ヘッダーをスキップ
Oracle Databaseデータ・ウェアハウス・ガイド
10gリリース2(10.2)
B19217-02
  目次へ
目次

前へ
前へ
 

索引

数字  A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X 


数字

2フェーズ・コミット, 25.5.2.3.1

A

ALL_PUBLISHED_COLUMNSビュー, 16.9.5
ALTER INDEX文
パーティションの属性, 5.6.7
ALTER MATERIALIZED VIEW文, 8.3
ALTER SESSION文
ENABLE PARALLEL DML句, 25.3.3.3
FORCE PARALLEL DDL句, 25.4.5.4.1, 25.4.5.7
CREATE TABLE AS SELECT, 25.4.5.6.3, 25.4.5.7
索引の作成または再作成, 25.4.5.5.1, 25.4.5.7
パーティションの移動または分割, 25.4.5.5.2, 25.4.5.7
FORCE PARALLEL DML句
更新および削除, 25.4.5.2, 25.4.5.2.1, 25.4.5.7
挿入, 25.4.5.3, 25.4.5.3.1, 25.4.5.7
ALTER TABLE文
NOLOGGING句, 25.8.10.2
APPENDヒント, 25.8.10.2
ARCHプロセス
複数, 25.8.8.6

B

Bツリー索引, 6.2
ビットマップ索引との比較, 6.1.2

C

CASE式, 21.15
COMMIT_TIMESTAMP$
制御列, 16.9.3.2
COMPLETE句, 8.3.7
CPU
使用率, 25.1
CREATE DIMENSION文, 10.2
CREATE INDEX文, 25.8.9
パーティションの属性, 5.6.7
パラレル化ルール, 25.4.5.5.1
CREATE MATERIALIZED VIEW文, 8.3
クエリー・リライトの有効化, 17.2
CREATE SESSION権限, 16.6.1.1
CREATE TABLE AS SELECT
パラレル化ルール
索引構成表, 25.1.3
CREATE TABLE AS SELECT文, 25.6.4, 25.8.4
パラレル化ルール
索引構成表, 25.3.2.1
CREATE TABLE権限, 16.6.1.1
CREATE TABLE文
AS SELECT
意思決定支援システム, 25.3.2.2
一時記憶領域, 25.3.2.5
パラレル化ルール, 25.4.5.6
領域の断片化, 25.3.2.6
パラレル化, 25.3.2.2
索引構成表, 25.1.3, 25.3.2.1
CSCN$
制御列, 16.9.3.2
CUBE句, 20.3
使用するとき, 20.3.1
部分的, 20.3.3
CUME_DIST関数, 21.2.3

D

DATEデータ型
パーティション化, 5.5.1.3
パーティション・プルーニング, 5.5.1.3
DBA_DATA_FILESビュー, 25.6.7.7
DBA_EXTENTSビュー, 25.6.7.7
DBAロール, 16.6.1.1
DBMS_ADVISOR.TUNE_MVIEWパッケージ, 8.3.5
DBMS_CDC_PUBLISH.DROP_CHANGE_TABLE PL/SQLプロシージャ, 16.9.3.6
DBMS_CDC_PUBLISH.PURGE PL/SQLプロシージャ, 16.9.3.5, 16.9.3.5
DBMS_CDC_PUBLISH.PURGE_CHANGE_TABLE PL/SQLプロシージャ, 16.9.3.5
DBMS_CDC_PUBLISH.PURGE_CHANG_SET PL/SQLプロシージャ, 16.9.3.5
DBMS_CDC_PUBLISHパッケージ, 16.1.3.1
使用に必要な権限, 16.6.1.1
DBMS_CDC_SUBSCRIBE.PURGE_WINDOW PL/SQLプロシージャ, 16.9.3.5
DBMS_CDC_SUBSCRIBEパッケージ, 16.1.3.2
DBMS_ERRORパッケージ, 14.4.2.2
DBMS_JOB PL/SQLパッケージ, 16.9.3.5
DBMS_MVIEWパッケージ, 15.3.5, 15.3.5
EXPLAIN_MVIEWプロシージャ, 8.7.1
EXPLAIN_REWRITEプロシージャ, 18.5.2
REFRESH_ALL_MVIEWSプロシージャ, 15.3
REFRESH_DEPENDENTプロシージャ, 15.3
REFRESHプロシージャ, 15.3, 15.3.6
DBMS_STATSパッケージ, 18.1.1
DB_BLOCK_SIZE初期化パラメータ, 25.5.3.2
パラレル問合せ, 25.5.3.2
DB_FILE_MULTIBLOCK_READ_COUNT初期化パラメータ, 25.5.3.3
DELETEのパラレル化, 25.4.5.2
DELETE文
DELETE文のパラレル化, 25.4.5.2
DELETE文のパラレル化, 25.4.5.2
DENSE_RANK関数, 21.2.1
Discoverer, 8.3.1
DISK_ASYNCH_IO初期化パラメータ, 25.5.3.4, 25.5.3.4
DML_LOCKS初期化パラメータ, 25.5.2.3.4
DMLアクセス権
サブスクライバ, 16.9.3.4
DROP MATERIALIZED VIEW文, 8.3
事前作成表, 8.4
DSSデータベース
索引のパーティション化, 5.6.6

