ヘッダーをスキップ

Oracle Database リファレンス
10g リリース2(10.2)

B19228-04
目次
目次
索引
索引

戻る 次へ

2 静的データ・ディクショナリ・ビュー: ALL_ALL_TABLES〜ALL_MVIEWS

この章では、静的データ・ディクショナリ・ビューの前半をアルファベット順に説明します。後半の静的データ・ディクショナリ・ビューも第3章から第5章でアルファベット順に説明します。

この章では、次の内容について説明します。

静的データ・ディクショナリ・ビュー

データ・ディクショナリ表には、直接アクセスできませんが、データ・ディクショナリ・ビューからはアクセスできます。使用可能なデータ・ディクショナリ・ビューをリストするには、ビューDICTIONARYを検索してください。

多くのデータ・ディクショナリ表には、3つの対応するビューがあります。

単一のデータ・ディクショナリ表に対応するALLDBAUSERビューの列は、通常はほとんど同じです。そのため、これらのビューについては、この章でアルファベット順で最初に出てきた箇所でのみ詳しく説明し、その他の箇所ではリストしますが、詳しくは説明しません。

Oracle Replicationビュー

Oracle Replicationを使用している場合のみ、多くのデータ・ディクショナリ・ビューが関連します。表2-1に、これらのビューを示します。

表2-1    Oracle Replicationのデータ・ディクショナリ・ビュー 
ALL_ビュー  DBA_ビュー  USER_ビュー 

ALL_REPCAT 

DBA_REPCAT 

USER_REPCAT 

 

DBA_REPCAT_EXCEPTIONS 

 

ALL_REPCAT_REFRESH_TEMPLATES 

DBA_REPCAT_REFRESH_TEMPLATES 

USER_REPCAT_REFRESH_TEMPLATES 

ALL_REPCAT_TEMPLATE_OBJECTS 

DBA_REPCAT_TEMPLATE_OBJECTS 

USER_REPCAT_TEMPLATE_OBJECTS 

ALL_REPCAT_TEMPLATE_PARMS 

DBA_REPCAT_TEMPLATE_PARMS 

USER_REPCAT_TEMPLATE_PARMS 

ALL_REPCAT_TEMPLATE_SITES 

DBA_REPCAT_TEMPLATE_SITES 

USER_REPCAT_TEMPLATE_SITES 

ALL_REPCAT_USER_AUTHORIZATIONS 

DBA_REPCAT_USER_AUTHORIZATIONS 

USER_REPCAT_USER_AUTHORIZATIONS 

ALL_REPCAT_USER_PARM_VALUES 

DBA_REPCAT_USER_PARM_VALUES 

USER_REPCAT_USER_PARM_VALUES 

ALL_REPCATLOG 

DBA_REPCATLOG 

USER_REPCATLOG 

ALL_REPCOLUMN 

DBA_REPCOLUMN 

USER_REPCOLUMN 

ALL_REPCOLUMN_GROUP 

DBA_REPCOLUMN_GROUP 

USER_REPCOLUMN_GROUP 

ALL_REPCONFLICT 

DBA_REPCONFLICT 

USER_REPCONFLICT 

ALL_REPDDL 

DBA_REPDDL 

USER_REPDDL 

 

DBA_REPEXTENSIONS 

 

ALL_REPFLAVOR_COLUMNS 

DBA_REPFLAVOR_COLUMNS 

USER_REPFLAVOR_COLUMNS 

ALL_REPFLAVOR_OBJECTS 

DBA_REPFLAVOR_OBJECTS 

USER_REPFLAVOR_OBJECTS 

ALL_REPFLAVORS 

DBA_REPFLAVORS 

USER_REPFLAVORS 

ALL_REPGENERATED 

DBA_REPGENERATED 

USER_REPGENERATED 

ALL_REPGENOBJECTS 

DBA_REPGENOBJECTS 

USER_REPGENOBJECTS 

ALL_REPGROUP 

DBA_REPGROUP 

USER_REPGROUP 

ALL_REPGROUP_PRIVILEGES 

DBA_REPGROUP_PRIVILEGES 

USER_REPGROUP_PRIVILEGES 

ALL_REPGROUPED_COLUMN 

DBA_REPGROUPED_COLUMN 

USER_REPGROUPED_COLUMN 

ALL_REPKEY_COLUMNS 

DBA_REPKEY_COLUMNS 

USER_REPKEY_COLUMNS 

ALL_REPOBJECT 

DBA_REPOBJECT 

USER_REPOBJECT 

ALL_REPPARAMETER_COLUMN 

DBA_REPPARAMETER_COLUMN 

USER_REPPARAMETER_COLUMN 

ALL_REPPRIORITY 

DBA_REPPRIORITY 

USER_REPPRIORITY 

ALL_REPPRIORITY_GROUP 

DBA_REPPRIORITY_GROUP 

USER_REPPRIORITY_GROUP 

ALL_REPPROP 

DBA_REPPROP 

USER_REPPROP 

ALL_REPRESOL_STATS_CONTROL 

DBA_REPRESOL_STATS_CONTROL 

USER_REPRESOL_STATS_CONTROL 

ALL_REPRESOLUTION 

DBA_REPRESOLUTION 

USER_REPRESOLUTION 

ALL_REPRESOLUTION_METHOD 

DBA_REPRESOLUTION_METHOD 

USER_REPRESOLUTION_METHOD 

ALL_REPRESOLUTION_STATISTICS 

DBA_REPRESOLUTION_STATISTICS 

USER_REPRESOLUTION_STATISTICS 

ALL_REPSCHEMA 

DBA_REPSCHEMA 

USER_REPSCHEMA 

ALL_REPSITES 

DBA_REPSITES 

USER_REPSITES 

 

DBA_REPSITES_NEW 

 

次のビューも、Oracle Replicationのデータ・ディクショナリ・ビューです。

DEFCALL
DEFCALLDEST
DEFDEFAULTDEST
DEFERRCOUNT
DEFERROR
DEFLOB
DEFPROPAGATOR
DEFSCHEDULE
DEFTRAN
DEFTRANDEST

関連項目:

これらのビューについては、『Oracle Databaseアドバンスト・レプリケーション・マネージメントAPIリファレンス』を参照してください。 

Oracle Workspace Managerビュー

Oracle Workspace Managerを使用している場合にのみ、多くのデータ・ディクショナリ・ビューが関連します。表2-2に、これらのビューを示します。

表2-2    Oracle Workspace Managerデータ・ディクショナリ・ビュー 
ALL_ビュー  DBA_ビュー  USER_ビュー 

ALL_VERSION_HVIEW 

 

 

ALL_WM_LOCKED_TABLES 

 

USER_WM_LOCKED_TABLES 

ALL_WM_MODIFIED_TABLES 

 

USER_WM_MODIFIED_TABLES 

 

 

USER_WM_PRIVS 

ALL_WM_RIC_INFO 

 

USER_WM_RIC_INFO 

ALL_WM_TAB_TRIGGERS 

 

USER_WM_TAB_TRIGGERS 

ALL_WM_VERSIONED_TABLES 

 

USER_WM_VERSIONED_TABLES 

ALL_WM_VT_ERRORS 

 

USER_WM_VT_ERRORS 

ALL_WORKSPACE_PRIVS 

 

USER_WORKSPACE_PRIVS 

ALL_WORKSPACE_SAVEPOINTS 

 

USER_WORKSPACE_SAVEPOINTS 

 

DBA_WORKSPACE_SESSIONS 

 

ALL_WORKSPACES 

DBA_WORKSPACES 

USER_WORKSPACES 

次のビューも、Oracle Workspace Managerデータ・ディクショナリ・ビューです。

ROLE_WM_PRIVS
WM_INSTALLATION
WM_REPLICATION_INFO

関連項目:

これらのビューについては、『Oracle Databaseアプリケーション開発者ガイド - Workspace Manager』を参照してください。 

リカバリ・カタログ・ビュー

次のデータ・ディクショナリ・ビューは、Recovery Managerで使用するためにオプションのリカバリ・カタログ(バックアップに関する情報を持つスキーマを含む)を作成した場合にのみ使用可能です。

