ヘッダーをスキップ
Oracle Database Gateway for DRDAユーザーズ・ガイド
11gリリース1(11.1)
E05816-01
  目次
目次
索引
索引

戻る
戻る
 
次へ
次へ
 

B 初期化パラメータ

init.oraファイルのOracle Database初期化パラメータは、ゲートウェイ初期化パラメータと異なります。エージェント固有のメカニズムを使用して初期化パラメータ・ファイルにゲートウェイ・パラメータを設定するか、DBMS_HSパッケージを使用してOracleデータ・ディクショナリにゲートウェイ・パラメータを設定します。ゲートウェイ初期化パラメータ・ファイルは、ゲートウェイの起動時に使用可能である必要があります。初期化パラメータに加えた変更は、次のゲートウェイ・セッションまで反映されません。

この付録には、ゲートウェイごとに設定可能なゲートウェイ初期化パラメータとその説明のリストが含まれます。また、初期化パラメータ・ファイルの構文についても説明します。内容は次のとおりです。

B.1 初期化パラメータ・ファイルの構文

初期化パラメータ・ファイルの構文は、次のとおりです。

  1. ファイルは、一連のコマンドで構成されます。

  2. 各コマンドは、個別の行で開始する必要があります。

  3. 行の終わりは、(バックスラッシュでエスケープされないかぎり)コマンドの終端文字とみなされます。

  4. 初期化パラメータ・ファイルに構文エラーが存在する場合、設定はすべて無効になります。

  5. パラメータ値は次のように設定します。

    [SET][PRIVATE] parameter=value
    

    変数の意味は次のとおりです。

    parameterは初期化パラメータの名前です。この名前は、任意の文字から始まる文字列であり、文字、数字およびアンダースコアで構成されます。初期化パラメータの名前では、大/小文字が区別されます。

    valueは初期化パラメータの値です。この値では、大/小文字が区別されます。初期化パラメータ値は次のいずれかです。

    1. バックスラッシュ、空白または二重引用符(")を含まない文字列

    2. 二重引用符で始まり、二重引用符で終わる引用符付き文字列。引用符付き文字列内では、次の文字を使用できます。

      • バックスラッシュ(\): エスケープ文字です。

      • \n: 新規行を挿入します。

      • \t: タブを挿入します。

      • \": 二重引用符を挿入します。

      • \\: バックスラッシュを挿入します。

      行の終わりにバックスラッシュがあると、文字列は次の行に続きます。他の文字の前にあるバックスラッシュは、無視されます。

    たとえば、エージェントのトレースを有効化するには、HS_FDS_TRACE_LEVEL初期化パラメータを次のように設定します。

    HS_FDS_TRACE_LEVEL=ON
    

    SETおよびPRIVATEは、オプションのキーワードです。どちらも初期化パラメータ名としては使用できません。ほとんどのパラメータは初期化パラメータとしてのみ必要とされるため、通常は、SETまたはPRIVATEキーワードを使用する必要はありません。SETまたはPRIVATEのいずれも指定しない場合、パラメータはエージェントの初期化パラメータとしてのみ使用されます。

    SETを指定すると、そのパラメータ値は初期化パラメータとして使用されるだけでなく、エージェント・プロセスの環境変数として設定されます。SETは、ドライバやOracle以外のシステムで環境変数として必要とされるパラメータ値に使用します。

    PRIVATEを指定すると、その初期化パラメータはエージェントに対してプライベートとなり、Oracle Databaseにアップロードされません。ほとんどのパラメータは、プライベートに設定しません。ただし、初期化パラメータ・ファイルにパスワードなどの機密情報を格納している場合、初期化パラメータとその値はアップロード時に暗号化されないため、機密情報のサーバーへのアップロードを避けたいことがあります。初期化パラメータをプライベートに設定すると、アップロードは実行されず、動的パフォーマンス・ビューにも表示されなくなります。PRIVATEは、パラメータ値にユーザー名やパスワードなどの機密情報が含まれる場合にのみ、初期化パラメータに使用します。

    SET PRIVATEを指定すると、そのパラメータ値はエージェント・プロセスの環境変数として設定され、かつプライベートになります(Oracle Databaseに転送されず、動的パフォーマンス・ビューやグラフィカル・ユーザー・インタフェースにも表示されません)。

B.2 Oracle Database Gateway for DRDAの初期化パラメータ

この項では、Oracle Database Gateway for DRDAで設定できるすべての初期化ファイル・パラメータをリストします。パラメータは次のとおりです。

B.3 初期化パラメータの説明

後続の各項では、ゲートウェイに設定できるすべての初期化ファイル・パラメータについて説明します。

B.3.1 HS_CALL_NAME

プロパティ 説明
デフォルト値 なし
値の範囲 該当なし

SQL文で参照できるリモート・ファンクションを指定します。値は、リモート・ファンクションとその所有者をセミコロンで区切った次の形式のリストです。

owner_name.function_name

たとえば、次のようになります。

owner1.A1;owner2.A2;owner3.A3

リモート・ファンクションに所有者名が指定されていない場合、デフォルトの所有者名がリモート・データベースへの接続に使用されるユーザー名になります(この名前は、異機種間サービス・データベース・リンクの作成時に指定されたものですが、DBリンクで指定されていない場合はユーザー・セッションから取得されます)。

