を確認します。
「マイ コンピュータ」を表示します。
空き容量を確認します。

2.   共有ディスクの空き容量を確認します。
「スタート」−「設定」−「コントロール パネル」をクリックし、「管理ツール」をクリックします。

「コンピュータの管理」をクリックします。

「ディスクの管理」をクリックし、共有ディスクの空き領域を確認します。


 ネットワークの設定

10g SE RAC環境では、サーバーごとに2枚のネットワークカード(NIC: Network Interface Card)を装備します。またIPアドレス・ホスト名はサーバー毎に3つ必要になります。今回は以下のIPアドレスを用意し、各NICに設定します。
パブリックのホスト名はコンピュータ名と同一になります。

ホスト名 タイプ IPアドレス 登録先
node01 パブリック 192.168.1.182 DNS
node02 パブリック 192.168.1.183 DNS
node01-vip 仮想 192.168.1.180 DNS
node02-vip 仮想 192.168.1.181 DNS
node01-priv プライベート 10.0.0.1 %SystemRoot%\system32\drivers\etc\hosts
node02-priv プライベート 10.0.0.2 %SystemRoot%\system32\drivers\etc\hosts

ポイント:DNSの登録はシステム管理者に依頼してください。また、ホスト名のネーミングについては自由ですが、混乱を避けるために、<パブリック名>、<パブリック名>-priv、<パブリック名>-vipという名前を採用するのが良いでしょう。


コンピュータ名の設定
「マイ コンピュータ」を右クリックし「プロパティ」をクリックします。
システムのプロパティが表示されますので、「ネットワークID」タブをクリックします。コンピュータ名を変更するには「プロパティ」をクリックします。

コンピュータ名を入力します。続いて「詳細」をクリックします。

コンピュータ名 フルコンピュータ名
node02 node02

「このコンピュータのプライマリDNSサフィックス」を空欄にします。


ネットワークの設定
各ノードで以下の手順を行います。

1.   「ネットワークとダイヤルアップ接続」をクリックします。

2.   NICの数だけ「ローカル エリア接続」が表示されます。

3.   接続名をPublic-LANとPrivate-LANに変更します。(大文字、小文字に注意してください)

ポイント:大文字、小文字に注意して半角英数字の名前にします。使用しないネットワークカードがある場合でも半角英数字の名前に変更してください。また、本資料においてプライベート用の接続名は「Private-LAN」としていますが、10.1.0.4より前のバージョンを使用する場合、「PRIVATE」(大文字、小文字問わず)を接続名に含めないでください。

4.   パブリック用のLAN(Private-LAN)とプライベート用のLAN(Public-LAN)の設定を以下の表のように行います。
Public-LANのアイコンを右クリックし、プロパティを開きます。

「インターネット プロトコル(TCP/IP)」を選択し、「プロパティ」をクリックします。

「次のIPアドレスを使う」をクリックし、IPの設定(表参照)を入力してください。

Public-LANの設定
node1 node2
IPアドレス 192.168.1.182 192.168.1.183
サブネット マスク 255.255.252.0 255.255.252.0
デフォルト ゲートウェイ 192.168.1.1 192.168.1.1
優先DNSサーバー 192.168.1.2 192.168.1.2


Private-LANについても同様にIPの設定(表参照)を行います。

Private-LANの設定
node1 node2
IPアドレス 10.0.0.1 10.0.0.2
サブネット マスク 255.0.0.0 255.0.0.0

5.   「ネットワークとダイヤルアップ接続」−「詳細設定」−「詳細設定」からアダプターの順番を設定します。Public用のNICが最初になるようにします。

Public-LANを選択し ボタンを押して一番上にします。

6.   hostsファイルに以下を追加します。Hostsファイルのパスは通常、WINNT\system32\drivers\etc\hostsになります。

# For 10g RAC
192.168.1.182 node01
192.168.1.183 node02
192.168.1.180   node01-vip
192.168.1.181 node02-vip
10.0.0.1 node01-priv
10.0.0.2 node02-priv