E

ENFORCEDモード, 17.2.3
ENQUEUE_RESOURCES初期化パラメータ, 25.5.2.3.4
ETL,「抽出、変換、ロード(ETL)」も参照, 11.1
EXCHANGE PARTITION文, 7.3.6
EXECUTE_CATALOG_ROLE権限, 16.6.1.1
EXECUTE権限, 16.6.1.1
EXPAND_GSET_TO_UNIONヒント, 18.3.7.2, 18.6.10.4
EXPLAIN PLAN文, 18.5.1, 25.6.3
スター型変換, 19.4.2.2
問合せのパラレル化, 25.8.7
パーティション・プルーニング, 5.5.1.3

F

FAST_START_PARALLEL_ROLLBACK初期化パラメータ, 25.5.2.3.2
FAST句, 8.3.7
FIRST/LAST関数, 21.6
FIRST_ROWS(n)ヒント, 25.8.13
FIRST_VALUE関数, 21.3.7
FORCE句, 8.3.7
FORループ, 22.3.1
FREELISTSパラメータ, 25.8.8.5

G

GRANT文, 16.9.3.4
GROUPING_ID関数, 20.4.3
GROUPING_SETS式, 20.5
GROUPING関数, 20.4
使用するとき, 20.4.2
GROUP_ID関数, 20.4.4
GV$FILESTATビュー, 25.6.7

H

HASH_AREA_SIZE初期化パラメータ
パラレル実行, 25.5.2.1.1
HOTLOG_SOURCEチェンジ・ソース, 16.2.2.1

I

I/O
パラレル実行, 25.1
非同期, 25.5.3.4
initcdc.sqlスクリプト, 16.12
INSERT文
INSERT ...SELECTのパラレル化, 25.4.5.3
機能, 25.8.10.1

J

Java
チェンジ・データ・キャプチャで使用, 16.12
JOB_QUEUE_PROCESSES初期化パラメータ, 15.3.9

L

LAGおよびLEAD関数, 21.5
LARGE_POOL_SIZE初期化パラメータ, 25.5.1.5
LAST_VALUE関数, 21.3.7
LOBデータ型
制限
パラレルDDL, 25.1.3, 25.3.2.1
パラレルDML, 25.3.3.9, 25.3.3.9
LOGGING句, 25.8.8.8
LOG_BUFFER初期化パラメータ
パラレル実行, 25.5.2.3.3

M

MAXVALUEキーワード
パーティション表および索引, 5.5.1.1
MERGE文, 15.2.1
チェンジ・データ・キャプチャの制限, 16.10.1
MINIMUM EXTENTパラメータ, 25.3.2.6
MODEL句, 22.1
キーワード, 22.2.3
セル参照, 22.2.4
データ・フロー, 22.1.1
パラレル実行, 22.4.1
ルール, 22.2.5
MOVE PARTITION文
パラレル化ルール, 25.4.5.5.2
MV_CAPABILITIES_TABLE表, 8.7.1.2

N

National Language Support(NLS)
DATEデータ型とパーティション, 5.5.1.3
NEVER句, 8.3.7
NLS_LANGUAGEパラメータ, 5.5.1
NLS_LANG環境変数, 5.5.1
NLS_SORTパラメータ
パーティション化キーへの影響なし, 5.5.1
NOAPPENDヒント, 25.8.10.2
NOARCHIVELOGモード, 25.8.8.8
NOLOGGING句, 25.8.4, 25.8.8.8, 25.8.9
APPENDヒントとともに使用, 25.8.10.2
NOLOGGINGモード
パラレルDDL, 25.1.3, 25.3.2.1, 25.3.2.3
NOPARALLEL属性, 25.8.2
NOREWRITEヒント, 17.2, 18.6.10.1
NTILE関数, 21.2.5
NULL
索引, 6.1.3
パーティション表および索引, 5.5.1.2