所有者名およびファンクション名のエントリでは、大/小文字が区別されます。

B.3.2 HS_DB_DOMAIN

プロパティ 説明
デフォルト値 WORLD
値の範囲 1〜199文字

Oracle以外のシステムにおける一意のネットワーク・サブアドレスを指定します。HS_DB_DOMAIN初期化パラメータは、DB_DOMAIN初期化パラメータに類似しています(『Oracle Databaseリファレンス』を参照)。HS_DB_DOMAIN初期化パラメータは、Oracle Names Serverを使用する場合は必須です。HS_DB_NAMEおよびHS_DB_DOMAIN初期化パラメータでは、Oracle以外のシステムのグローバル名を定義します。


注意:

コオペラティブ・サーバー環境では、HS_DB_NAMEおよびHS_DB_DOMAIN初期化パラメータを組み合せて一意のアドレスを構成する必要があります。

B.3.3 HS_DB_INTERNAL_NAME

プロパティ 説明
デフォルト値 01010101
値の範囲 1〜16の16進文字

異機種間サービス・エージェントの接続先となるインスタンスを識別する一意の16進数を指定します。このパラメータの値は、グローバル・ネーム・サービスがアクティブ化されたときにトランザクションIDの一部として使用されます。一意でない数値を指定すると、トランザクションで2フェーズ・コミットのリカバリ・アクションが必要な場合に問題が発生する可能性があります。

B.3.4 HS_DB_NAME

プロパティ 説明
デフォルト値 HO
値の範囲 1〜8文字

Oracle以外のシステムに割り当てるデータ・ストアの一意の英数字名を指定します。この名前により、コオペラティブ・サーバー環境内でOracle以外のシステムが識別されます。HS_DB_NAMEおよびHS_DB_DOMAIN初期化パラメータでは、Oracle以外のシステムのグローバル名を定義します。

B.3.5 HS_DESCRIBE_CACHE_HWM

プロパティ 説明
デフォルト値 100
値の範囲 14000

異機種間サービスで使用される記述キャッシュのエントリの最大数を指定します。この制限は、記述キャッシュの最高水位標として知られています。キャッシュには、異機種間サービスがOracle以外のデータ・ストアに再アクセスせずに済むように、異機種間サービスで再利用するマップされた表の記述が含まれます。

多くのマップされた表にアクセスする場合、最高水位標を増加させてパフォーマンスを向上してください。最高水位標を増加させるとパフォーマンスは向上しますが、メモリー使用量も増大します。

B.3.6 HS_LANGUAGE

プロパティ 説明
デフォルト値 システム固有
値の範囲 任意の有効な言語名(最大255文字)

異機種間サービスに、Oracle以外のデータソースのキャラクタ・セット、言語および地域情報を提供します。値には次の書式を使用する必要があります。

language[_territory.character_set]

注意:

グローバリゼーション・サポートの初期化パラメータは、エラー・メッセージ、SQLサービスのデータ、および分散外部プロシージャのパラメータに影響します。

B.3.6.1 キャラクタ・セット

Oracle Databaseのキャラクタ・セットとOracle以外のデータソースのキャラクタ・セットは、同じであることが理想的です。同じでない場合、異機種間サービスは、Oracle以外のデータソースのキャラクタ・セットをOracle Databaseのキャラクタ・セットに変換し、それを再び元に戻そうとします。この変換により、パフォーマンスが低下する可能性があります。状況によっては、異機種間サービスは、あるキャラクタ・セットから別のキャラクタ・セットに文字を変換できません。


注意:

指定するキャラクタ・セットは、エージェントがインストールされているプラットフォームにおけるオペレーティング・システムのキャラクタ・セットのスーパーセットである必要があります。

B.3.6.2 言語

HS_LANGUAGE初期化パラメータの言語構成要素により、次の項目が決定されます。

  • 日付の月日の名前

  • 日時に対するAD、BC、PMおよびAMの記号

  • デフォルトのソート・メカニズム

Oracleでは、異機種間サービスの汎用メッセージに対応するエラー・メッセージ(ORA-25000ORA-28000)の言語は決定されません。これらは、Oracle Databaseのセッション設定により制御されます。


注意:

言語とは関係なく月日の名前、および日時に対するAD、BC、PM、AMの記号を設定するには、HS_NLS_DATE_LANGUAGE初期化パラメータを使用してください。

B.3.6.3 地域

地域の句により、日と週の順序規則、デフォルトの日付書式、小数点文字とグループ・セパレータ、およびISOと各国の通貨記号が指定されます。Oracle DatabaseとOracle以外のデータソース間におけるグローバリゼーション・サポートのレベルは、ゲートウェイがどのように実装されているかに応じて変化します。