RC_ARCHIVED_LOG
RC_BACKUP_CONTROLFILE
RC_BACKUP_CORRUPTION
RC_BACKUP_DATAFILE
RC_BACKUP_FILES
RC_BACKUP_PIECE
RC_BACKUP_REDOLOG
RC_BACKUP_SET
RC_BACKUP_SPFILE
RC_CHECKPOINT
RC_CONTROLFILE_COPY
RC_COPY_CORRUPTION
RC_DATABASE
RC_DATABASE_BLOCK_CORRUPTION
RC_DATABASE_INCARNATION
RC_DATAFILE
RC_DATAFILE_COPY
RC_LOG_HISTORY
RC_OFFLINE_RANGE
RC_PROXY_CONTROLFILE
RC_PROXY_DATAFILE
RC_REDO_LOG
RC_REDO_THREAD
RC_RESYNC
RC_RMAN_BACKUP_JOB_DETAILS
RC_RMAN_BACKUP_SUBJOB_DETAILS
RC_RMAN_CONFIGURATION
RC_RMAN_OUTPUT
RC_RMAN_STATUS
RC_STORED_SCRIPT
RC_STORED_SCRIPT_LINE
RC_TABLESPACE
RC_TEMPFILE

関連項目:

これらのビューについては、『Oracle Database Recovery Managerリファレンス』を参照してください。 

静的データ・ディクショナリ・ビューの説明

次に、静的データ・ディクショナリ・ビューをアルファベット順に説明します。

ALL_ALL_TABLES

ALL_ALL_TABLESは、現行のユーザーがアクセスできるオブジェクト表およびリレーショナル表を示します。

関連ビュー

ALL_APPLY

ALL_APPLYは、現行のユーザーがアクセスできるキューからイベントをデキューする適用プロセスの情報を示します。

関連ビュー

DBA_APPLYは、データベース内のすべての適用プロセスに関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

APPLY_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

適用プロセス名 

QUEUE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

適用プロセスがデキューされるキューの名前 

QUEUE_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

適用プロセスがデキューされるキューの所有者 

APPLY_CAPTURED 

VARCHAR2(3) 

 

適用プロセスで取得されたイベントを適用するのか(YES)、ユーザーによりエンキューされたイベントを適用するのか(NO) 

RULE_SET_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

適用プロセスでフィルタ処理に使用される正のルール・セットの名前 

RULE_SET_OWNER 

VARCHAR2(30) 

 

適用プロセスでフィルタ処理に使用される正のルール・セットの所有者 

APPLY_USER 

VARCHAR2(30) 

 

イベントを適用するユーザー 

APPLY_DATABASE_LINK 

VARCHAR2(128) 

 

変更が適用されるデータベース・リンク。NULLの場合、変更はローカル・データベースに適用される。 

APPLY_TAG 

RAW(2000) 

 

適用プロセスによる変更時に生成されるREDOログ・レコードに関連付けられているタグ 

DDL_HANDLER 

VARCHAR2(98) 

 

DDLの論理変更レコードを処理するためのユーザー指定のDDLハンドラの名前 

PRECOMMIT_HANDLER 

VARCHAR2(98) 

 

ユーザー指定のプリコミット・ハンドラの名前 

MESSAGE_HANDLER 

VARCHAR2(98) 

 

論理変更レコード以外のデキューされたイベントを処理するユーザー指定プロシージャの名前 

STATUS 

VARCHAR2(8) 

 

適用プロセスのステータス:

  • DISABLED

  • ENABLED

  • ABORTED

 

MAX_APPLIED_MESSAGE_NUMBER 

NUMBER 

 

前回、DBMS_APPLY_ADM.STOP_APPLYプロシージャのforceパラメータにfalseを設定して停止した適用プロセスに対する、適用プロセスの最高水位標に対応するシステム変更番号(SCN)。適用プロセスの最高水位標は、イベントが適用される最大のSCN。 

NEGATIVE_RULE_SET_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

適用プロセスでフィルタ処理に使用される負のルール・セットの名前 

NEGATIVE_RULE_SET_OWNER 

VARCHAR2(30) 

 

適用プロセスでフィルタ処理に使用される負のルール・セットの所有者 

STATUS_CHANGE_TIME 

DATE 

 

適用プロセスのSTATUSが変更された時刻 

ERROR_NUMBER 

NUMBER 

 

適用プロセスが異常終了した場合のエラー番号 

ERROR_MESSAGE 

VARCHAR2(4000) 

 

適用プロセスが異常終了した場合のエラー・メッセージ 

関連項目:

「DBA_APPLY」 

ALL_APPLY_CONFLICT_COLUMNS

ALL_APPLY_CONFLICT_COLUMNSは、現行のユーザーがアクセスできる表の競合ハンドラに関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_APPLY_CONFLICT_COLUMNSは、データベースのすべての表の競合ハンドラに関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

OBJECT_OWNER 

VARCHAR2(30) 

 

更新の競合ハンドラが定義されているオブジェクトの所有者 

OBJECT_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

更新の競合ハンドラが定義されているオブジェクト名 

METHOD_NAME 

VARCHAR2(92) 

 

競合の解決に使用された更新の競合ハンドラの名前 

RESOLUTION_COLUMN 

VARCHAR2(4000) 

 

競合の解決に使用された列の名前 

COLUMN_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

更新の競合ハンドラの列リストに含まれる列の名前 

APPLY_DATABASE_LINK 

VARCHAR2(128) 

 

変更が適用されるデータベース・リンク。NULLの場合、変更はローカル・データベースに適用される。 

関連項目:

「DBA_APPLY_CONFLICT_COLUMNS」 

ALL_APPLY_DML_HANDLERS

ALL_APPLY_DML_HANDLERSは、現行のユーザーがアクセスできる表のDMLハンドラに関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_APPLY_DML_HANDLERSは、データベースのすべての表のDMLハンドラに関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

OBJECT_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

DMLハンドラが指定されているオブジェクトの所有者 

OBJECT_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

DMLハンドラが指定されているオブジェクト名 

OPERATION_NAME 

VARCHAR2(13) 

 

DMLハンドラが使用されるDML操作名 

USER_PROCEDURE 

VARCHAR2(98) 

 

オブジェクトのOPERATION_NAME列にDML操作を含む行の論理変更レコードを処理するユーザーが指定したDMLハンドラの名前 

ERROR_HANDLER 

VARCHAR2(1) 

 

DMLハンドラで適用エラーとなる関連行の論理変更レコードのみが処理されるか(Y)、すべての関連行の論理変更レコードが処理されるか(N) 

APPLY_DATABASE_LINK 

VARCHAR2(128) 

 

変更が適用されるデータベース・リンク。NULLの場合、変更はローカル・データベースに適用される。 

APPLY_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

指定したオブジェクトの適用プロセスの名前 

ASSEMBLE_LOBS 

VARCHAR2(1) 

 

trueの場合、LOBアセンブリはハンドラが処理したLCRのLOB列で使用される。LOBアセンブリは、LCRをハンドラへ渡す前に、単一行の変更結果であるLOB列の複数LCRを1行のLCRに結合する。LOBアセンブリを使用するには、データベースの互換性が10.2.0以上である必要がある。

falseの場合、LOBアセンブリはハンドラが処理したLCRのLOB列で使用されない。 

関連項目:

「DBA_APPLY_DML_HANDLERS」 

ALL_APPLY_ENQUEUE

ALL_APPLY_ENQUEUEは、宛先キューが存在し、現行のユーザーがアクセスできる場合のルールに対するエンキューの適用アクションに関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_APPLY_ENQUEUEは、データベース内のすべてのルールに対するエンキューの適用アクションに関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

RULE_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

ルールの所有者 

RULE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

ルールの名前 

DESTINATION_QUEUE_NAME 

VARCHAR2(4000) 

 

ルールを満たすイベントがエンキューされるキューの名前 

関連項目:

「DBA_APPLY_ENQUEUE」 

ALL_APPLY_ERROR

ALL_APPLY_ERRORは、現行のユーザーがアクセスできるキューからイベントをデキューする適用プロセスにより生成されたエラー・トランザクションの情報を示します。

