ヘッダーをスキップ
Oracle Databaseリリース・ノート
11gリリース1(11.1) for Linux
E05994-02
 

 

Oracle® Database

リリース・ノート

11gリリース1(11.1) for Linux

部品番号: E05994-02

原典情報: B32001-04 Oracle Database Release Notes, 11g Release 1 (11.1) for Linux

2008年1月

このリリース・ノートには、今回のリリースのプラットフォーム固有または製品固有のマニュアルに記載されていない重要な情報が含まれています。このドキュメントは、『Oracle Databaseプラットフォーム共通日本語README』の補足です。

このドキュメントは、リリース後に更新される場合があります。このリリース・ノートの更新の確認、およびOracleの他のドキュメントを参照するには、OTN-JのWebサイトのドキュメント・セクションを参照してください。URLは次のとおりです。

http://otn.oracle.co.jp/document/

製品固有のリリース・ノートについては、『Oracle Databaseプラットフォーム共通日本語README』を参照してください。

このリリース・ノートは、次の項目で構成されています。

1 動作要件

Oracle Database 11gリリース1(11.1)に関する最新の動作要件については、次のOracleMetaLinkを参照してください。

http://metalink.oracle.com

2 サポート対象外の製品

『Oracle Databaseプラットフォーム共通日本語README』の「このリリースで使用できない機能または制限されている機能」の項に、使用できない機能および製品のリストがあります。

3 インストールの事前要件

インストールの事前要件は、インストレ-ション・ガイドを参照してください。

4 インストール、構成およびアップグレードに関する注意事項

Oracle Databaseのインストール、構成およびアップグレードに関連する注意事項の詳細は、次の項を参照してください。

4.1 Oracle Database 10gリリース2からOracle Database 11gへのアップグレードでファイルのコピー中に発生するエラー

Oracle Database 10gリリース2からOracle Database 11gへのアップグレードを2つ目のノードに対して開始すると、アップグレード・プロセスでのファイルのコピー中にエラー・メッセージが表示されます。

回避策: Oracle RACを最初にインストールしたノードからアップグレード・セッションを実行します。

この問題は、Oracle Bug#6501871によって追跡されます。

4.2 /etc/oratabファイルに複数の自動ストレージ管理インスタンスがリストされる

共有OracleホームにOracle Clusterwareをインストールすると、/etc/oratabファイルに複数の自動ストレージ・インスタンスがリストされます。

自動ストレージ管理のOracleホームを共有ファイル・システムにインストールし、Oracle Universal Installerから自動ストレージ管理インスタンスを作成すると、/etc/oratabファイルに複数の自動ストレージ管理インスタンスがリストされます。

回避策: この問題は、前提条件チェック中にOracle Universal Installerによって検出されます。各ノードの/etc/oratabファイルを編集し、そのノードに含まれないエントリを削除できます。また、ソフトウェアをインストールしてすべてのノードでroot.shスクリプトを実行し、Database Configuration Assistantを実行して自動ストレージ管理インスタンスを作成することもできます。

この問題は、Oracle Bug#5942123によって追跡されます。

4.3 OCFS2の共有Oracleホーム使用時にORA-12157のエラー・メッセージが表示される

OCF2の共有OracleホームにOracle RACをインストールすると、複数のファイルに対してORA-12157のエラー・メッセージが表示されます。

Oracleデータベース・ホームが、Linux上のOCFS2などのメモリーマップされたファイルをサポートしないファイルシステムにインストールされている場合、Oracle Clusterware(CRS)によるOracleデータベース・インスタンスおよび自動ストレージ管理インスタンスのヘルス・チェックが正常に機能しません。

回避策: mmapファンクションを使用して、Oracle Clusterware(CRS)およびOracle Enterprise Managerエージェントは$ORACLE_HOME/dbs/hc_SID.datファイルにアクセスし、自動ストレージ管理インスタンスは$ORACLE_HOME/dbs/ab_SID.datファイルにアクセスします。このため、$ORACLE_HOME/dbs/hc_SID.datファイルおよび$ORACLE_HOME/dbs/ab_SID.datファイルを、クラスタのすべてのノードでmmapファンクションをサポートするファイルシステムに移動する必要があります。ローカル・ディスク・ドライブの場所を使用してファイルを格納するには、次の手順を実行します。

  1. クラスタのすべてのノードで次のようなコマンドを使用して、ローカル・ドライブにファイルをコピーします。

    cp $ORACLE_HOME/dbs/hc_SID.dat  /local_dir/hc_SID.dat
    cp $ORACLE_HOME/dbs/ab_SID.dat  /local_dir/ab_SID.dat
    