O

OLAP, 23.1
関数, 23.2.4
マテリアライズド・ビュー, 9.2
用途, 23.2.4
OLAPキューブ
マテリアライズド・ビュー, 9.2.1
OLTPデータベース
索引のパーティション化, 5.6.6
バッチ・ジョブ, 25.3.3.2.5
パラレルDML, 25.3.3.2
ON COMMIT句, 8.3.7
ON DEMAND句, 8.3.7
OPERATION$
制御列, 16.9.3.2
OPTIMIZER_MODE初期化パラメータ, 15.3.11, 17.2.1
ORA-31424エラー, 16.9.3.6
ORA-31496エラー, 16.9.3.6
Oracle Data Pump
チェンジ・データ・キャプチャで使用, 16.9.4
Oracle Real Application Clusters
インスタンス・グループ, 25.4.3.6
ディスク・アフィニティ, 25.7
ORDER BY句, 8.3.8

P

PARALLEL CREATE INDEX文, 25.5.2.3
PARALLEL CREATE TABLE AS SELECT文
必要なリソース, 25.5.2.3
PARALLEL_ADAPTIVE_MULTI_USER初期化パラメータ, 25.4.7
PARALLEL_EXECUTION_MESSAGE_SIZE初期化パラメータ, 25.5.2.1, 25.5.2.2
PARALLEL_INDEXヒント, 25.4.3.1
PARALLEL_MAX_SERVERS初期化パラメータ, 15.3.11, 25.2.2.1, 25.5.1.1.1
パラレル実行, 25.5.1.1
PARALLEL_MIN_PERCENT初期化パラメータ, 25.4.3.5, 25.5.1.1, 25.5.1.8
PARALLEL_MIN_SERVERS初期化パラメータ, 25.2.2, 25.2.2.1, 25.5.1.4
PARALLEL_THREADS_PER_CPU初期化パラメータ, 25.4.9
PARALLEL句, 25.8.10.1, 25.8.10.3
パラレル化ルール, 25.4.5
PARALLELヒント, 25.4.3.1, 25.8.2, 25.8.10.1
UPDATEおよびDELETE, 25.4.5.2
パラレル化ルール, 25.4.5
PERCENT_RANK関数, 21.2.4
PGA_AGGREGATE_TARGET初期化パラメータ, 15.3.11
PL/SQLパッケージ
DBMS_JOB, 16.9.3.5
PL/SQLプロシージャ
DBMS_CDC_PUBLISH.PURGE, 16.9.3.5, 16.9.3.5
DBMS_CDC_PUBLISH.PURGE_CHANGE_SET, 16.9.3.5
DBMS_CDC_PUBLISH.PURGE_CHANGE_TABLE, 16.9.3.5
DBMS_CDC_PUBLISH_DROP_CHANGE_TABLE, 16.9.3.6
DBMS_CDC_SUBSCRIBE.PURGE_WINDOW, 16.9.3.5
Pmarker
PCT, 18.2.7.4

Q

QUERY_REWRITE_ENABLED初期化パラメータ, 17.2, 17.2.1
QUERY_REWRITE_INTEGRITY初期化パラメータ, 17.2.1

R

RANK関数, 21.2.1
RATIO_TO_REPORT関数, 21.4.1
REBUILD INDEX PARTITION文
パラレル化ルール, 25.4.5.5.1
REBUILD INDEX文
パラレル化ルール, 25.4.5.5.1
redo buffer allocation retries, 25.5.2.3.3
REDOログ・ファイル
アーカイブ
非同期チェンジ・データ・キャプチャ, 16.11.1
チェンジ・データ・キャプチャで必要なくなったものの判別, 16.11.1
REGR_AVGX関数, 21.9.2
REGR_AVGY関数, 21.9.2
REGR_COUNT関数, 21.9.1
REGR_INTERCEPT関数, 21.9.3
REGR_R2関数, 21.9.4
REGR_SLOPE関数, 21.9.3
REGR_SXX関数, 21.9.5
REGR_SXY関数, 21.9.5
REGR_SYY関数, 21.9.5
RELY制約, 7.3.3
REVOKE文, 16.9.3.4
REWRITE_OR_ERRORヒント, 18.6.10.2
REWRITEヒント, 17.2, 18.6.10.1, 18.6.10.1
rmcdc.sqlスクリプト, 16.12
ROLLUP, 20.2
使用するとき, 20.2.1
部分的, 20.2.3
連結, 20.10.1
ROW_ID$
制御列, 16.9.3.2
ROW_NUMBER関数, 21.2.6
RSID$
制御列, 16.9.3.2