関連ビュー

DBA_APPLY_ERRORは、データベース内のすべての適用プロセスにより生成されたエラー・トランザクションに関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

APPLY_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

トランザクションを処理したローカル・データベースの適用プロセスの名前 

QUEUE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

トランザクションがデキューされたローカル・データベースのキューの名前 

QUEUE_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

トランザクションがデキューされたローカル・データベースのキューの所有者 

LOCAL_TRANSACTION_ID 

VARCHAR2(22) 

 

エラー・トランザクションのローカル・トランザクションID 

SOURCE_DATABASE 

VARCHAR2(128) 

 

トランザクションが開始されたデータベース 

SOURCE_TRANSACTION_ID 

VARCHAR2(22) 

 

ソース・データベース側の元のトランザクションID 

SOURCE_COMMIT_SCN 

NUMBER 

 

ソース・データベース側のトランザクションの元のコミット・システム変更番号(SCN) 

MESSAGE_NUMBER 

NUMBER 

 

エラーが発生したトランザクション内のイベントのID 

ERROR_NUMBER 

NUMBER 

 

トランザクションで発生したエラーのエラー番号 

ERROR_MESSAGE 

VARCHAR2(4000) 

 

トランザクションで発生したエラーのエラー・メッセージ 

RECIPIENT_ID 

NUMBER 

 

トランザクションを適用した元のユーザーのユーザーID 

RECIPIENT_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

トランザクションを適用した元のユーザーの名前 

MESSAGE_COUNT 

NUMBER 

 

エラー・トランザクション内のイベントの合計数 

ERROR_CREATION_TIME 

DATE 

 

エラーが作成された時刻 

関連項目:

「DBA_APPLY_ERROR」 

ALL_APPLY_EXECUTE

ALL_APPLY_EXECUTEは、現行のユーザーが参照できる実行の適用アクションに関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_APPLY_EXECUTEは、データベース内のすべてのルールの実行の適用アクションに関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

RULE_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

ルールの所有者 

RULE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

ルールの名前 

EXECUTE_EVENT 

VARCHAR2(2) 

 

ルールを満たすイベントが実行されるかどうか 

関連項目:

「DBA_APPLY_EXECUTE」 

ALL_APPLY_KEY_COLUMNS

ALL_APPLY_KEY_COLUMNSは、現行のユーザーがアクセスできる表の代替キー列に関する情報を示します。代替キー列を設定するには、DBMS_APPLY_ADMパッケージのSET_KEY_COLUMNSプロシージャを使用します。

関連ビュー

DBA_APPLY_KEY_COLUMNSは、データベース内のすべての表の代替キー列に関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

OBJECT_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

代替キー列が設定されているオブジェクトの所有者 

OBJECT_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

代替キー列が設定されているオブジェクト名 

COLUMN_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

代替キー列として指定されている列の列名 

APPLY_DATABASE_LINK 

VARCHAR2(128) 

 

変更が適用されるデータベース・リンク。NULLの場合、変更はローカル・データベースに適用される。 

関連項目:

「DBA_APPLY_KEY_COLUMNS」 

ALL_APPLY_PARAMETERS

ALL_APPLY_PARAMETERSは、現行のユーザーがアクセスできるキューからイベントをデキューする適用プロセスのパラメータに関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_APPLY_PARAMETERSは、データベース内のすべての適用プロセスのパラメータに関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

APPLY_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

適用プロセス名 

PARAMETER 

VARCHAR2(128) 

NOT NULL 

パラメータ名 

VALUE 

VARCHAR2(4000) 

 

パラメータ値 

SET_BY_USER 

VARCHAR2(3) 

 

パラメータ値がユーザーによって設定されたのか(YES)、ユーザーによって設定されていないのか(NO)。NOの場合、パラメータはデフォルト値に設定される。YESの場合、パラメータはデフォルト値または他の値に設定できる。 

関連項目:

「DBA_APPLY_PARAMETERS」 

ALL_APPLY_PROGRESS

ALL_APPLY_PROGRESSは、現行のユーザーがアクセスできるキューからイベントをデキューする適用プロセスによる進捗情報を示します。このビューには、取得されたイベントに関する情報のみが含まれます。ユーザーによりエンキューされたイベントに関する情報は含まれません。

関連ビュー

DBA_APPLY_PROGRESSは、データベース内のすべての適用プロセスによる進捗情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

APPLY_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

適用プロセス名 

SOURCE_DATABASE 

VARCHAR2(128) 

NOT NULL 

適用プロセスによって適用された変更のソース・データベースのグローバル名 

APPLIED_MESSAGE_NUMBER 

NUMBER 

NOT NULL 

すべてのトランザクションが限定的に適用された最後のメッセージ番号。この値は、適用プロセスの最低水位標である。つまり、このメッセージ番号以下のコミット・メッセージ番号を持つメッセージは限定的に適用されているが、これより大きいコミット・メッセージ番号を持つ一部のメッセージも適用されている場合がある。 

OLDEST_MESSAGE_NUMBER 

NUMBER 

NOT NULL 

現在デキューされ適用されているトランザクションの最も早いメッセージ番号 

APPLY_TIME 

DATE 

 

APPLIED_MESSAGE_NUMBER列に表示されたメッセージ番号を持つメッセージが適用された時刻 

APPLIED_MESSAGE_CREATE_TIME 

DATE 

 

APPLIED_MESSAGE_NUMBER列に表示されたメッセージ番号を持つメッセージのソース・データベース内での作成時刻 

OLDEST_TRANSACTION_ID 

VARCHAR2(22) 

 

最も古い対象トランザクションID。長時間実行または大きなトランザクションの検出に有効。 

関連項目:

「DBA_APPLY_PROGRESS」 

ALL_APPLY_TABLE_COLUMNS

ALL_APPLY_TABLE_COLUMNSは、現行のユーザーがアクセスできる表の宛先表のオブジェクト列に関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_APPLY_TABLE_COLUMNSは、データベース内のすべての表の宛先表のオブジェクト列に関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

OBJECT_OWNER 

VARCHAR2(30) 

 

表の所有者 

OBJECT_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

表の名前 

COLUMN_NAME 

VARCHAR2(4000) 

 

列の名前 

COMPARE_OLD_ON_DELETE 

VARCHAR2(3) 

 

削除時に列の古い値を比較するかどうか(YES | NO) 

COMPARE_OLD_ON_UPDATE 

VARCHAR2(3) 

 

更新時に列の古い値を比較するかどうか(YES | NO) 

APPLY_DATABASE_LINK 

VARCHAR2(128) 

 

リモート表の場合はリモート・データベースを指すデータベース・リンクの名前 

関連項目:

「DBA_APPLY_TABLE_COLUMNS」 

ALL_ARGUMENTS

ALL_ARGUMENTSは、現行のユーザーがアクセスできるプロシージャおよびファンクション内の引数を示します。

関連ビュー

USER_ARGUMENTSは、現行のユーザーが所有するプロシージャおよびファンクション内の引数を示します。このビューは、OWNER列を表示しません。

  データ型  NULL  説明 

OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL  

オブジェクトの所有者 

OBJECT_NAME  

VARCHAR2(30) 

 

プロシージャまたはファンクション名 

PACKAGE_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

パッケージ名 

OBJECT_ID  

NUMBER 

NOT NULL  

オブジェクトのオブジェクト番号 

OVERLOAD 

VARCHAR2(40) 

 

ソース内でn番目に発生したオーバーロードを表す。あるいはNULL。 

ARGUMENT_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

引数がスカラー型の場合、引数名はこの引数の名前。引数名がnullの場合、ファンクションの戻り値を示すために使用される。ファンクションの戻り値または引数がコンポジット型の場合、このビューはコンポジット型の各属性に対して1つの行を持つ。属性がコンポジットの場合は、再帰展開される。

ARGUMENT_NAMEPOSITIONSEQUENCEおよびDATA_LEVELの意味は相互の値によって異なる。全体で、タプルとしてフラット化ツリーのノードを表す。

