ヘッダーをスキップ
Oracle Textリファレンス
10gリリース2(10.2)
部品番号: B19214-01
  目次へ
目次
索引へ
索引

前へ
前へ
次へ
次へ
 

Oracle Textの新機能

この章では、Oracle Database 10gリリース2(10.2)のOracle Textの新機能を説明し、追加情報の参照先を示します。現行リリースに移行するユーザーのため、前のリリースでの新機能情報も載せています。

次の各項目で、Oracle Textの新機能について説明します。

Oracle Database10gリリース2(10.2)のOracle Textの新機能

Oracle Database 10gリリース1(10.1)のOracle Textの新機能

次の各機能は、Oracle Database 10gリリース1(10.1)のOracle Textで導入されました。

セキュリティの改善

Oracle Textの以前のバージョンでは、CTXSYSにはDBA権限がありました。セキュリティを向上し、データベースを無認可でのアクセスから保護するために、CTXSYSにはCONNECTおよびRESOURCEロールのみが付与され、一部のシステム・ビューおよびパッケージに対しては、制限された、必要な直接の権限付与のみ行われます。そのため、Oracle Textを使用する一部のアプリケーションでは、このセキュリティの変更後も正しく機能するために、一部変更を加える必要があります。


関連項目

『Oracle Textアプリケーション開発者ガイド』の「移行」

分類およびクラスタ化

分類およびクラスタ化での新機能は次のとおりです。

索引付け

索引付けでの新機能は次のとおりです。

言語機能

言語に関する新機能は次のとおりです。

問合せ

ドキュメント・サービス