  2. 次のようなコマンドを使用して、クラスタのファイルシステムからファイルを削除します。

    rm $ORACLE_HOME/dbs/hc_SID.dat
    rm $ORACLE_HOME/dbs/ab_SID.dat
    
  3. 次のようなコマンドを使用して、$ORACLE_HOME/dbsディレクトリ内のファイルへのシンボリック・リンクを作成します。

    ln -s /local_dir/hc_SID.dat  $ORACLE_HOME/dbs/hc_SID.dat
    ln -s /local_dir/ab_SID.dat  $ORACLE_HOME/dbs/ab_SID.dat
    

関連項目:

OCFS2の詳細は、http://oss.oracle.com/projects/ocfs2/dist/documentation/ocfs2_faq.html#RACリンクでよくある質問の49番を参照してください。

この問題は、Oracle Bug#4961541によって追跡されます。

4.4 Linux x86でのインストール、構成およびアップグレードに関する注意事項

Oracle Databaseのインストール、構成およびアップグレードに関連する、Linux x86固有の注意事項の詳細は、次の項を参照してください。


注意:

この項で説明されている問題は、Linux x86上でのみ発生します。

4.4.1 バックアップとリカバリ・オプションの指定後にOracle Database Configuration Assistantが応答しない

自動ストレージ管理を使用せずにデータベースを作成した場合、バックアップおよびリカバリ・データの格納に自動ストレージ管理を指定すると、Oracle Database Configuration Assistantの応答が停止します。

回避策: データベースの作成中に「自動バックアップを使用しません」を選択し、インストール・プロセスを完了します。インストール・プロセスが完了したら、Oracle Database Configuration Assistantを実行し、バックアップおよびリカバリ・データの格納方法を構成します。

この問題は、Oracle Bug#6417211によって追跡されます。

4.4.2 Oracle Universal InstallerでOracle Database Configuration Assistantのステータスが「失敗しました」と表示される

インストール・プロセスが正常に終了した後でも、Oracle Universal Installerで断続的に、Oracle Database Configuration Assistantのステータスが「失敗しました」と表示されます。

この動作は、データベース作成の最後にOracle Database Configuration Assistantによって表示される確認のダイアログを確認せずに、Oracle Databaseのインストールを長時間実行した場合に断続的に見られます。構成されたOracle DatabaseおよびOracle Database Controlは正常に機能します。このエラーは無視しても支障ありません。

この問題は、Oracle Bug#6238219によって追跡されます。

4.5 Linux x86-64でのインストール、構成およびアップグレードに関する注意事項

Oracle Databaseのインストール、構成およびアップグレードに関連する、Linux x86-64固有の注意事項の詳細は、次の項を参照してください。


注意:

この項で説明されている問題は、Linux x86では発生しません。

4.5.1 Asianux Server 3へのOracle Database 11gインストール時のエラー

Asianux Server 3にOracle Database 11gをインストールする際に、「製品固有の前提条件のチェック」画面に、オペレーティング・システムの前提条件チェックの失敗が表示されます。

回避策: /etc/asianux-releaseの内容を、Asianux Server 3 (Quartet)からAsianux release 3 (Quartet)に変更します。

この問題は、Oracle Bug#6457598によって追跡されます。

4.5.2 Oracle Universal Installerで、無効な値に関するアラートが発生する場合がある

「製品固有の前提条件のチェック」画面に、rmem_default変数の無効な値に関するアラートが表示される場合があります。

回避策: インストール・ガイドに従って変数の値を設定している場合は、アラートに対して使用可能なチェック・ボックスを選択すると、このアラートを無視してインストール・プロセスを続行できます。

この問題は、Oracle Bug#6445078によって追跡されます。

4.5.3 インスタント・クライアントのためにOracleホームのディレクトリ構造が変更された

以前のリリースでは、$ORACLE_HOME/libディレクトリにすべてのライブラリが含まれていました。しかし、Oracle Database Instant Clientのインストール時に32ビット・ライブラリがインストールされないという問題がありました。この問題を解決するため、32ビット・ライブラリを格納する$ORACLE_HOME/lib32ディレクトリがディレクトリ構造に追加されました。