B.3.7 HS_OPEN_CURSORS

プロパティ 説明
デフォルト値 50
値の範囲 1からOracle DatabaseのOPEN_CURSORS初期化パラメータの値まで

Oracle以外のシステムのインスタンスに対する1つの接続でオープンできるカーソルの最大数を定義します。

この値は、Oracle Databaseのオープン・カーソルの数を超えることはできません。そのため、Oracle DatabaseのOPEN_CURSORS初期化パラメータと同じ値を設定することをお薦めします。

B.3.8 HS_RPC_FETCH_REBLOCKING

プロパティ 説明
デフォルト値 ON
値の範囲 OFFまたはON

Oracle DatabaseとOracle以外のデータ・ストアに接続された異機種間サービス・エージェントとの間におけるデータ転送のパフォーマンスを異機種間サービスにより最適化するかどうかを制御します。

次の値を指定できます。

  • OFFを指定すると、エージェントからサーバーにデータを即座に送信するように、フェッチされたデータの再ブロッキングが無効化されます。

  • ONを指定すると、再ブロッキングが有効化されます。この場合、Oracle以外のシステムからフェッチされたデータは、エージェントにバッファされ、その量がHS_RPC_FETCH_SIZE初期化パラメータの値以上になるまでOracle Databaseに送信されません。ただし、フェッチにより次のデータが存在しないことが示されるか、Oracle以外のシステムによりエラーがレポートされると、バッファされたデータは即座に戻されます。

B.3.9 HS_RPC_FETCH_SIZE

プロパティ 説明
デフォルト値 50000
値の範囲 1〜10000000

内部データ・バッファリングを調整して、サーバーとエージェント・プロセス間のデータ転送レートを最適化します。

この値を増加させると、一定量のデータを転送するのに必要なネットワーク・ラウンドトリップの回数が減少するだけでなく、通常はデータ帯域幅が増大し、問合せの発行とその問合せに関するすべてのフェッチが完了するまでの間の待機時間が減少します。ただし、フェッチ・サイズを増加させると、問合せの最初のフェッチ結果の待機時間が増大する可能性があります。これは、最初のフェッチ結果は、追加のデータが使用可能になるまで転送されないためです。

B.3.10 HS_TRANSACTION_MODEL

プロパティ 説明
デフォルト値 COMMIT_CONFIRM
値の範囲 COMMIT_CONFIRMREAD_ONLYSINGLE_SITE

Oracle以外のデータベースがトランザクションによって更新されるときに使用されるトランザクション・モデルのタイプを指定します。

次の値を指定できます。

  • COMMIT_CONFIRMは、Oracle以外のデータベースに対する読取り/書込みアクセスを提供します。ゲートウェイを分散更新の一部にすることができます。コミット確認モデルを使用するには、次の項目をOracle以外のデータベースに作成する必要があります。

    • トランザクション・ログ表。デフォルトの表名はHS_TRANSACTION_LOGです。HS_FDS_TRANSACTION_LOGパラメータを使用して別の名前を設定できます。トランザクション・ログ表には、パブリックに設定されたSELECTDELETEおよびINSERT権限を付与する必要があります。

    • リカバリ・アカウント。アカウント名は、HS_FDS_RECOVERY_ACCOUNTパラメータで割り当てます。

    • リカバリ・アカウント・パスワード。パスワードは、HS_FDS_RECOVERY_PWDパラメータで割り当てます。

      COMMIT_CONFIRMは、Oracle Database Gateway for ODBCには適用されません。Oracle Database Gateway for ODBCのデフォルト値は、SINGLE_SITEです。

  • READ_ONLYは、Oracle以外のデータベースに対する読取りアクセスを提供します。

  • SINGLE_SITEは、Oracle以外のデータベースに対する読取り/書込みアクセスを提供します。ただし、ゲートウェイは分散更新に参加できません。

B.3.11 HS_FDS_FETCH_ROWS

プロパティ 説明
デフォルト値 100
値の範囲 11000の任意の整数
構文 HS_FDS_FETCH_ROWS=num

HS_FDS_FETCH_ROWSでは、フェッチ配列サイズを指定します。これは、Oracle以外のデータベースからフェッチされ、Oracle Databaseに一度に戻される行数です。このパラメータは、HS_RPC_FETCH_SIZEおよびHS_RPC_FETCH_REBLOCKINGパラメータの影響を受けます。

B.3.12 IFILE

プロパティ 説明
デフォルト値 なし
値の範囲 有効なパラメータ・ファイル名

IFILE初期化パラメータを使用して、現在の初期化ファイル内に別の初期化ファイルを埋め込みます。値は絶対パスである必要があり、環境変数を含めることはできません。3レベルのネスト制限は適用されません。


関連項目:

『Oracle Databaseリファレンス』

B.3.13 DRDA_CACHE_TABLE_DESC

プロパティ 説明
デフォルト値 TRUE
値の範囲 {TRUE|FALSE}
構文 DRDA_CACHE_TABLE_DESC={TRUE|FALSE}

DRDA_CACHE_TABLE_DESCでは、トランザクションごとに1回表の記述をキャッシュするようゲートウェイに指示します。これにより、Oracle Databaseによってリクエストされる表検索の回数を減少させ、SQL文の実行を高速化できます。リモート表の構造を変更する場合や、同じトランザクション内でリモート表の構造を調査する場合は、このオプションを無効化できます。

B.3.14 DRDA_CAPABILITY

プロパティ 説明
デフォルト値 なし
値の範囲 第4章「アプリケーションの開発」を参照
構文 DRDA_CAPABILITY={FUNCTION/{ON|OFF}},...

DRDA_CAPABILITYでは、ネイティブに処理するOracle Databaseのマップされたファンクションを指定します。つまり、これらのファンクションについては特別な前処理や後処理は実行されません。これらのファンクションは、変更なしでDRDAサーバーに受け渡されます。

B.3.15 DRDA_CODEPAGE_MAP

プロパティ 説明
デフォルト値 codepage.map
値の範囲 任意の有効なファイル・パス
構文 DRDA_CODEPAGE_MAP=codepage.map

DRDA_CODEPAGE_MAPでは、コードページ・マップの場所を指定します。ファイル名のみを指定するか(ファイルは$ORACLE_HOME/dg4drda/adminディレクトリ内で検索されます)、ファイルのフルパス名を指定することができます。

B.3.16 DRDA_COMM_BUFLEN

プロパティ 説明
デフォルト値 32767
値の範囲 512〜32767
構文 DRDA_COMM_BUFLEN=num

DRDA_COMM_BUFLENでは、通信バッファの長さを指定します。これは、TCP/IPバッファのサイズをバイト単位で示した数値です。

B.3.17 DRDA_CONNECT_PARM

プロパティ 説明
デフォルト値 DRDACON1:446
値の範囲 長さが1〜255文字の任意の英数字文字列
構文 DRDA_CONNECT_PARM={hostname|ip_address}{:port}

DRDA_CONNECT_PARMでは、DRDAサーバーのTCP/IPホスト名またはIPアドレスを指定します。オプションとして、DRDAサーバーがリスニングするサービス・ポート番号を指定します。

DRDA標準では、DRDAサービスにポート446を使用するよう指定されています。ただし、複数のDRDAサーバーが同じシステム上で稼働する場合、各サーバーは異なるポートでサービスを提供する必要があります。そのため、各DRDAサーバーで使用されるポート番号を、個々のDRDAサーバーの構成から抽出する必要があります。通常、OS/390およびDB2/400のDB2ではDRDAの標準ポート番号である446を使用しますが、DB2/UDBではポート番号として50000を使用します。DRDAサーバーのポート番号を特定および変更する方法の詳細は、IBM DB2の管理者ガイドとインストレーション・ガイドを参照してください。追加情報は、DB2のデータベース管理者またはシステム管理者に問い合せてください。

B.3.18 DRDA_DEFAULT_CCSID

プロパティ 説明
デフォルト値 なし
値の範囲 サポートされる任意のDRDAサーバーのCCSID
構文 DRDA_DEFAULT_CCSID=ccsid

DRDA_DEFAULT_CCSIDでは、DRDAサーバー・データベースにより文字列のCCSIDが65535であると示される場合のデフォルトのCCSID、またはキャラクタ・セット変換に対応するキャラクタ・セット・コードページを指定します。DRDAサーバーでは、"FOR BIT DATA"として指定された列に対してCCSID 65535を使用します。ほとんどの場合、このパラメータは指定せずに、CCSID 65535をOracle RAWデータ型として処理できます。

このパラメータは、作成されるすべての表のデフォルトとしてCCSID 65535を使用するデータベース(特にDB2/400)をサポートするためのものです。CCSID 65535を別のCCSIDとして処理できると、各サイトですべての表を変更する手間を省くことができます。


警告:

DRDA_DEFAULT_CCSIDに任意の値を指定すると、すべてのFOR BIT DATA列はキャラクタ・セット変換が必要なテキスト列として処理されます。そのため、これらの列にバイナリ・データが含まれると、変換エラー(ORA-28527)が発生する可能性があります。


B.3.19 DRDA_DESCRIBE_TABLE

プロパティ 説明
デフォルト値 TRUE
値の範囲 {TRUE|FALSE}
構文 DRDA_DESCRIBE_TABLE={TRUE|FALSE}

DRDA_DESCRIBE_TABLEでは、DRDA操作のTable Describeを使用して表の記述を戻すようにゲートウェイに指示します。これにより、最適化が行われ、表定義の検索に使用される時間およびリソースの量が節約されます。


注意:

