ヘッダーをスキップ
Oracle Rdb for OpenVMS Oracle RMUリファレンス・マニュアル
リリース7.2
E06177-01
  索引
索引

次へ
次へ
 

目次(まとめ)
タイトルおよび著作権情報 タイトルおよび著作権情報
はじめに はじめに
第1章 Oracle RMUコマンド構文
第2章 RdbALTERユーティリティ・コマンドの構文
付録A RMU Loadレコード定義ファイル言語
付録B LogMiner for Rdbの使用方法
  索引
 
 


目次


タイトルおよび著作権情報
タイトルおよび著作権情報 タイトルおよび著作権情報
はじめに
はじめに はじめに
第1章
1 Oracle RMUコマンド構文
     1.1     コマンド・パラメータ
     1.2     コマンド修飾子
     1.3     間接コマンド・ファイルの使用
     1.4     Oracle RMUコマンドに必要な権限
     1.5     RMU Alterコマンド
     1.6     RMU Analyzeコマンド
     1.7     RMU Analyze Cardinalityコマンド
     1.8     RMU Analyze Indexesコマンド
     1.9     RMU Analyze Placementコマンド
     1.10     RMU Backupコマンド
     1.11     RMU Backup After_Journalコマンド
     1.12     RMU Backup Planコマンド
     1.13     RMU Checkpointコマンド
     1.14     RMU Closeコマンド
     1.15     RMU Collect Optimizer_Statisticsコマンド
     1.16     RMU Convertコマンド
     1.17     RMU Copy_Databaseコマンド
     1.18     RMU Delete Optimizer_Statisticsコマンド
     1.19     RMU Dumpコマンド
     1.20     RMU Dump After_Journalコマンド
     1.21     RMU Dump Backup_Fileコマンド
     1.22     RMU Dump Exportコマンド
     1.23     RMU Dump Recovery_Journalコマンド
     1.24     RMU Dump Row_Cacheコマンド
     1.25     RMU Extractコマンド
     1.26     RMU Insert Optimizer_Statisticsコマンド
     1.27     RMU Librarianコマンド
     1.28     RMU Loadコマンド
     1.29     RMU Load Planコマンド
     1.30     RMU Monitor Reopen_Logコマンド
     1.31     RMU Monitor Startコマンド
     1.32     RMU Monitor Stopコマンド
     1.33     RMU Move_Areaコマンド
     1.34     RMU Openコマンド
     1.35     RMU Optimize After_Journalコマンド
     1.36     RMU Populate_Cacheコマンド
     1.37     RMU Reclaimコマンド
     1.38     RMU Recoverコマンド
     1.39     RMU Recover Resolveコマンド
     1.40     RMU Repairコマンド
     1.41     RMU Resolveコマンド
     1.42     RMU Restoreコマンド
     1.43     RMU Restore Only_Rootコマンド
     1.44     RMU Server After_Journal Reopen_Outputコマンド
     1.45     RMU Server After_Journal Startコマンド
     1.46     RMU Server After_Journal Stopコマンド
     1.47     RMU Server Backup_Journal Resumeコマンド
     1.48     RMU Server Backup_Journal Suspendコマンド
     1.49     RMU Server Record_Cache Checkpointコマンド
     1.50     RMU Set After_Journalコマンド
     1.51     RMU Set Auditコマンド
     1.52     RMU Set Buffer_Objectコマンド
     1.53     RMU Set Corrupt_Pagesコマンド
     1.54     RMU Set Databaseコマンド
     1.55     RMU Set Galaxyコマンド
     1.56     RMU Set Global_Buffersコマンド
     1.57     RMU Set Logminerコマンド
     1.58     RMU Set Privilegeコマンド
     1.59     RMU Set Row_Cacheコマンド
     1.60     RMU Set Serverコマンド
     1.61     RMU Set Shared_Memoryコマンド
     1.62     RMU Showコマンド
         1.62.1         RMU Show After_Journalコマンド
         1.62.2         RMU Show Auditコマンド
         1.62.3         RMU Show Corrupt_Pagesコマンド
         1.62.4         RMU Show Locksコマンド
         1.62.5         RMU Show Logical_Namesコマンド
         1.62.6         RMU Show Optimizer_Statisticsコマンド
         1.62.7         RMU Show Privilegeコマンド
         1.62.8         RMU Show Statisticsコマンド
         1.62.9         RMU Show Systemコマンド
         1.62.10         RMU Show Usersコマンド
         1.62.11         RMU Show Versionコマンド
     1.63     RMU Unloadコマンド
     1.64     RMU Unload After_Journalコマンド
     1.65     RMU Verifyコマンド
第2章
2 RdbALTERユーティリティ・コマンドの構文
     2.1     AREA...PAGEコマンド
     2.2     ATTACHコマンド
     2.3     COMMITコマンド
     2.4     DEPOSITコマンド
     2.5     DEPOSIT FILEコマンド
     2.6     DEPOSIT ROOTコマンド
     2.7     DETACHコマンド
     2.8     DISPLAYコマンド
     2.9     DISPLAY FILEコマンド
     2.10     DISPLAY ROOTコマンド
     2.11     EXITコマンド
     2.12     HELPコマンド
     2.13     LOGコマンド
     2.14     MAKE CONSISTENTコマンド
     2.15     MOVEコマンド
     2.16     NOLOGコマンド
     2.17     PAGEコマンド
     2.18     RADIXコマンド
     2.19     ROLLBACKコマンド
     2.20     UNCORRUPTコマンド
     2.21     VERIFYコマンド