この問題は、Oracle Bug#6338225によって追跡されます。

5 その他の既知の問題

次の各項には、Oracle Database 11gおよび関連製品に関する問題についての情報が含まれています。

5.1 CPU使用率を収集するメトリックでエラーが表示される

Oracle Enterprise Manager Database ControlがOracle Enterprise Linux 5またはRed Hat Enterprise Linux 5上で稼働している場合、CPU使用率のメトリックでメトリック収集エラーが表示されます。この問題のために、ホストのCPU使用率の情報が表示されません。そのため、ホストのCPU使用率に対するアラートしきい値を設定できません。

この問題は、Oracle Bug#6316367によって追跡されます。

5.2 Oracle Enterprise Linux 5.0およびRed Hat Enterprise Linux 5.0でSELinuxを強制モードにすると共有ライブラリのロード中にエラーが発生する

Oracle Enterprise Linux 5.0およびRed Hat Enterprise Linux 5.0上では、SELinuxEnforcingモードで使用すると、SQL*PlusおよびOracle Call Interface(OCI)プログラムのコールが失敗します。この問題の詳細は、Oracle MetaLinkのNote 454196.1を参照してください。

回避策: 該当するシステム上では、SELinuxPermissive モードにします。

この問題は、Oracle Bug#6140224および#6342166によって追跡されます。

5.3 Oracle Enterprise Manager Database Controlの「ホスト: 管理」タブがOracle Enterprise Linux 5で失敗する

Oracle Enterprise Linux 5でOracle Enterprise Manager Database Controlの「ホスト: 管理」タブをクリックすると、次のエラーが表示されます。

This feature is only available on hosts running Red Hat Linux and SUSE Linux Operating Systems.

この問題のため、Oracle Enterprise Linux 5で、Oracle Enterprise Manager Database Controlを使用してホストを管理することができません。

この問題は、Oracle Bug#6316469によって追跡されます。

5.4 Oracleクライアント・ライブラリとアプリケーションのリンク

クライアントの静的ライブラリの使用はサポートされていません。

5.5 Pro*CでサポートされないC99構文

Red Hat Enterprise Linux 5およびSUSE Linux Enterprise Server 10では、標準のCヘッダー・ファイルに、Pro*Cパーサーが認識できない__LDBL_REDIR1_DECLなどの記号が含まれている場合があります。

回避策: .pcファイルでは次のいずれかのコードを使用して、プリコンパイル中にヘッダー・ファイルが含まれないようにできます。

#ifndef ORA_PROC
#include <filename.h>
#endif

または

#ifdef ORA_PROC
#define _HEADERFILENAME_H__
#endif

この問題は、Oracle Bug#6142780によって追跡されます。

5.6 rstoraファイルのリンクが失敗する

Oracle Database 11gのインストール時、セキュリティ上の理由から、Oracle Universal Installerによりサード・パーティのライブラリ・パスがLD_LIBRARY_PATH変数から削除されます。このため、インストール中にrtsoraファイルの再リンクが失敗します。Cobolライブラリを使用可能なパスを使用してLD_LIBRARY_PATH変数を更新し、適切なmakeターゲットをコールすることにより、rtsoraファイルを再リンクできます。次のコマンドを使用して、rstoraファイルを作成できます。

$ cd $ORACLE_HOME/precomp/lib
$ make -f ins_precomp.mk rtsora

5.7 Linux上のMozilla Firefox 1.5でパッチのアップロード機能がクラッシュする

Linux上でMozilla Firefox 1.5 Webブラウザを使用し、Oracle Enterprise Manager Database Controlを介してパッチをアップロードすると、Webブラウザ・ウィンドウがクラッシュします。

回避策: Mozilla Firefox 1.5 Webブラウザ・クライアントをLinux以外の環境から起動するか、Internet Explorerなど、かわりのWebブラウザを使用します。

この問題は、Oracle Bug#6008421によって追跡されます。

5.8 ブロック・デバイスの使用

ブロック・デバイス・パーティションを作成するには、次のようにします。

  1. fdiskを使用して、データベース・ファイル用のブロック・デバイス上にディスク・パーティションを作成します。

  2. 各ノードで、/etc/udev/permissions.d内の権限ファイルを作成または修正し、データファイルの権限をデフォルトからroot所有権に変更します。Asianux 2、Oracle Enterprise Linux 4およびRed Hat Enterprise Linux 4では、このファイルの名前は49-oracle.permissionsとする必要があります。これにより、カーネルはこのファイルを50-udev.permissionsよりも先にロードします。Asianux Server 3、Oracle Enterprise Linux 5、Red Hat Enterprise Linux 5およびSUSE Linux Enterprise Server 10では、このファイルの名前は51-oracle.permissionsとする必要があります。これにより、カーネルはこのファイルを50-udev.permissionsよりも後にロードします。