この機能は、DB2の別名またはシノニムとは互換性がありません。DB2の別名を使用する場合、必ずこのオプションを無効化してください。

B.3.20 DRDA_DISABLE_CALL

プロパティ 説明
デフォルト値 TRUE
値の範囲 {TRUE|FALSE}
構文 DRDA_DISABLE_CALL={TRUE|FALSE}

DRDA_DISABLE_CALLでは、ストアド・プロシージャの使用と、ターゲット・データベースでのパッケージのバインド方法を制御します。このパラメータは、サポートされるターゲットDRDAサーバーに対してのみFALSEに設定し、それ以外の場合はTRUEに設定する必要があります。


注意:

このパラメータを変更した場合、リバインドを行う必要があります。

B.3.21 DRDA_FLUSH_CACHE

プロパティ 説明
デフォルト値 SESSION
値の範囲 {SESSION|COMMIT}
構文 DRDA_FLUSH_CACHE={SESSION|COMMIT}

DRDA_FLUSH_CACHEでは、カーソル・キャッシュをフラッシュするタイミングを指定します。DRDA_FLUSH_CACHE=COMMITの場合、カーソル・キャッシュはトランザクションがコミットされるたびにフラッシュされます。DRDA_FLUSH_CACHE=SESSIONの場合、キャッシュはセッションが終了するまでフラッシュされません。

B.3.22 DRDA_GRAPHIC_CHAR_SIZE

プロパティ 説明
デフォルト値 4
値の範囲 1〜4
構文 DRDA_GRAPHIC_CHAR_SIZE=num

DRDA_GRAPHIC_CHAR_SIZEでは、GRAPHICデータ型に使用される文字変換サイズを定義します。これは、列が記述されるときのGRAPHICデータ型の最大サイズに影響するチューニング・パラメータです。

B.3.23 DRDA_GRAPHIC_PAD_SIZE

プロパティ 説明
デフォルト値 0
値の範囲 0〜127
構文 DRDA_GRAPHIC_PAD_SIZE=num

DRDA_GRAPHIC_PAD_SIZEでは、DRDAサーバーによる記述に従ってGRAPHIC列の一定サイズの埋込みを行います。これは、DRDAデータベースとOracle Databaseのキャラクタ・セットによっては必要になることがあります。Oracle DatabaseがEBCDICに基づいており、DRDAデータベースがASCIIに基づいている場合、通常、必要な埋込みサイズは2です。

B.3.24 DRDA_GRAPHIC_LIT_CHECK

プロパティ 説明
デフォルト値 FALSE
値の範囲 {TRUE|FALSE}
構文 DRDA_GRAPHIC_LIT_CHECK={TRUE|FALSE}

DRDA_GRAPHIC_LIT_CHECKでは、DRDAサーバー・データベースのGRAPHIC列への挿入用に文字列リテラルをダブルバイト形式に変換する必要があるかどうかを決定するため、INSERT SQL文内の文字列リテラルを評価するようゲートウェイに指示します。この評価は、表の列の属性をSQL文で問い合せ、文字列リテラルがGRAPHICデータ型を含む列に適用されるかどうかを判別することで行われます。表の列がGRAPHICであり、このパラメータがTRUEの場合、ゲートウェイはダブルバイト形式に変換されたリテラルでSQL文をリライトします。文字列内の既存のダブルバイト文字は維持され、すべてのシングルバイト文字はダブルバイト文字に変換されます。

B.3.25 DRDA_GRAPHIC_TO_MBCS

プロパティ 説明
デフォルト値 FALSE
値の範囲 {TRUE|FALSE}
構文 DRDA_GRAPHIC_TO_MBCS={TRUE|FALSE}

DRDA_GRAPHIC_TO_MBCSでは、DRDAサーバーからフェッチされたGRAPHICデータをOracleのマルチバイト・データに変換するようゲートウェイに指示します(可能であればダブルバイト文字をシングルバイト文字に変換します)。

B.3.26 DRDA_ISOLATION_LEVEL

プロパティ 説明
デフォルト値 CHG(DB2/400の場合)、CS(DB2/OS390およびDB2/UDBの場合)
値の範囲 {CHG|CS|RR|ALL|NC}
構文 DRDA_ISOLATION_LEVEL={CHG|CS|RR|ALL|NC}

DRDA_ISOLATION_LEVELでは、作成時にパッケージに対して定義される分離レベルを指定します。リモートDRDAデータベースに送信されるすべてのSQL文は、この分離レベルで実行されます。分離レベルは、アプリケーションのパフォーマンスに大きく影響します。デフォルト以外の分離レベルを指定する場合は、慎重に行ってください。分離レベルの詳細は、IBM社のデータベース・マニュアルを参照してください。

次の表に、分離レベルとその説明を示します。このレベルは、制御の少ない順に並んでいます(CHGカーソル固定の信頼性が最も低く、RRは最も高くなっています)。固定度が高くなるほど、サーバー上のリソースをより多く使用し、長期間にわたりそれらのリソースをロックする可能性があることに注意してください。