ARGUMENT_NAMEは、次のいずれかを示す。

  • 戻り型: ARGUMENT_NAMEがnullで、かつDATA_LEVEL = 0の場合

  • 引数リストに表示される引数: ARGUMENT_NAMEがnullでなく、かつDATA_LEVEL = 0の場合

  • コンポジット型の属性名: ARGUMENT_NAMEがnullでなく、かつDATA_LEVEL > 0である場合

  • コレクション要素型: ARGUMENT_NAMEがnullで、かつDATA_LEVEL > 0である場合

 

POSITION 

NUMBER 

NOT NULL  

DATA_LEVELが0の場合、この列には引数リストにあるこの項目の位置が保持され、またはファンクションの戻り値には0が保持される。

DATA_LEVELが0より大きい場合、この列には、同じDATA_LEVELでその兄弟についてのこの項目の位置が保持される。このため、参照レコード・フィールドの場合はレコード内のフィールドの索引である。参照コレクション要素の場合は1(コレクション要素が兄弟関係でないため)。 

SEQUENCE 

NUMBER 

NOT NULL  

引数およびその属性のシーケンシャルな順序の定義。引数の順序は1から開始する。最初に戻り型およびその再帰展開(木の先行順巡回)属性が、次にその再帰展開(木の先行順巡回)属性を持つ各引数が続く。 

DATA_LEVEL 

NUMBER 

NOT NULL  

コンポジット型の引数のネストの深さ 

DATA_TYPE 

VARCHAR2(30) 

 

引数のデータ型 

DEFAULT_VALUE 

LONG 

 

将来、使用するために確保される 

DEFAULT_LENGTH 

NUMBER 

 

将来、使用するために確保される 

IN_OUT 

VARCHAR2(9) 

 

引数の方向:

  • IN

  • OUT

  • IN/OUT

 

DATA_LENGTH 

NUMBER 

 

列の長さ(バイト) 

DATA_PRECISION 

NUMBER 

 

10進数(NUMBER)または2進数(FLOAT)の長さ 

DATA_SCALE 

NUMBER 

 

数値の小数点以下の桁 

RADIX  

NUMBER 

 

数値の引数基数 

CHARACTER_SET_NAME 

VARCHAR2(44) 

 

引数のキャラクタ・セット名 

TYPE_OWNER 

VARCHAR2(30) 

 

引数の型の所有者 

TYPE_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

引数の型名。パッケージ・ローカルな型(パッケージ仕様部で宣言された型)の場合、この列はパッケージ名を表示する。 

TYPE_SUBNAME 

VARCHAR2(30) 

 

パッケージ・ローカルな型の場合のみ関連する。TYPE_NAME列で識別されるパッケージ内で宣言された型名が表示される。 

TYPE_LINK 

VARCHAR2(128) 

 

TYPE_NAME列で識別されるパッケージがリモート・パッケージの場合、パッケージ・ローカルな型のみに関連する。この列は、リモート・パッケージの参照に使用されるデータベース・リンクを表示する。 

PLS_TYPE 

VARCHAR2(30) 

 

引数が数値の場合、引数のPL/SQLタイプの名前。そうでない場合、NULL。 

CHAR_LENGTH 

NUMBER 

 

文字列データ型の文字制限 

CHAR_USED 

VARCHAR2(1) 

 

バイトの制限(B)または文字制限(C)のどちらが文字列の正式な制限か 

関連項目:

「USER_ARGUMENTS」 

ALL_ASSOCIATIONS

ALL_ASSOCIATIONSは、現行のユーザーがアクセスできるオブジェクトに対応付けられたユーザー定義の統計情報を示します。

関連ビュー

ALL_AUDIT_POLICIES

ALL_AUDIT_POLICIESは、現行のユーザーがアクセスできる表とビューに対するファイングレイン監査ポリシーを示します。

関連ビュー

ALL_AUDIT_POLICY_COLUMNS

ALL_AUDIT_POLICY_COLUMNSは、現行のユーザーがアクセスできる表とビューに対するファイングレイン監査ポリシー列を示します。

関連ビュー

ALL_AW_PS

ALL_AW_PSは、現行のユーザーがアクセスできる分析作業領域内のページ領域を示します。

関連ビュー

ALL_AWS

ALL_AWSは、現行のユーザーがアクセスできる分析作業領域を示します。

関連ビュー

ALL_BASE_TABLE_MVIEWS

ALL_BASE_TABLE_MVIEWSは、現行のユーザーがアクセスできるマテリアライズド・ビュー・ログを使用して、マテリアライズド・ビューを示します。マテリアライズド・ビュー・ログは、マスター、実表またはマスター・マテリアライズド・ビューに対して作成できます。マテリアライズド・ビュー・ログを使用して、1つのマテリアライズド・ビューごとに1行で表示するには、マスター・サイトまたはマスター・マテリアライズド・ビュー・サイトでこのビューを問い合せます。

関連ビュー

ALL_CAPTURE

ALL_CAPTUREは、取得した変更を現行のユーザーがアクセスできるキューにエンキューする取得プロセスの情報を示します。

関連ビュー

DBA_CAPTUREは、データベース内のすべての取得プロセスに関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

CAPTURE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

取得プロセス名 

QUEUE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

取得された変更のステージングに使用されるキューの名前 

QUEUE_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

取得された変更のステージングに使用されるキューの所有者 

RULE_SET_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

取得プロセスでフィルタ処理に使用される正のルール・セットの名前 

RULE_SET_OWNER 

VARCHAR2(30) 

 

正のルール・セットの所有者 

CAPTURE_USER 

VARCHAR2(30) 

 

取得したメッセージをエンキューする現行のユーザー 

START_SCN 

NUMBER 

 

取得プロセスにより変更の取得が開始されるシステム変更番号(SCN) 

STATUS 

VARCHAR2(8) 

 

取得プロセスのステータス:

  • DISABLED

  • ENABLED

  • ABORTED

 

CAPTURED_SCN 

NUMBER 

 

前回スキャンされたREDOログ・レコードのシステム変更番号(SCN) 

APPLIED_SCN 

NUMBER 

 

関連適用プロセスによりデキューされた最新メッセージのシステム変更番号(SCN)。このSCNより小さい番号を持つすべての変更は、この取得プロセスにより取得された変更を適用するすべての適用プロセスによりデキューされる。 

USE_DATABASE_LINK 

VARCHAR2(3) 

 

ソース・データベース名が、ダウンストリーム・データベースからソース・データベースに接続するためのデータベース・リンクとして使用されるかどうか(YES | NO)。取得プロセスがソース・データベースで作成された場合、この列はNULL。 

FIRST_SCN 

NUMBER 

 

取得プロセスが再開されるシステム変更番号(SCN) 

SOURCE_DATABASE 

VARCHAR2(128) 

 

ソース・データベースのグローバル名 

SOURCE_DBID 

NUMBER 

 

ソース・データベースのデータベースID 

SOURCE_RESETLOGS_SCN 

NUMBER 

 

ソース・データベースのリセットログのシステム変更番号(SCN) 

SOURCE_RESETLOGS_TIME 

NUMBER 

 

ソース・データベースのリセットログ時刻 

LOGMINER_ID 

NUMBER 

 

取得プロセスに関連付けられたLogMinerセッションのセッションID 

NEGATIVE_RULE_SET_NAME 

VARCHAR2(30) 

 

取得プロセスでフィルタ処理に使用されるルール・セットの名前 

NEGATIVE_RULE_SET_OWNER 

VARCHAR2(30) 

 

取得プロセスでフィルタ処理に使用される負のルール・セットの所有者 

MAX_CHECKPOINT_SCN 

NUMBER 

 

取得プロセスにより前回のチェックポイントが取得されたシステム変更番号(SCN) 

REQUIRED_CHECKPOINT_SCN 

NUMBER 

 

取得プロセスがREDO情報を必要とする最も低いチェックポイントSCN 

LOGFILE_ASSIGNMENT 

VARCHAR2(8) 

 

取得プロセスのログ・ファイルの割当てタイプ:

  • IMPLICIT

  • EXPLICIT

 

STATUS_CHANGE_TIME 

DATE 

 

取得プロセスのSTATUSが変更された時刻 

ERROR_NUMBER 

NUMBER 

 

取得プロセスが異常終了した場合のエラー番号 

ERROR_MESSAGE 

VARCHAR2(4000) 

 