    パーティションごとに、xx-oracle.permissionsの次の構文を使用してアクセス権限を設定します。

    devicepartition:oracle_db_install_owner:OSDBA:0660
    

5.9 RAW論理ボリュームの使用

Oracle Databaseファイルの共有ストレージ・メディアとして、RAW論理ボリュームを使用することもできます。その場合は、必要なパーティションを作成した後に、それらパーティションをすべてのノードのRAWデバイスにバインドする必要があります。ただし、すでに他のデバイスにバインドされているRAWデバイスがないことを最初に確認する必要があります。RAW論理ボリュームをOracle Databaseファイルの共有ストレージ・メディアとして使用するための手順は、『Oracle Clusterwareインストレーション・ガイド』の第5章「Oracle Real Application Clustersストレージの構成」で、LinuxでのRAW論理ボリュームの使用に関する項を参照してください。

5.10 Linux x86-64の既知の問題

次に示すのは、Linux x86-64に固有の既知の問題です。


注意:

この項で説明されている問題は、Linux x86では発生しません。

5.10.1 Locale Builder画面で文字化けが発生する

ZH_TW、ZH_CN、またはKO_KRロケールを使用する場合、Locale Builder画面で、マルチバイト語が四角の箱で表示される場合があります。これは、東アジア言語に関する既知のJDKフォントの問題です。

この問題は、Oracle Bug#6446186によって追跡されます。

5.10.2 Oracle Ultra Searchを実行するためにOC4JADMINユーザーを再アクティブ化する必要がある

OC4JADMINユーザーは、Oracle Database 11gのインストール・プロセス中に非アクティブ化されます。そのため、インストールの完了後に$ORACLE_HOME/oc4j/j2ee/OC4J_SEARCH/config/system-jazn-data.xmlファイルを修正する必要があります。このファイルの次の内容を置き換えてください。

<user deactivated="true">
<name>oc4jadmin</name>
<display-name>OC4J Administrator</display-name>
<description>OC4J Administrator</description>

変更後:

<user>
<name>oc4jadmin</name>
<display-name>OC4J Administrator</display-name>
<description>OC4J Administrator</description>

次のコマンドを使用して、Oracle DatabaseのOracle Ultra Search中間層を再起動します。

$ $ORACLE_HOME/bin/searchctl stop
$ $ORACLE_HOME/bin/searchctl start

5.10.3 demo_rdbms32.mkファイルの構文エラー

$ORACLE_HOME/rdbms/demo/demo_rdbms32.mkファイルを使用して32ビット・デモンストレーションをコンパイルすると、makeユーティリティが次のエラー・メッセージを表示します。

demo_rdbms32.mk:302: *** missing separator (did you mean TAB instead of 8 spaces?).
Stop.

回避策:この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. demo_rdbms32.mkファイルをテキスト・エディタ(viエディタなど)で開きます。

  2. 302行目と305行目の先頭にある8個のスペースを、それぞれ1個のタブ・スペースに置き換えます。

この問題は、Oracle Bug#6432737によって追跡されます。

6 ドキュメントの訂正事項および追加事項

この項は、このリリースで入手可能なドキュメント・セットで参照できる内容に対する訂正事項および追加事項で構成されています。

7 ドキュメントのアクセシビリティについて

オラクル社は、障害のあるお客様にもオラクル社の製品、サービスおよびサポート・ドキュメントを簡単にご利用いただけることを目標としています。オラクル社のドキュメントには、ユーザーが障害支援技術を使用して情報を利用できる機能が組み込まれています。HTML形式のドキュメントで用意されており、障害のあるお客様が簡単にアクセスできるようにマークアップされています。標準規格は改善されつつあります。オラクル社はドキュメントをすべてのお客様がご利用できるように、市場をリードする他の技術ベンダーと積極的に連携して技術的な問題に対応しています。オラクル社のアクセシビリティについての詳細情報は、Oracle Accessibility ProgramのWebサイトhttp://www.oracle.com/accessibility/を参照してください。

ドキュメント内のサンプル・コードのアクセシビリティについて

スクリーン・リーダーは、ドキュメント内のサンプル・コードを正確に読めない場合があります。コード表記規則では閉じ括弧だけを行に記述する必要があります。しかしJAWSは括弧だけの行を読まない場合があります。