S

sar UNIXコマンド, 25.6.10
SELECT_CATALOG_ROLE権限, 16.5, 16.6.1.1
SHARED_POOL_SIZE初期化パラメータ, 25.5.1.5
SHARED_POOL_SIZEパラメータ, 25.5.1.5
SKIP WHEN NULL句, 10.2
SMPアーキテクチャ
ディスク・アフィニティ, 25.7.2
SORT_AREA_SIZE初期化パラメータ
パラレル実行, 25.5.2.1.2
SOURCE_COLMAP$
制御列, 16.9.3.2
解釈, 16.9.3.3
SPLIT PARTITION句
パラレル化ルール, 25.4.5.5.2
SQL*Loader, 25.1.3
SQL文
パラレル化, 25.1.3, 25.2.4
SQLモデリング, 22.1
規則および制限事項, 22.3.7
キーワード, 22.2.3
セル参照, 22.2.4
パフォーマンス, 22.4
評価の順序, 22.2.6
ルール, 22.2.5
STALE_TOLERATEDモード, 17.2.3
STAR_TRANSFORMATION_ENABLED初期化パラメータ, 19.4.1
STORAGE句
パラレル実行, 25.3.2.5
Streamsキャプチャ・プロセス
非同期チェンジ・データ・キャプチャ, 16.6.4
Streams適用プロセス
非同期チェンジ・データ・キャプチャ, 16.6.4
Streamsのキャプチャ・パラレル化値
決定, 16.6.4.1, 16.6.4.2
Streamsの適用パラレル化値
決定, 16.6.4.1, 16.6.4.2
SYNC_SET事前定義チェンジ・セット, 16.3
SYNC_SOURCEチェンジ・ソース, 16.2.1
SYS_NC_OID$
制御列, 16.9.3.2

T

TAPE_ASYNCH_IO初期化パラメータ, 25.5.3.4, 25.5.3.4
TARGET_COLMAP$
制御列, 16.9.3.2
解釈, 16.9.3.3
TIMED_STATISTICS初期化パラメータ, 25.6.7.6
TIMESTAMP$
制御列, 16.9.3.2
TO_DATE関数
パーティション, 5.5.1.3
TRANSACTIONS初期化パラメータ, 25.5.2.3.1
TRUSTEDモード, 17.2.3

U

UPDATEのパラレル化, 25.4.5.2
UPDATE文, 22.2.8
UPDATE文のパラレル化, 25.4.5.2
UPDATE文のパラレル化, 25.4.5.2
UPSERT ALL文, 22.2.8
UPSERT文, 22.2.8
USERNAME$
制御列, 16.9.3.2

V

V$FILESTATビュー
パラレル問合せ, 25.6.7.7
V$PARAMETERビュー, 25.6.7.8
V$PQ_SESSTATビュー, 25.6.5, 25.6.7.6
V$PQ_SYSSTATビュー, 25.6.5
V$PQ_TQSTATビュー, 25.6.6, 25.6.7.9
V$PX_PROCESSビュー, 25.6.7.4, 25.6.7.5
V$PX_SESSIONビュー, 25.6.7.2
V$PX_SESSTATビュー, 25.6.7.3
V$SESSTATビュー, 25.6.7.10, 25.6.10
V$SYSSTATビュー, 25.5.2.3.3, 25.6.7.10, 25.8.8.7
VALUES LESS THAN句, 5.5
MAXVALUE, 5.5.1.1
vmstat UNIXコマンド, 25.6.10
VPD
マテリアライズド・ビュー, 9.5.1
マテリアライズド・ビューに関する制限, 9.5.1.2