取得プロセスが異常終了した場合のエラー・メッセージ 

VERSION 

VARCHAR2(64) 

 

取得プロセスのバージョン番号 

CAPTURE_TYPE 

VARCHAR2(10) 

 

取得プロセスのタイプ

  • DOWNSTREAM

  • LOCAL

 

LAST_ENQUEUED_SCN 

NUMBER 

 

最後にエンキューされたシステム変更番号(SCN) 

CHECKPOINT_RETENTION_TIME 

NUMBER 

 

チェックポイント保存時間。取得プロセスのチェックポイント保存時間がINFINITEに設定されている場合、この列に表示される値は4294967295。 

関連項目:

「DBA_CAPTURE」 

ALL_CAPTURE_EXTRA_ATTRIBUTES

ALL_CAPTURE_EXTRA_ATTRIBUTESは、現行のユーザーがアクセスできる取得プロセスの追加属性に関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_CAPTURE_EXTRA_ATTRIBUTESは、データベース内のすべての取得プロセスの追加属性に関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

CAPTURE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

取得プロセス名 

ATTRIBUTE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

追加属性の名前 

INCLUDE 

VARCHAR2(3) 

 

追加属性が含まれているかどうか(YES | NO) 

ROW_ATTRIBUTE 

VARCHAR2(3) 

 

追加属性が行LCR属性であるかどうか(YES | NO) 

DDL_ATTRIBUTE 

VARCHAR2(3) 

 

追加属性がDDL LCR属性であるかどうか(YES | NO) 

関連項目:

「DBA_CAPTURE_EXTRA_ATTRIBUTES」 

ALL_CAPTURE_PARAMETERS

ALL_CAPTURE_PARAMETERSは、取得した変更を現行のユーザーがアクセスできるキューにエンキューする取得プロセスのパラメータに関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_CAPTURE_PARAMETERSは、データベース内のすべての取得プロセスのパラメータに関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

CAPTURE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

取得プロセス名 

PARAMETER 

VARCHAR2(128) 

NOT NULL 

パラメータ名 

VALUE 

VARCHAR2(4000) 

 

パラメータ値 

SET_BY_USER 

VARCHAR2(3) 

 

パラメータ値がユーザーによって設定されたのか(YES)、ユーザーによって設定されていないのか(NO)。NOの場合、パラメータはデフォルト値に設定される。YESの場合、パラメータはデフォルト値または他の値に設定できる。 

関連項目:

「DBA_CAPTURE_PARAMETERS」 

ALL_CAPTURE_PREPARED_DATABASE

ALL_CAPTURE_PREPARED_DATABASEは、ローカル・データベースのインスタンス化の準備が完了した時点に関する情報を示します。ローカル・データベースがインスタンス化用に準備されていない場合、このビューに行は表示されません。

関連ビュー

DBA_CAPTURE_PREPARED_DATABASEは、ローカル・データベースのインスタンス化の準備が完了した時点に関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

TIMESTAMP 

DATE 

 

ローカル・データベースのインスタンス化が可能な状態となった日時 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_PK 

VARCHAR2(8) 

 

データベースレベルの主キー列のサプリメンタル・ロギングの状態 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_UI 

VARCHAR2(8) 

 

データベースレベルの一意索引列のサプリメンタル・ロギングの状態 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_FK 

VARCHAR2(8) 

 

データベースレベルの外部キー列のサプリメンタル・ロギングの状態 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_ALL 

VARCHAR2(8) 

 

データベースレベルのすべての列のサプリメンタル・ロギングの状態 

関連項目:

  • 「DBA_CAPTURE_PREPARED_DATABASE」

  • このビューのサプリメンタル・ロギング列に考えられる値の詳細は、『Oracle Streamsレプリケーション管理者ガイド』を参照してください。

 

ALL_CAPTURE_PREPARED_SCHEMAS

ALL_CAPTURE_PREPARED_SCHEMASは、ローカル・データベースで現行のユーザーがアクセスでき、インスタンス化の準備が完了しているスキーマに関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_CAPTURE_PREPARED_SCHEMASは、ローカル・データベースでインスタンス化の準備が完了しているすべてのスキーマに関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

SCHEMA_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

インスタンス化が可能な状態のスキーマの名前 

TIMESTAMP 

DATE 

 

スキーマのインスタンス化が可能な状態となった日時 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_PK 

VARCHAR2(8) 

 

スキーマレベルの主キー列のサプリメンタル・ロギングの状態 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_UI 

VARCHAR2(8) 

 

スキーマレベルの一意索引列のサプリメンタル・ロギングの状態 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_FK 

VARCHAR2(8) 

 

スキーマレベルの外部キー列のサプリメンタル・ロギングの状態 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_ALL 

VARCHAR2(8) 

 

スキーマレベルのすべての列のサプリメンタル・ロギングの状態 

関連項目:

  • 「DBA_CAPTURE_PREPARED_SCHEMAS」

  • このビューのサプリメンタル・ロギング列に考えられる値の詳細は、『Oracle Streamsレプリケーション管理者ガイド』を参照してください。

 

ALL_CAPTURE_PREPARED_TABLES

ALL_CAPTURE_PREPARED_TABLESは、ローカル・データベースで現行のユーザーがアクセスでき、インスタンス化の準備が完了している表に関する情報を示します。

関連ビュー

DBA_CAPTURE_PREPARED_TABLESは、ローカル・データベースでインスタンス化の準備が完了しているすべての表に関する情報を示します。

  データ型  NULL  説明 

TABLE_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

インスタンス化が可能な状態となった表の所有者 

TABLE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

インスタンス化が可能な状態となった表の名前 

SCN 

NUMBER 

NOT NULL 

表をインスタンス化できる最小のシステム変更番号(SCN) 

TIMESTAMP 

DATE 

 

表のインスタンス化が可能な状態となった日時 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_PK 

VARCHAR2(8) 

 

表レベルの主キー列のサプリメンタル・ロギングの状態 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_UI 

VARCHAR2(8) 

 

表レベルの一意索引列のサプリメンタル・ロギングの状態 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_FK 

VARCHAR2(8) 

 

表レベルの外部キー列のサプリメンタル・ロギングの状態 

SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_ALL 

VARCHAR2(8) 

 

表レベルのすべての列のサプリメンタル・ロギングの状態 

関連項目:

  • 「DBA_CAPTURE_PREPARED_TABLES」

  • このビューのサプリメンタル・ロギング列に考えられる値の詳細は、『Oracle Streamsレプリケーション管理者ガイド』を参照してください。

 

ALL_CATALOG

ALL_CATALOGは、現行のユーザーがアクセスできるすべての索引、表、クラスタ、ビュー、シノニムおよび順序を示します。

関連ビュー

ALL_CLUSTER_HASH_EXPRESSIONS

ALL_CLUSTER_HASH_EXPRESSIONSは、現行のユーザーがアクセスできるすべてのハッシュ・クラスタに対するハッシュ関数を示します。

関連ビュー

ALL_CLUSTERS

ALL_CLUSTERSは、現行のユーザーがアクセスできるすべてのクラスタを示します。

関連ビュー

ALL_COL_COMMENTS

ALL_COL_COMMENTSは、現行のユーザーがアクセスできる表およびビューの列についてのコメントを示します。

関連ビュー

ALL_COL_PRIVS

ALL_COL_PRIVSは、次のタイプの権限付与を示します。

関連ビュー

ALL_COL_PRIVS_MADE

ALL_COL_PRIVS_MADEは、現行のユーザーがオブジェクト所有者または権限付与者である列オブジェクトの権限付与を示します。

関連ビュー

USER_COL_PRIVS_MADEは、現行のユーザーがオブジェクト所有者である列オブジェクトの権限付与を示します。このビューは、OWNER列を表示しません。

  データ型  NULL  説明 

GRANTEE 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

アクセス権を付与されたユーザー名 

OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

オブジェクトの所有者 

TABLE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

オブジェクト名 

COLUMN_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

列の名前 

GRANTOR 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

権限付与を実行したユーザー名 

PRIVILEGE 

VARCHAR2(40) 

NOT NULL 

列についての権限 

GRANTABLE 

VARCHAR2(3) 

 