外部Webサイトのドキュメントのアクセシビリティについて

このドキュメントにはオラクル社およびその関連会社が所有または管理しないWebサイトへのリンクが含まれている場合があります。オラクル社およびその関連会社は、それらのWebサイトのアクセシビリティに関しての評価や言及は行っておりません。

Oracleサポート・サービスへのTTYアクセス

アメリカ国内では、Oracleサポート・サービスへ24時間年中無休でテキスト電話(TTY)アクセスが提供されています。TTYサポートについては、 (800)446-2398にお電話ください。

8 サポートおよびサービス

次の各項に、各サービスに接続するためのURLを記載します。

Oracleサポート・サービス

オラクル製品サポートの購入方法、およびOracleサポート・サービスへの連絡方法の詳細は、次のURLを参照してください。

http://www.oracle.co.jp/support/

製品マニュアル

製品のマニュアルは、次のURLにあります。

http://otn.oracle.co.jp/document/

研修およびトレーニング

研修に関する情報とスケジュールは、次のURLで入手できます。

http://www.oracle.co.jp/education/

その他の情報

オラクル製品やサービスに関するその他の情報については、次のURLから参照してください。

http://www.oracle.co.jp 
http://otn.oracle.co.jp 


注意:

ドキュメント内に記載されているURLや参照ドキュメントには、Oracle Corporationが提供する英語の情報も含まれています。日本語版の情報については、前述のURLを参照してください。 



Oracle Databaseリリース・ノート, 11gリリース1(11.1) for Linux

部品番号: E05994-02

原本名: Oracle Database Release Notes, 11g Release 1 (11.1) for Linux

原本部品番号: B32001-04

Copyright © 2007, Oracle.All rights reserved.

制限付権利の説明

このプログラム(ソフトウェアおよびドキュメントを含む)には、オラクル社およびその関連会社に所有権のある情報が含まれています。このプログラムの使用または開示は、オラクル社およびその関連会社との契約に記された制約条件に従うものとします。著作権、特許権およびその他の知的財産権と工業所有権に関する法律により保護されています。

独立して作成された他のソフトウェアとの互換性を得るために必要な場合、もしくは法律によって規定される場合を除き、このプログラムのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル等は禁止されています。

このドキュメントの情報は、予告なしに変更される場合があります。オラクル社およびその関連会社は、このドキュメントに誤りが無いことの保証は致し兼ねます。これらのプログラムのライセンス契約で許諾されている場合を除き、プログラムを形式、手段(電子的または機械的)、目的に関係なく、複製または転用することはできません。

このプログラムが米国政府機関、もしくは米国政府機関に代わってこのプログラムをライセンスまたは使用する者に提供される場合は、次の注意が適用されます。

U.S. GOVERNMENT RIGHTS

Programs, software, databases, and related documentation and technical data delivered to U.S. Government customers are "commercial computer software" or "commercial technical data" pursuant to the applicable Federal Acquisition Regulation and agency-specific supplemental regulations. As such, use, duplication, disclosure, modification, and adaptation of the Programs, including documentation and technical data, shall be subject to the licensing restrictions set forth in the applicable Oracle license agreement, and, to the extent applicable, the additional rights set forth in FAR 52.227-19, Commercial Computer Software--Restricted Rights (June 1987). Oracle USA, Inc., 500 Oracle Parkway, Redwood City, CA 94065.

このプログラムは、核、航空産業、大量輸送、医療あるいはその他の危険が伴うアプリケーションへの用途を目的としておりません。このプログラムをかかる目的で使用する際、上述のアプリケーションを安全に使用するために、適切な安全装置、バックアップ、冗長性(redundancy)、その他の対策を講じることは使用者の責任となります。万一かかるプログラムの使用に起因して損害が発生いたしましても、オラクル社およびその関連会社は一切責任を負いかねます。

Oracle、JD Edwards、PeopleSoft、Siebelは米国Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の登録商標です。その他の名称は、他社の商標の可能性があります。

このプログラムは、第三者のWebサイトへリンクし、第三者のコンテンツ、製品、サービスへアクセスすることがあります。オラクル社およびその関連会社は第三者のWebサイトで提供されるコンテンツについては、一切の責任を負いかねます。当該コンテンツの利用は、お客様の責任になります。第三者の製品またはサービスを購入する場合は、第三者と直接の取引となります。オラクル社およびその関連会社は、第三者の製品およびサービスの品質、契約の履行(製品またはサービスの提供、保証義務を含む)に関しては責任を負いかねます。また、第三者との取引により損失や損害が発生いたしましても、オラクル社およびその関連会社は一切の責任を負いかねます。