ポイント:設定は両ノードで共通です。間違えのないようにコピーして使用するのが安全です。


ネットワーク設定の確認
お互いのノードからpingなどを行い、設定が正しく行われているか確認します。

ノード1(node01)から以下のコマンドを実行して確認します。
> ipconfig
ネットワークの設定が正しいか確認します。

> ping node02
pingが届くか確認します。

> ping node02-priv
pingが届くことを確認します。

> ping node02-vip
VIP(Virtual Private IP)の設定はまだ行っていませんので、pingが届かないことを確認します。

> net use \\node02\c$
VIP(Virtual Private IP)の設定はまだ行っていませんので、pingが届かないことを確認します。

正常にコマンドが実行できることを確認します。C$はCドライブを指します。必要に応じてドライブ名を変更してください。
ノード2 (node02)からも同様に以下のコマンドを実行して設定が正しいか確認をします。

ipconfig
ping node01
ping node01-vip
ping node01-priv
net use \\node01\c$


 共有ディスクの設定

共有ディスクの設定を行います。
まず、共有ディスクの書込みキャッシングを使用不可にします。
次に、共有ディスク上に以下の領域を準備します。
  • 投票ディスク
  • Oracle Cluster Registry(OCR)
  • Automatic Storage Management(ASM)で使用する領域

  共有ディスクの書込みキャッシングを使用不可に設定

共有ディスクの書込みキャッシングを使用不可に設定します。この作業は各ノードで行います。また対象となる共有ディスクが複数ある場合、全てのディスクに対して以下の作業を行います。

1.   「コンピュータの管理」−「デバイス マネージャ」−「ディスク ドライブ」を選択します。ディスクの一覧が表示されますので、対象となるディスクをダブルクリックします。

2.   「ディスクのプロパティ」タブをクリックします。

3.   「書き込みキャッシュを有効にする」のチェックをはずします。

4.   対象となるディスクに対して手順1.〜3.を繰り返します。


  ディスクの準備

共有ディスク上には、投票ディスク用の領域(20MB)、OCR用の領域(100MB)、ASM用の領域が必要です。
今回、投票ディスクとOCRの領域は同一パーティション(拡張パーティション)上に論理ドライブとしてそれぞれの領域を確保します。ASM用の領域には同じサイズの論理ドライブが2つ以上必要になります。今回は4つのディスクにひとつずつ論理ドライブを作成します。

ディスク1 投票ディスク(20MB) OCR(100MB)
ディスク2 ASM用領域(5GB)
ディスク3 ASM用領域(5GB)
ディスク4 ASM用領域(5GB)
ディスク5 ASM用領域(5GB)


パーティションの作成
全てのディスク上にひとつの拡張パーティションを作成します。この作業は片方のノード(node01)で行います。

ポイント:設定は両ノードで共通です。間違えのないようにコピーして使用するのが安全です。

1.   「ディスクの管理」を開きます。

2.   未割り当ての領域で右クリックし、「パーティションの作成」をクリックします。

3.   パーティションの作成ウィザードが開きます。「次へ」をクリックします。

4.   「拡張パーティション」を選択し、「次へ」をクリックします。

5.   パーティションのサイズはディスクの最大サイズ(デフォルト)設定し、「次へ」をクリックします。

6.   確認画面が表示されます。「完了」をクリックします。

7.   拡張パーティションが作成されます。

8.   手順1.〜7.を繰り返し、全ての未割り当て領域に拡張パーティションを作成します。


論理ドライブの作成
作成した拡張パーティション上に論理ドライブを作成します。この作業はnode01で行います。

1.   空き領域を右クリックして、「論理ドライブの作成」をクリックします。

2.   パーティション作成ウィザードが開始されます。「次へ」をクリックします。

3.   論理ドライブが選択されていることを確認して「次へ」をクリックします。

4.   論理ドライブのサイズを指定します。投票ディスク用に20MBを入力し、「次へ」をクリックします。

5.   「ドライブ文字またはドライブ パスを割り当てない」を選択し「次へ」をクリックします。

6.   「このパーティションをフォーマットしない」を選択し「次へ」をクリックします。

7.   確認し、「完了」をクリックします。

8.   OCRについても投票ディスクと同様の手順で論理ドライブを作成します。投票ディスクを作成したパーティションの空き領域を右クリックして「論理ドライブの作成」をクリックします。

項目 設定値
パーティションの種類を選択 論理ドライブ
パーティション サイズの指定 100MB
ドライブ文字またはパスの割り当て ドライブ文字またはドライブ パスを割り当てない
パーティションのフォーマット このパーティションをフォーマットしない

9.   ASM用の領域も同様の手順で作成します。空き領域を右クリックして「論理ドライブの作成」をクリックします。ASM用に用意したすべてのパーティションに対して以下の作業を行います。

項目 設定値
パーティションの種類を選択 論理ドライブ
パーティション サイズの指定 最大サイズ(デフォルト)
ドライブ文字またはパスの割り当て ドライブ文字またはドライブ パスを割り当てない
パーティションのフォーマット このパーティションをフォーマットしない