権限がGRANT OPTION付きで付与された(YES)かされていない(NO)か 

関連項目:

「USER_COL_PRIVS_MADE」 

ALL_COL_PRIVS_RECD

ALL_COL_PRIVS_RECDは、次のタイプの権限付与を示します。

関連ビュー

USER_COL_PRIVS_RECDは、現行のユーザーが権限受領者である列オブジェクトの権限付与を示します。このビューは、GRANTEE列を表示しません。

  データ型  NULL  説明 

GRANTEE 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

アクセス権を付与されたユーザー名 

OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NUL 

オブジェクトの所有者 

TABLE_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

オブジェクト名 

COLUMN_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

列の名前 

GRANTOR 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

権限付与を実行したユーザー名 

PRIVILEGE 

VARCHAR2(40) 

NOT NULL 

列についての権限 

GRANTABLE 

VARCHAR2(3) 

 

権限がGRANT OPTION付きで付与された(YES)かされていない(NO)か 

関連項目:

「USER_COL_PRIVS_RECD」 

ALL_COLL_TYPES

ALL_COLL_TYPESは、現行のユーザーがアクセスできる名前付きのコレクション型(VARRAYおよびネストした表)の名前をすべて示します。

関連ビュー

ALL_CONS_COLUMNS

ALL_CONS_COLUMNSは、現行のユーザーがアクセスでき、また制約に指定されている列を示します。

関連ビュー

ALL_CONS_OBJ_COLUMNS

ALL_CONS_OBJ_COLUMNSは、現行のユーザーがアクセスできる表にあるオブジェクト列(または属性)またはコレクション要素が制約を受ける型に関する情報を示します。

関連ビュー

ALL_CONSTRAINTS

ALL_CONSTRAINTSは、現行のユーザーがアクセスできる表の制約定義を示します。

関連ビュー

ALL_CONTEXT

ALL_CONTEXTは、属性および値がDBMS_SESSION.SET_CONTEXTプロシージャを使用して指定される、カレント・セッション内のコンテキスト・ネームスペースをすべて示します。このビューは、 TYPE列を表示しません。

関連ビュー

DBA_CONTEXTは、DBMS_SESSION.SET_CONTEXTプロシージャを使用して属性が指定されているかどうかにかかわらず、データベースに定義されているコンテキスト・ネームスペースをすべて示します。

  データ型  NULL  説明 

NAMESPACE 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

コンテキスト・ネームスペースの名前 

SCHEMA 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

このネームスペースを使用して属性を設定できる指定されたパッケージのスキーマ名 

PACKAGE 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

このネームスペースを使用して属性を設定できる指定されたパッケージのパッケージ名 

TYPE 

VARCHAR2(22) 

 

コンテキストのタイプ:

  • ACCESSED LOCALLY

  • INITIALIZED EXTERNALLY

  • ACCESSED GLOBALLY

  • INITIALIZED GLOBALLY

 

ALL_DB_LINKS

ALL_DB_LINKSは、現行のユーザーがアクセスできるデータベース・リンクを示します。

関連ビュー

ALL_DEF_AUDIT_OPTS

ALL_DEF_AUDIT_OPTSは、オブジェクトが作成されるときに適用されるデフォルトのオブジェクト監査オプションを含みます。各列の出力形式は、次のいずれかです。

ALL_DEPENDENCIES

ALL_DEPENDENCIESは、データベース・リンクを使用しないで作成されたビューの依存性を含め、現行のユーザーがアクセスできるプロシージャ、パッケージ、ファンクション、パッケージ本体およびトリガー間の依存性を示します。このビューは、SCHEMAID列を表示しません。

関連ビュー

ALL_DEQUEUE_QUEUES

ALL_DEQUEUE_QUEUESは、現行のユーザーがアクセスできるキューをすべて示します。

  データ型  NULL  説明 

OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

キューの所有者 

NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

キューの名前 

QUEUE_TABLE 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

キュー・データがある表の名前 

QID 

NUMBER 

NOT NULL 

キューのオブジェクト番号 

QUEUE_TYPE 

VARCHAR2(20) 

 

キューのタイプ 

MAX_RETRIES 

NUMBER 

 

キューからデキューする場合の再試行の最大数 

RETRY_DELAY 

NUMBER 

 

再試行間の時間間隔 

ENQUEUE_ENABLED 

VARCHAR2(7) 

 

エンキューに使用可能なキュー 

DEQUEUE_ENABLED 

VARCHAR2(7) 

 

デキューに使用可能なキュー 

RETENTION 

VARCHAR2(40) 

 

キューに保持されるメッセージを処理する時間間隔 

USER_COMMENT 

VARCHAR2(50) 

 

ユーザー指定のコメント 

NETWORK_NAME 

VARCHAR2(64) 

 

ネットワーク名 

ALL_DIM_ATTRIBUTES

ALL_DIM_ATTRIBUTESは、ディメンション・レベルと機能的に依存している列との関係を示します。レベル列および依存列は同じ表内にある必要があります。

関連ビュー

ALL_DIM_CHILD_OF

ALL_DIM_CHILD_OFは、現行のユーザーがアクセスできるディメンション内のレベルの組合せの1nの階層関係を示します。

関連ビュー

ALL_DIM_HIERARCHIES

ALL_DIM_HIERARCHIESは、現行のユーザーがアクセスできるディメンション階層を示します。

関連ビュー

ALL_DIM_JOIN_KEY

ALL_DIM_JOIN_KEYは、現行のユーザーがアクセスできる2つのディメンション表の結合を示します。結合は、常に、親ディメンション・レベル列と子列の間で指定されています。

関連ビュー

ALL_DIM_LEVEL_KEY

ALL_DIM_LEVEL_KEYは、現行のユーザーがアクセスできるディメンション・レベルの列を示します。レベル内の列の位置は、KEY_POSITIONで指定します。

関連ビュー

ALL_DIM_LEVELS

ALL_DIM_LEVELSは、現行のユーザーがアクセスできるディメンション・レベルを示します。すべてのディメンション・レベルの列は、同じリレーションから取り出す必要があります。

関連ビュー

ALL_DIMENSIONS

ALL_DIMENSIONSは、現行のユーザーがアクセスできるディメンション・オブジェクトを示します。

関連ビュー

ALL_DIRECTORIES

ALL_DIRECTORIESは、現行のユーザーがアクセスできる、ディレクトリをすべて示します。

関連ビュー

DBA_DIRECTORIESは、データベース内のディレクトリをすべて示します。

  データ型  NULL  説明 

OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

ディレクトリの所有者(常にSYS) 

DIRECTORY_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

ディレクトリ名 

DIRECTORY_PATH 

VARCHAR2(4000) 

 

ディレクトリのオペレーティング・システム・パス名 

ALL_ENCRYPTED_COLUMNS

ALL_ENCRYPTED_COLUMNSには、ユーザーが利用できるすべての表にあるすべての暗号化列の暗号化アルゴリズム情報が保持されています。

関連ビュー

ALL_ERRORS

ALL_ERRORSは、現行のユーザーがアクセスできるすべてのストアド・オブジェクト(ビュー、プロシージャ、ファンクション、パッケージおよびパッケージ本体)でのカレント・エラーを示します。

関連ビュー

ALL_EVALUATION_CONTEXT_TABLES

ALL_EVALUATION_CONTEXT_TABLESは、現行のユーザーがアクセスできる、ルール評価コンテキスト内の表を示します。

関連ビュー

ALL_EVALUATION_CONTEXT_VARS

ALL_EVALUATION_CONTEXT_VARSは、現行のユーザーがアクセスできる、ルール評価コンテキスト内の変数を示します。

関連ビュー

ALL_EVALUATION_CONTEXTS

ALL_EVALUATION_CONTEXTSは、現行のユーザーがアクセスできるルール評価コンテキストを示します。

関連ビュー

ALL_EXTERNAL_LOCATIONS

ALL_EXTERNAL_LOCATIONSは、現行のユーザーがアクセスできる外部表の位置(データ・ソース)を示します。

関連ビュー

ALL_EXTERNAL_TABLES

ALL_EXTERNAL_TABLESは、現行のユーザーがアクセスできる外部表を示します。

関連ビュー

ALL_FILE_GROUP_EXPORT_INFO

ALL_FILE_GROUP_EXPORT_INFOは、現行のユーザーがアクセスできる各バージョンのエクスポート関連情報を示します。このビューには、有効なData Pumpダンプ・ファイルをサポートするバージョンの情報があるのみです。