表B-1 分離レベルとその説明

レベル 説明

CHG

変更(DB2/400のデフォルト)

CS

カーソル固定(DB2/UDBおよびDB2/OS390のデフォルト)

RR

反復可能読取り

ALL

すべて

NC

コミットなし



注意:

このパラメータを変更した場合、リバインドを行う必要があります。

B.3.27 DRDA_LOCAL_NODE_NAME

プロパティ 説明
デフォルト値 AIX_RS6K
値の範囲 長さが1〜8文字の任意の英数字文字列
構文 DRDA_LOCAL_NODE_NAME=name

DRDA_LOCAL_NODE_NAMEでは、DRDAサーバーで認識されるゲートウェイの名前を指定します。この名前は、ローカル・ノードを識別するためにDRDAサーバーにより内部的に使用されます。

B.3.28 DRDA_MBCS_TO_GRAPHIC

プロパティ 説明
デフォルト値 FALSE
値の範囲 {TRUE|FALSE}
構文 DRDA_MBCS_TO_GRAPHIC={TRUE|FALSE}

DRDA_MBCS_TO_GRAPHICでは、(OracleからDRDAデータベースに送信された)マルチバイト・データを完全なダブルバイト文字に変換するようゲートウェイに指示します。このパラメータの主な目的は、データを適切に書式設定してDRDAサーバーで取得できるように、バインド変数と組み合せて使用することです。このパラメータは、バインド変数を使用するINSERT SQL文にのみ適用されます。このパラメータとDRDA_GRAPHIC_LIT_CHECKパラメータを組み合せて使用すると、GRAPHIC列に挿入されるデータがターゲットのDRDAサーバーで正しく処理されることが保証されます。

B.3.29 DRDA_OPTIMIZE_QUERY

プロパティ 説明
デフォルト値 TRUE
値の範囲 {TRUE|FALSE}
構文 DRDA_OPTIMIZE_QUERY={TRUE|FALSE}

DRDA_OPTIMIZE_QUERYでは、分散問合せオプティマイザ(DQO)機能を有効化または無効化します。DQO機能は、大量のデータにアクセスする問合せを最適化する場合に便利ですが、小規模な問合せにはオーバーヘッドが発生する可能性があります。

このパラメータは、DRDAサーバーがDB2/OS390の場合にのみ有効です。DRDAサーバーがDB2/400またはDB2/UDBの場合、値をFALSEに設定する必要があります。

B.3.30 DRDA_PACKAGE_COLLID

プロパティ 説明
デフォルト値 ORACLE
値の範囲 長さが1〜18文字の英数字文字列
構文 DRDA_PACKAGE_COLLID=collection_id

DRDA_PACKAGE_COLLIDでは、パッケージのコレクションIDを指定します。DB2/400の場合、コレクションIDは、実際にはAS/400ライブラリの名前です。


注意:

このパラメータを変更した場合、パッケージのリバインドを行う必要があります。

B.3.31 DRDA_PACKAGE_CONSTOKEN

プロパティ 説明
デフォルト値 なし(付属のサンプルを使用)
値の範囲 16桁の16進数
構文 DRDA_PACKAGE_CONSTOKEN=hexnum

DRDA_PACKAGE_CONSTOKENでは、パッケージ整合性トークンを指定します。これは、8バイトのトークンを16桁の16進数で表現したものです。整合性トークンは変更しないことをお薦めします。実行時に使用される整合性トークンは、パッケージのバインド時に使用される整合性トークンと一致している必要があります。値は、使用されるDRDAサーバーに応じて変化します。


注意:

このパラメータを変更した場合、パッケージのリバインドを行う必要があります。

B.3.32 DRDA_PACKAGE_NAME

プロパティ 説明
デフォルト値 G2DRSQL
値の範囲 長さが1〜18文字の英数字文字列
構文 DRDA_PACKAGE_NAME=name

DRDA_PACKAGE_NAMEでは、パッケージ名を指定します。パッケージは、SQLリソースとしてこの名前でDRDAサーバーに格納されます。パッケージ名の長さ制限の詳細は、DRDAサーバーのドキュメントを参照してください。多くの一般的な実装では、長さが8文字までに制限されます。


注意:

このパラメータを変更した場合、パッケージのリバインドを行う必要があります。

B.3.33 DRDA_PACKAGE_OWNER

プロパティ 説明
デフォルト値 なし
値の範囲 任意の有効なユーザーID
構文 DRDA_PACKAGE_OWNER=userid

DRDA_PACKAGE_OWNERでは、パッケージを所有するデータベース・ユーザーIDを指定します。これにより、パッケージの作成時に、所有者を接続ユーザーID以外のユーザーに設定できます。パッケージ所有者は、ORACLE2PC表の所有者と同じユーザーにする必要があります。


注意:

このパラメータを変更した場合、パッケージのリバインドを行う必要があります。

B.3.34 DRDA_PACKAGE_SECTIONS

プロパティ 説明
デフォルト値 100
値の範囲 1〜65535の任意の整数
構文 DRDA_PACKAGE_SECTIONS=num

DRDA_PACKAGE_SECTIONSでは、パッケージのバインド時にリモート・データベースで宣言されるカーソルの数を指定します。これは、任意の時点において許可されるオープン・カーソルの最大数です。このパラメータは、アプリケーションで100を超える同時オープン・カーソルが必要な場合にのみ変更してください。


注意:

このパラメータを変更した場合、パッケージのリバインドを行う必要があります。

B.3.35 DRDA_READ_ONLY

プロパティ 説明
デフォルト値 FALSE
値の範囲 {TRUE|FALSE}
構文 DRDA_READ_ONLY={TRUE|FALSE}

DRDA_READ_ONLYでは、ゲートウェイを読取り専用トランザクション・モードで実行するかどうかを指定します。このモードでは、データを変更するSQL文は許可されません。

B.3.36 DRDA_RECOVERY_PASSWORD

プロパティ 説明
デフォルト値 なし
値の範囲 任意の有効なパスワード
構文 DRDA_RECOVERY_PASSWORD=passwd

DRDA_RECOVERY_PASSWORDは、DRDA_RECOVERY_USERIDとともに使用します。リカバリ・ユーザーは、分散トランザクションがインダウト状態になった場合にIBMデータベースに接続します。

B.3.37 DRDA_RECOVERY_USERID

プロパティ 説明
デフォルト値 ORARECOV
値の範囲 任意の有効なユーザーID
構文 DRDA_RECOVERY_USERID=userid

DRDA_RECOVERY_USERIDでは、分散トランザクションがインダウト状態になった場合にゲートウェイによって使用されるユーザーIDを指定します。このユーザーIDは、パッケージに対する実行権限を持っている必要があります。また、IBMデータベースで定義されている必要があります。

分散トランザクションがインダウト状態になると、Oracle Databaseは、DRDA_RECOVERY_USERIDを使用してIBMデータベースに接続し、トランザクションのステータスを確認します。このパラメータが存在しない場合、ゲートウェイはORARECOVのユーザーIDへの接続を試みます。

B.3.38 DRDA_REMOTE_DB_NAME

プロパティ 説明
デフォルト値 DB2V2R3
値の範囲 長さが1〜18文字の英数字文字列
構文 DRDA_REMOTE_DB_NAME=name

DRDA_REMOTE_DB_NAMEでは、DRDAサーバーのロケーション名を指定します。これは、DRDA用のサーバーに割り当てられた識別名です。SQL SELECT文を使用してこの名前を確認する方法は、Oracle Database Gatewayのインストレーションおよび構成ガイドの第14章「Oracle Database Gateway for DRDAの構成」の各サーバーに固有のインストールに関する項を参照してください。

B.3.39 FDS_CLASS

プロパティ 説明
デフォルト値 TG4DRDA_DB2MVS
値の範囲 有効な値は後述のリストを参照
構文 FDS_CLASS=TG4DRDA_DB2MVS

FDS_CLASSでは、Oracle Databaseとゲートウェイによって使用される機能分類を指定します。これらの値は、ゲートウェイ機能の変更に応じて、リリースごとに変化する可能性があります。

FDS_CLASSの有効なデフォルト値は、次のとおりです。

DB2/OS390データベースの場合: TG4DRDA_DB2MVS

DB2/400データベースの場合: TG4DRDA_DB2400

DB2/UDBデータベースの場合: TG4DRDA_DB2UDB

B.3.40 HS_NLS_NCHAR

プロパティ 説明
デフォルト値 なし
値の範囲 任意の有効なキャラクタ・セット指定
構文 HS_NLS_NCHAR=character_set

HS_NLS_NCHARでは、GRAPHICデータへのアクセス時にゲートウェイがDRDAサーバーとの通信に使用するキャラクタ・セットを指定します。このパラメータは、HS_LANGUAGEパラメータのキャラクタ・セット構成部分と同じ値に設定します。詳細は、付録C「DRDAのグローバリゼーション・サポート」および『Oracle Database Heterogeneous Connectivity管理者ガイド』を参照してください。

B.3.41 LOG_DESTINATION

プロパティ 説明
デフォルト値 $ORACLE_HOME/dg4drda/log/gateway sid_pid.log
値の範囲 任意の有効なファイル・パス
構文 LOG_DESTINATION=logpath

LOG_DESTINATIONでは、ゲートウェイのロギングおよびトレース用の宛先を指定します。このパラメータでは、ファイルを指定する必要があります。ファイルがすでに存在する場合、そのファイルは上書きされます。

ログ・パスのオープンに失敗すると、次にデフォルトの場所がオープンされます。

通常、LOG_DESTINATIONではディレクトリを指定する必要があります。ファイルが指定され、複数のユーザーがゲートウェイの同じインスタンスを同時に使用する場合、同じログに書込みが行われます。このログの整合性は保証されません。このパラメータを指定しない場合、デフォルトの場所であるとみなされます。