10. これらの作業で以下のような状態になればnode02でのディスクの準備は完了です。


ドライブ パスの削除
パーティションの作成と論理ドライブの作成はnode01から行いました。もう一方のノードであるnode02からはドライブ パスの削除を行います。

1.   ディスクの管理を開きます。

ポイント:node02からもnode01から作成された論理ドライブが表示されていることが確認できます。各論理ドライブには(H:)などのドライブ文字がふられていますので、これを削除します。投票ディスク領域, OCR領域, ASM領域として作成した論理ドライブ以外のドライブ文字を削除しないように気をつけてください。また、ドライブ文字がふられていない場合、OSを再起動してください。

2.   右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。

3.   「削除」ボタンをクリックします。

4.   確認画面がでますので、「はい」をクリックします。

ポイント:以下のような警告が表示された場合、「はい」をクリックします。手順5の後、OSの再起動が必要になります。

5.   手順2.〜4.を繰り返し、作成した共有ディスク上の論理ドライブのドライブ文字を削除します。

以上で共有ディスクの準備は終了です。


 Cluster Ready Servicesのインストール

ひとつのノードからCluster Ready Services(以降CRS)をインストールします。
この作業はひとつのノード(今回はnode01)から行います。

1.   CRSのCDを挿入すると自動的にインストーラーが起動します。「インストールを開始」をクリックします。

ポイント:Windows2000 Service Pack 4を適用している場合Windows2000 SP4のJREの問題により、OUIの画面が表示後、非表示になる場合があります。Windows2000 SP4の場合、インストーラーを閉じ、以下のようにコマンド プロンプトから入力してください。

> [CD-ROMのドライブ]\install\setup.exe -J-Dsun.java2d.noddraw=true -Doracle.installer.formCluster=true

2.   「次へ」をクリックします。

3.   「パス」にインストール先(ORACLE_HOME)を入力し、「次へ」をクリックします。

4.   日本語と英語が選択されているのを確認し「次へ」をクリックします。

5.   クラスタ名、パブリック・ノード名、プライベート・ノード名を以下のように入力します。入力後「次へ」をクリックします。

クラスタ名: crs
パブリック・ノード名 プライベート・ノード名
node1 node01-priv
node2 node02-priv

6.   インターフェース・タイプを指定します。Public-LANは「Public」、Private-LANは「Private」にします。「次へ」をクリックします。

7.   「論理ドライブをフォーマットしない」を選択し「次へ」をクリックします。

8.   OCR用の領域(100M)を選択し、「次へ」をクリックします。

9.   投票ディスク用の領域(20M)を選択し「次へ」をクリックします。

10. サマリーを確認して、「インストール」をクリックします。

11. インストールの進捗が表示され、セットアップが終了します。


12. 「はい」をクリックします。

以上でCRSのインストールは終了です。


 ASMで使用するディスクの準備

SE RACではASMを使用します。NTFSフォルダにASMのために用意した論理ドライブをマウントすることでディスクの準備は完了です。以下の作業は各ノードでそれぞれ行う必要があります。

1.   論理ドライブをマウントするためのフォルダを作成します。この作業は両ノードで行い、作成するフォルダのパスは同一である必要があります。
今回は
C:\oracle\product\10.1.0\oradata\asmdisk\disk1
C:\oracle\product\10.1.0\oradata\asmdisk\disk2
C:\oracle\product\10.1.0\oradata\asmdisk\disk3
C:\oracle\product\10.1.0\oradata\asmdisk\disk4
を論理ドライブをマウントするためのフォルダとして用意します。

2.   フォルダを作成したら、続いてマウント作業を行います。この作業も両ノードで行う必要があります。
「コンピュータの管理」-「ディスクの管理」から、ASM用に用意した論理ドライブを選択し右クリックして「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。

3.   ドライブ文字とパスの変更の画面で「追加」ボタンをクリックします。

4.   「このNTFSフォルダにマウントする」を選択し、参照ボタンをクリックしてマウント用に作成したフォルダを選択します。

5.   マウントが終了するとフォルダのアイコンがディスクのアイコンに変化していることが確認できます。

6.   ASM用に用意したディスク分だけ手順2〜5を繰り返し、すべてのディスクをマウントします。

両ノードで同じ状態になっていることを確認してください。以上で作業は終了です。


 Oracle Database 10gとReal Application Clustersのインストール

CRSをインストールしたノード(今回はnode01)からデータベースのインストールを行います。

1.   CDを挿入すると自動的にインストーラーが起動します。「インストールを開始」をクリックします。

ポイント:Windows2000 Service Pack 4を適用している場合Windows2000 SP4のJREの問題により、OUIの画面が表示後、非表示になる場合があります。Windows2000 SP4の場合、インストーラーを閉じ、以下のようにコマンド プロンプトから入力してください。