関連ビュー

ALL_FILE_GROUP_FILES

ALL_FILE_GROUP_FILESは、現行のユーザーがアクセスできる各バージョンのファイル・グループのファイル・セットを示します。

関連ビュー

ALL_FILE_GROUP_TABLES

ALL_FILE_GROUP_TABLESは、ファイル・セットを使用してインポートできる現行のユーザーにアクセス可能な表に関する情報を示します。

関連ビュー

ALL_FILE_GROUP_TABLESPACES

ALL_FILE_GROUP_TABLESPACESは、現行のユーザーがアクセス可能なファイル・グループに存在するトランスポータブル表領域(部分的あるいは全体的に)の情報を示します(ファイル・グループにダンプ・ファイルが含まれる場合)。

関連ビュー

ALL_FILE_GROUP_VERSIONS

ALL_FILE_GROUP_VERSIONSは、現行のユーザーがアクセスできるファイル・グループのトップレベルのバージョン情報を示します。

関連ビュー

ALL_FILE_GROUPS

ALL_FILE_GROUPSは、現行のユーザーがアクセスできるファイル・グループのトップレベルのメタデータを示します。

関連ビュー

ALL_IND_COLUMNS

ALL_IND_COLUMNSは、現行のユーザーがアクセスできるすべての表上の索引の列をすべて示します。


注意:

結合索引の場合、このビューのTABLE_NAME列およびTABLE_OWNER列は、*_INDEXES(などの類似した)データ・ディクショナリ・ビューにあるTABLE_NAME列およびTABLE_OWNER列と一致しない場合があります。 


関連ビュー

ALL_IND_EXPRESSIONS

ALL_IND_EXPRESSIONSは、現行のユーザーがアクセスできる表のファンクション索引の式を示します。

関連ビュー

ALL_IND_PARTITIONS

ALL_IND_PARTITIONSは、現行のユーザーが所有する各索引パーティションについて、パーティション・レベル・パーティション化情報、パーティションの記憶域パラメータ、ANALYZE文によって収集された様々なパーティション統計情報を示します。

関連ビュー

ALL_IND_STATISTICS

ALL_IND_STATISTICSは、現行のユーザーがアクセスできる表の索引についてのオプティマイザ統計情報を示します。

関連ビュー

ALL_IND_SUBPARTITIONS

ALL_IND_SUBPARTITIONSは、現行のユーザーがアクセスできる各索引サブパーティションについて、パーティション・レベル・パーティション化情報、サブパーティションの記憶域パラメータ、およびANALYZE文によって収集された様々なパーティション統計情報を示します。

関連ビュー

ALL_INDEXES

ALL_INDEXESは、現行のユーザーがアクセスできる表の索引を示します。このビューおよび関連ビューDBA_INDEXESおよびUSER_INDEXESの統計情報を収集するには、SQL文のANALYZEを使用します。

関連ビュー

ALL_INDEXTYPE_ARRAYTYPES

ALL_INDEXTYPE_ARRAYTYPESは、現行のユーザーがアクセスできる索引タイプで指定された配列タイプに関する情報を示します。

関連ビュー

ALL_INDEXTYPE_COMMENTS

ALL_INDEXTYPE_COMMENTSは、現行のユーザーがアクセスできるユーザー定義の索引タイプに関するコメントを示します。

関連ビュー

ALL_INDEXTYPE_OPERATORS

ALL_INDEXTYPE_OPERATORSは、現行のユーザーがアクセスできる索引タイプでサポートされている演算子をすべて示します。

関連ビュー

ALL_INDEXTYPES

ALL_INDEXTYPESは、現行のユーザーがアクセスできる索引タイプに関する情報を示します。

関連ビュー

ALL_INTERNAL_TRIGGERS

ALL_INTERNAL_TRIGGERSは、現行のユーザーがアクセスできる表の内部トリガーを示します。内部トリガーは、特定のフラグが表に設定されている場合に実行されるコードの内部ピースです。このビューは、OWNER_NAME列を表示しません。

関連ビュー

ALL_JAVA_ARGUMENTS

ALL_JAVA_ARGUMENTSは、現行のユーザーがアクセスできるストアドJavaクラスに関する引数情報を示します。

関連ビュー

ALL_JAVA_CLASSES

ALL_JAVA_CLASSESは、現行のユーザーがアクセスできるストアドJavaクラスに関するクラス・レベル情報を示します。

関連ビュー

ALL_JAVA_DERIVATIONS

ALL_JAVA_DERIVATIONSは、Javaソース・オブジェクト、導出されるJavaクラス・オブジェクトおよび現行のユーザーがアクセスできるJavaクラスのJavaリソース・オブジェクトに関するマッピング情報を示します。

関連ビュー

ALL_JAVA_FIELDS

ALL_JAVA_FIELDSは、現行のユーザーがアクセスできるストアドJavaクラスのフィールド情報を示します。

関連ビュー

ALL_JAVA_IMPLEMENTS

ALL_JAVA_IMPLEMENTSは、現行のユーザーがアクセスできるストアドJavaクラスで実装されるインタフェースを示します。

関連ビュー

ALL_JAVA_INNERS

ALL_JAVA_INNERSは、現行のユーザーがアクセスできるストアドJavaクラスが参照するインナー・クラスの情報を示します。

関連ビュー

ALL_JAVA_LAYOUTS

ALL_JAVA_LAYOUTSは、現行のユーザーがアクセスできるストアドJavaクラスに関するクラス・レイアウト情報を示します。

関連ビュー

ALL_JAVA_METHODS

ALL_JAVA_METHODSは、現行のユーザーがアクセスできるストアドJavaクラスのメソッド情報を示します。

関連ビュー

ALL_JAVA_NCOMPS

ALL_JAVA_NCOMPSは、現行のユーザーがアクセスできるJavaクラスのncomp関連情報を示します。

関連ビュー

ALL_JAVA_RESOLVERS

ALL_JAVA_RESOLVERSは、現行のユーザーがアクセスできるJavaクラスのリゾルバ情報を示します。

関連ビュー

ALL_JAVA_THROWS

ALL_JAVA_THROWSは、現行のユーザーがアクセスできるJavaクラスのメソッドからスローされた例外に関する情報を示します。

関連ビュー

ALL_JOBS

ALL_JOBSは、現行のユーザーがアクセスできるデータベース内のジョブをすべて示します。

関連項目:

『Oracle Database管理者ガイド』 

関連ビュー

ALL_JOIN_IND_COLUMNS

ALL_JOIN_IND_COLUMNSは、ユーザーがアクセスできるビットマップ結合索引の結合条件を示します。ビットマップ結合索引は、関連する親表の列を含む索引キーを持つ、子表に作成された索引です。ここでは、すべての表が結合条件に基づいて接続されています。結合条件ごとに1行で表示されます。

関連ビュー

ALL_LIBRARIES

ALL_LIBRARIESは、現行のユーザーがアクセスできるライブラリをすべて示します。

関連ビュー

ALL_LOB_PARTITIONS

ALL_LOB_PARTITIONSは、現行のユーザーがアクセスできる表に設定されているLOBパーティションを示します。

関連ビュー

ALL_LOB_SUBPARTITIONS

ALL_LOB_SUBPARTITIONSは、現行のユーザーがアクセスできるLOBデータ・サブパーティションのパーティション・レベルの属性を示します。

関連ビュー

ALL_LOB_TEMPLATES

ALL_LOB_TEMPLATESは、現行のユーザーがアクセスできるLOBサブパーティション・テンプレートを示します。

関連ビュー

ALL_LOBS

ALL_LOBSは、現行のユーザーがアクセスできる表に設定されているラージ・オブジェクト(LOB)を示します。LOBには、バイナリ・ラージ・オブジェクト(BLOB)およびキャラクタ・ラージ・オブジェクト(CLOB)があります。バイナリ・ファイル(BFILE)はデータベース外に格納されるため、このビューまたは関連ビューでは表示されません。