B.3.42 ORA_MAX_DATE

プロパティ 説明
デフォルト値 4712-12-31
値の範囲 4712-12-31より前の任意の有効な日付
構文 ORA_MAX_DATE=yyyy-mm-dd

ORA_MAX_DATEでは、ゲートウェイの最大日付値を指定します。フェッチされた日付値が4712-12-31を超える場合、ゲートウェイでは、ORA_MAX_DATEパラメータにより定義された値で日付値が置換されます。BC 4712年1月1日からAD 4712年12月31日までの任意の日付が有効です。

B.3.43 ORA_NLS11

プロパティ 説明
デフォルト値 $ORACLE_HOME/nls/data
値の範囲 任意の有効なグローバリゼーション・サポートのディレクトリ・パス
構文 SET ORA_NLS11=nlspath

ORA_NLS11では、ゲートウェイがキャラクタ・セットとその他の言語データをロードするためのディレクトリを指定します。通常、このパラメータを設定する必要はありません。ただし、一部の構成では設定する必要があります。

B.3.44 ORACLE_DRDA_TCTL

プロパティ 説明
デフォルト値 なし
値の範囲 任意の有効なファイル・パス
構文 ORACLE_DRDA_TCTL=tracecontrolpath

ORACLE_DRDA_TCTLでは、DRDAの内部トレース制御ファイルのパスを指定します。このファイルには、モジュール・トレース・コマンドが含まれます。サンプル・ファイルは、$ORACLE_HOME/dg4drda/admin/debug.tctlに格納されています。このパラメータは、診断目的で使用します。

B.3.45 ORACLE_DRDA_TRACE

プロパティ 説明
デフォルト値 LOG_DESTINATIONに指定された値
値の範囲 任意の有効なファイル・パス
構文 ORACLE_DRDA_TRACE=logpath

ORACLE_DRDA_TRACEでは、DRDAの内部トレース用の異なるログ・パスを指定します。このトレースは、LOG_DESTINATIONパラメータで指定される他のゲートウェイ・トレースとは別のものです。デフォルトでは、このパラメータにより、ゲートウェイ・トレースにDRDAの内部トレースが追加されます。このパラメータは、診断目的で使用します。

B.3.46 TRACE_LEVEL

プロパティ 説明
デフォルト値 0
値の範囲 0〜255
構文 TRACE_LEVEL=number

TRACE_LEVELでは、コード・トレース・レベルを指定します。この値により、実行時にゲートウェイ・ログ・ファイルに記録される詳細レベルが決定されます。このパラメータは、主に診断目的で使用します。

B.3.47 HS_NLS_DATE_FORMAT

プロパティ 説明
デフォルト値 HS_LANGUAGE初期化パラメータにより決定される値
値の範囲 任意の有効な日付書式マスク(最大255文字)

ターゲット・システムで使用される日付用の日付書式を定義します。この初期化パラメータの機能は、Oracle DatabaseのNLS_DATE_FORMAT初期化パラメータと同じです。値には、『Oracle Database SQL言語リファレンス』にリストされている任意の有効な日付書式マスクを指定できますが、その値はターゲット・システムの日付書式と一致している必要があります。たとえば、ターゲット・システムで2001年2月14日という日付を2001/02/14として格納している場合、このパラメータをyyyy/mm/ddと設定します。文字は小文字を使用する必要があります。

B.3.48 HS_NLS_DATE_LANGUAGE

プロパティ 説明
デフォルト値 HS_LANGUAGE初期化パラメータにより決定される値
値の範囲 任意の有効なNLS_LANGUAGEの値(最大255文字)

Oracle以外のシステムから取得される文字日付値用の言語を指定します。日付書式は、常に言語に依存するわけではありません。たとえば、書式がdd/mm/yyyyである場合、文字日付の3つの構成要素は、すべて数値です。ただし、書式がdd-mon-yyyyである場合、月の部分は3文字に短縮された名前です。略語は言語に依存します。たとえば、Aprilの略語はaprですが、フランス語ではavr(Avril)です。

異機種間サービスでは、Oracle以外のシステムからフェッチされた文字日付値は、この書式であるとみなされます。また、異機種間サービスでは、文字日付のバインド値がこの書式でOracle以外のシステムに送信されます。

B.3.49 HS_NLS_NUMERIC_CHARACTER

プロパティ 説明
デフォルト値 HS_LANGUAGE初期化パラメータにより決定される値
値の範囲 任意の有効なNLS_NUMERIC_CHARACTERSの値(任意の有効な2つの数値文字)

グループ・セパレータおよび小数点文字として使用する文字を指定します。グループ・セパレータでは、整数グループ(千、100万、10億など)を区切ります。小数点文字では、数値の整数部と小数部を区切ります。