> [CD-ROMのドライブ]\install\setup.exe -J?Dsun.java2d.noddraw=true

2.   「次へ」をクリックします。

3.   「パス」にインストール先(ORACLE_HOME)を入力し、「次へ」をクリックします。

ポイント:CRSのORACLE_HOMEと同じにすることは出来ません。

4.   「すべてを選択」をクリックし、すべてのノードにチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

5.   Standard Editionを選択し、「次へ」をクリックします。

6.   「初期データベースを作成する」−「汎用目的」を選択し、「次へ」をクリックします。

7.   グローバル・データベース名、SID、データベース・キャラクタ・セットの種類を設定し「次へ」をクリックします。

項目 設定値
グローバル・データベース名 serac.direct.jp.oracle.com
SID serac
データベース・キャラクタ・セットの種類 日本語 JA16SJIS

8.   「データベース管理にDatabase Controlを使用する」が選択されていることを確認して「次へ」をクリックします。

9.   「自動ストレージ管理(ASM)」を選択し「次へ」をクリックします。

ポイント:10g SE RACではASMの使用は必須です。

10. 「自動バックアップを有効にする」を選択します。ユーザー名はOSユーザー「administrator」(Oracleをインストールしたユーザー)とそのパスワードを入力します。入力後、「次へ」をクリックします。

11. 「ディスク検出パスの変更」ボタンをクリックし、【ASMで使用するディスクの準備】でマウントしたフォルダのパスを参考にディスク検出パスを入力します。今回は、C:\oracle\product\10.1.0\oradata\asmdisk\* と入力します。


ディスクが表示されますので、全てのディスクを選択し「次へ」をクリックします。

12. データベース・スキーマのパスワードを入力して、「次へ」をクリックします。

13. サマリーを確認して「インストール」をクリックします。

14. インストールの進捗が表示されます。

15. 続いてConfiguration Assistantの画面が表示されます。

16. Virtual Private IP Configuration Assistantが起動します。「次へ」をクリックします。

17. Public-LANのみを選択して「次へ」をクリックします。

ポイント:最初はPublic-LAN, Private-LANの両方が選択されていますが、Public-LANだけを選択します。

18. ノード名 、IP別名、IPアドレス、サブネット・マスクを入力し、「次へ」をクリックします。

ノード名 IP別名 IPアドレス サブネット・マスク
node01 node01-vip 192.168.1.180 255.255.252.0
node02 node02-vip 192.167.1.181 255.255.252.0

ポイント:少し入力しますと、大半の項目が自動的に入力されます。適切な値になっているのか確認して次へをクリックします。

19. 「終了」をクリックします。

進捗が表示されます。

20. VIPの構成結果が表示されます。「終了」ボタンをクリックします。

21. Oracle Net Configuration Assistantが起動します。作業はありません。

22. Oracle Database Configuration Assistantが起動します。作業はありません。

進捗が表示されます。

23. 「OK」をクリックします。

クラスタ・データベースが起動されます。

24. 最後にURL情報など、構成の概要が表示されます。

25. 「はい」をクリックしインストールを終了します。

以上でOracle Database 10gとReal Application Clustersのインストールは終了です。


 補足)Oracle製品のマニュアルに関して

Oracle Database 製品のマニュアルに関しては、以下のURLからダウンロードしてご利用になることが可能です。

 http://otn.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/101/index.html#generic

データベースのインストール方法一般については上記URL掲載マニュアル等をご参照ください。特に以下のマニュアルが関連します。
  • Oracle Database インストレーション・ガイド 10g リリース1(10.1) for Microsoft Windows
  • Oracle Database リリース・ノート 10g リリース1(10.1.0.2.0)for Microsoft Windows
  • Oracle Real Application Clusters クイック・インストレーション・ガイド for Oracle Database Standard Edition 10g リリース1(10.1.0.2) for Microsoft Windows
また、製品を使用するための管理者ガイドや開発ガイドなども同様に以下のサイトからダウンロードしてご利用頂けます。

  http://otn.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/101/doc_cd/index.htm