関連ビュー

ALL_LOG_GROUP_COLUMNS

ALL_LOG_GROUP_COLUMNSは、現行のユーザーがアクセスでき、ログ・グループに指定されている列を示します。

関連ビュー

ALL_LOG_GROUPS

ALL_LOG_GROUPSは、現行のユーザーがアクセスできる表のログ・グループ定義を示します。

関連ビュー

ALL_METHOD_PARAMS

ALL_METHOD_PARAMSは、現行のユーザーがアクセスできるオブジェクト型のメソッド・パラメータを示します。

関連ビュー

ALL_METHOD_RESULTS

ALL_METHOD_RESULTSは、現行のユーザーがアクセスできるオブジェクト型のメソッドの結果を示します。

関連ビュー

ALL_MVIEW_AGGREGATES

ALL_MVIEW_AGGREGATESは、現行のユーザーがアクセスできる集計マテリアライズド・ビューのSELECT構文のリストに表示されるグループ関数(集計処理)を示します。

関連ビュー

3つのビューすべては、リモート表を参照するマテリアライズド・ビュー、およびSYSDATEUSERのような非静的な値の参照を含むマテリアライズド・ビューを除外します。また、これらのビューは、Oracle8iより前にスナップショットとして作成され、クエリー・リライトを使用できるように変更されていないマテリアライズド・ビューも除外します。

  データ型  NULL  説明 

OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

マテリアライズド・ビューの所有者 

MVIEW_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

マテリアライズド・ビューの名前 

POSITION_IN_SELECT 

NUMBER 

NOT NULL 

SELECT構文のリスト内のこの集計操作の順序を示す位置。SELECT構文のリスト内の非集計操作要素の位置については、「ALL_MVIEW_KEYS」を参照。 

CONTAINER_COLUMN 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

コンテナ表内のこの列の名前 

AGG_FUNCTION 

VARCHAR2(8) 

 

集計操作関数 

DISTINCTFLAG 

VARCHAR2(1) 

 

この集計操作がDISTINCTであるかどうか(Y | N) 

MEASURE 

LONG 

 

集計操作関数を除く、測度のSQLテキスト。COUNT(*)*と同等。 

ALL_MVIEW_ANALYSIS

ALL_MVIEW_ANALYSISは、現行のユーザーがアクセスできるマテリアライズド・ビューを示します。このビューは、アプリケーションによる分析用に追加情報を提供します。クエリー・リライトをサポートしないマテリアライズド・ビュー(リモート・マスター表または非決定的な関数を持つマテリアライズド・ビューなど)に対しては、最小限の情報が表示されます。

関連ビュー

ALL_MVIEW_COMMENTS

ALL_MVIEW_COMMENTSは、現行のユーザーがアクセスできるマテリアライズド・ビューについてのコメントを示します。

関連ビュー

ALL_MVIEW_DETAIL_RELATIONS

ALL_MVIEW_DETAIL_RELATIONSは、マテリアライズド・ビューと実際のデータを格納している表などのオブジェクトとの関係を示します。これらのオブジェクトは、現行のユーザーがアクセスできるマテリアライズド・ビューを定義する副問合せのFROMリストに指定されたり、そのFROMリストにあるビューを通して間接的に参照されます。マテリアライズド・ビュー定義中のインライン・ビューは、このビューまたはその関連ビューでは示されません。

関連ビュー

3つのすべてのビューは、リモート表を参照するマテリアライズド・ビュー、およびSYSDATEUSERのような非静的な値を参照するマテリアライズド・ビューを除外します。また、これらのビューは、Oracle8iより前にスナップショットとして作成され、クエリー・リライトを使用できるように変更されていないマテリアライズド・ビューも除外します。

  データ型  NULL  説明 

OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

マテリアライズド・ビューの所有者 

MVIEW_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

マテリアライズド・ビューの名前 

DETAILOBJ_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

ディテール・オブジェクトの所有者 

DETAILOBJ_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

ディテール・オブジェクトの名前(表またはビューの名前) 

DETAILOBJ_TYPE 

VARCHAR2(9) 

 

TABLEVIEWSNAPSHOTCONTAINERまたはUNDEFINED 

DETAILOBJ_ALIAS 

VARCHAR2(30) 

 

元表との関係の暗黙的な別名または明示的な別名 

ALL_MVIEW_JOINS

ALL_MVIEW_JOINSは、現行のユーザーがアクセスできるマテリアライズド・ビューを定義する副問合せのWHERE句内の2つの列の結合を示します。

関連ビュー

3つのすべてのビューは、リモート表を参照するマテリアライズド・ビュー、およびSYSDATEUSERのような非静的な値を参照するマテリアライズド・ビューを除外します。また、これらのビューは、Oracle8iより前にスナップショットとして作成され、クエリー・リライトを使用できるように変更されていないマテリアライズド・ビューも除外します。

  データ型  NULL  説明 

OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

マテリアライズド・ビューの所有者 

MVIEW_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

マテリアライズド・ビューの名前 

DETAILOBJ1_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

結合内の最初のオブジェクトの所有者1 

DETAILOBJ1_RELATION 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

結合内の最初のオブジェクトの名前1 

DETAILOBJ1_COLUMN 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

結合内の最初のオブジェクトの結合列1 

OPERATOR 

CHAR(1) 

 

結合演算子1 

OPERATOR_TYPE 

VARCHAR2(1) 

 

結合が内部結合または外部結合のどちらなのか1 

DETAILOBJ2_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

結合内の2番目のオブジェクトの所有者1 

DETAILOBJ2_RELATION 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

結合内の2番目のオブジェクトの名前1 

DETAILOBJ2_COLUMN 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

結合内の2番目のオブジェクトの結合列1 

1 これらの行は、マテリアライズド結合ビューおよび元表を集計したマテリアライズド・ビューのみに関連します。これらは、マテリアライズド・ビュー内の結合に関する2つのディテール・オブジェクトを示します。

ALL_MVIEW_KEYS

ALL_MVIEW_KEYSは、現行のユーザーがアクセスできるマテリアライズド・ビューのベースとなるSELECT構文のリスト内の列または式を示します。

関連ビュー

3つのすべてのビューは、リモート表を参照するマテリアライズド・ビュー、およびSYSDATEUSERのような非静的な値を参照するマテリアライズド・ビューを除外します。また、これらのビューは、Oracle8iより前にスナップショットとして作成され、クエリー・リライトを使用できるように変更されていないマテリアライズド・ビューも除外します。

  データ型  NULL  説明 

OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

マテリアライズド・ビューの所有者 

MVIEW_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

マテリアライズド・ビューの名前 

POSITION_IN_SELECT 

NUMBER 

NOT NULL 

SELECT構文のリスト内のこのキーの順序を示す位置 

CONTAINER_COLUMN 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

コンテナ表内の列名 

DETAILOBJ_OWNER 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

ディテール・オブジェクトの所有者 

DETAILOBJ_NAME 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

ディテール・オブジェクトの名前(たとえば、表またはビューの名前) 

DETAILOBJ_TYPE 

VARCHAR2(5) 

 

ディテール・オブジェクト型(VIEW | TABLE) 

DETAILOBJ_ALIAS 

VARCHAR2(30) 

 

元表との関係の暗黙的な別名または明示的な別名 

DETAILOBJ_COLUMN 

VARCHAR2(30) 

NOT NULL 

元表との関係列の名前 

ALL_MVIEW_LOGS

ALL_MVIEW_LOGSは、現行のユーザーがアクセスできるマテリアライズド・ビュー・ログをすべて示します。

関連ビュー

ALL_MVIEW_REFRESH_TIMES

ALL_MVIEW_REFRESH_TIMESは、現行のユーザーがアクセスできるマテリアライズド・ビューのリフレッシュ時刻を示します。

関連ビュー

ALL_MVIEWS

ALL_MVIEWSは、現行のユーザーがアクセスできるマテリアライズド・ビューをすべて示します。

関連ビュー


戻る 次へ
Oracleロゴ
Copyright © 2002, 2009, Oracle Corporation.

All Rights Reserved.
目次
目次
索引
索引