ヘッダーをスキップ
Oracle Data Provider for .NET開発者ガイド
10g リリース2(10.2.0.2)
B31247-01
  目次へ
目次
索引へ
索引

前へ
前へ
 
次へ
次へ
 

.NETストアド・プロシージャに対するクライアント・アプリケーションのポーティング

すべてのクラスおよびクラス・メンバーは、特に記述のないかぎり、クライアント・アプリケーションと.NETストアド・プロシージャの両方に同じ機能を提供します。

表4-1に、クライアント・アプリケーションで使用されるかどうか、または.NETストアド・プロシージャで使用されるかどうかに応じて、異なる動作をするクラスとクラス・メンバーを示します。

列見出し

この表の列見出しは次のとおりです。

クライアント・アプリケーション: クライアント・アプリケーション

暗黙的な接続: .NETストアド・プロシージャにおける暗黙的なデータベース接続

明示的な接続: .NETストアド・プロシージャにおける明示的なユーザー接続

表4-1 クライアント・アプリケーションと.NETストアド・プロシージャ間でのAPIサポートの比較

クラスまたはクラス・メンバー クライアント・アプリケーション 暗黙的な接続/明示的な接続

OnChangeEventHandlerデリゲート
-すべてのメンバー


Yes


No/No

OracleDependencyクラス
-すべてのメンバー


Yes


No/No

OracleNotificationEventArgsクラス
-すべてのメンバー


Yes


No/No

OracleNotificationRequestクラス
-すべてのメンバー


Yes


No/No

OracleFailoverEventArgsクラス
-すべてのメンバー


Yes


No/No

OracleFailoverEventHandlerデリゲート
-すべてのメンバー


Yes


No/No

OracleTransactionクラス
-すべてのメンバー


Yes


No/No

OracleCommandクラス
-Transactionプロパティ


Yes


No #1/No #1

OracleConnectionクラス
-ConnectionTimeoutプロパティ
-DataSourceプロパティ
-BeginTransactionメソッド
-ChangeDatabaseメソッド
-Cloneメソッド
-EnlistDistributedTransactionメソッド
-OpenWithNewPasswordメソッド
-Failoverイベント
-OracleFailoverEventHandlerデリゲート


Yes
Yes
Yes
No
Yes
Yes
Yes
Yes
Yes


Yes #3/Yes
Yes #2/Yes
No/No
No/No
No/Yes
No/No
No/Yes
No/No
No/No

ODP.NETの列挙
-FailoverEventの列挙
-FailoverReturnCodeの列挙
-FailoverTypeの列挙
-OracleNotificationInfoの列挙
-OracleNotificationSourceの列挙
-OracleNotificationTypeの列挙


Yes
Yes
Yes
Yes
Yes
Yes


No/No
No/No
No/No
No/No
No/No
No/No

表4-1の項目に関する注釈

  1. 常にnullを戻します。

  2. 暗黙的なデータベース接続は常に空の文字列を戻します。

  3. 暗黙的なデータベース接続は常に0を戻します。