W

WIDTH_BUCKET関数, 21.13, 21.13.1

X

XIDSEQ$
制御列, 16.9.3.2
XIDSLT$
制御列, 16.9.3.2
XIDUSN$
制御列, 16.9.3.2

アーキテクチャ
MPP, 25.7.2
SMP, 25.7.2
データ・ウェアハウス, 1.2
圧縮
「データ・セグメントの圧縮」を参照, 8.3.3
アフィニティ
パーティション, 25.7
パラレルDML, 25.7.2
アプリケーション
意思決定支援, 25.1
意思決定支援システム(DSS), 6.1.1
パラレルSQL, 25.3.2.2
ダイレクト・パス・インサート, 25.3.3.2.4
データ・ウェアハウス
スター・クエリー, 19.3
パラレルDML, 25.3.3.2
意思決定支援システム(DSS)
スコア表, 25.3.3.2.3
ディスクのストライプ化, 25.7.1
パフォーマンス, 25.3.3.2
パラレルDML, 25.3.3.2
パラレルSQL, 25.3.2.2, 25.3.3.2
ビットマップ索引, 6.1.1
一意
識別子, 2.2, 3.2
制約, 7.3.1, 25.8.9
一時セグメント
パラレルDDL, 25.3.2.6
インスタンス
インスタンス・グループ, 25.4.3.6
インポート
ソース・テーブルへのデータ, 16.9.4.3
チェンジ・テーブル, 16.9.4, 16.9.4.3
非同期チェンジ・セット, 16.9.4.1
非同期チェンジ・テーブル, 16.9.4.1
ウィンドウ関数, 22.3.5, 21.3
エクステント
パラレルDDL, 25.3.2.6
エクスポート
エクスポート・ユーティリティ, 12.3.1.3
チェンジ・テーブル, 16.9.4
非同期チェンジ・セット, 16.9.4.1
非同期チェンジ・テーブル, 16.9.4.1
エラー
ORA-31424, 16.9.3.6
ORA-31496, 16.9.3.6
処理, 14.4
シナリオ, 14.5.3
エラー・ロギング, 14.4
, 14.4.2.2
エンティティ, 2.2
オブジェクト型
制限
パラレルDDL, 25.1.3, 25.3.2.1
パラレルDML, 25.3.3.9, 25.3.3.9
パラレル問合せ, 25.3.1.4
制限, 25.3.1.4
オプティマイザ
リライト, 17.1

階層, 10.1
概要, 2.4.2.1, 2.4.2.1
使用方法, 2.4.2.1
複数, 10.2.2
ロールアップおよびドリルダウン, 10.1
階層的キューブ, 9.2.1, 20.10.1
SQLでの, 20.10
階層のロールアップ, 10.1
外部キー
結合
スノーフレーク・スキーマ, 19.3.1
制約, 7.3.2
外部結合
クエリー・リライト, 18.6.3
外部表, 14.2.2
拡張性
バッチ・ジョブ, 25.3.3.2.5
パラレルDML, 25.3.3.2
貸付金の計算, 22.5
仮説ランク, 21.8
カーディナリティ
カーディナリティ度, 6.1.2
カーディナリティ度, 6.1.2
監視
パラレル処理, 25.6.7
リフレッシュ, 15.3.12
関数
COUNT, 6.1.3
CUME_DIST, 21.2.3
DENSE_RANK, 21.2.1
FIRST/LAST, 21.6
FIRST_VALUE, 21.3.7
GROUPING, 20.4
GROUPING_ID, 20.4.3
GROUP_ID, 20.4.4
LAG/LEAD, 21.5
LAST_VALUE, 21.3.7
NTILE, 21.2.5
PERCENT_RANK, 21.2.4
RANK, 21.2.1
RATIO_TO_REPORT, 21.4.1
REGR_AVGX, 21.9.2
REGR_AVGY, 21.9.2
REGR_COUNT, 21.9.1
REGR_INTERCEPT, 21.9.3
REGR_SLOPE, 21.9.3
REGR_SXX, 21.9.5
REGR_SXY, 21.9.5
REGR_SYY, 21.9.5
ROW_NUMBER, 21.2.6
WIDTH_BUCKET, 21.13, 21.13.1
ウィンドウ, 22.3.5, 21.3
線形回帰, 21.9
パラレル実行, 25.3.4
分析, 22.3.5
ランキング, 21.2
レポート, 21.4
完全リフレッシュ, 15.3.1
キー, 8.1.6, 19.3
記憶域
索引パーティション, 5.6.7
パラレルDDLでの断片化, 25.3.2.6
キー参照, 14.5.1
ギャップ埋め
データ, 21.16.6
キャプチャ・エラー
リカバリ, 16.9.2.4
キューブ
階層的, 9.2.1
共通結合, 18.1.3.1.1
共有サーバー
SQLのパラレル実行, 25.2.2
巨大なファイル, 3.2.2
クエリー・リライト
DBMS_MVIEWパッケージ, 18.5.2
GROUP BY拡張機能を使用, 18.3.7.1
PCT, 18.2.7
VPD, 9.5.1.1
一致結合グラフ, 8.3.6
インライン・ビューを使用, 18.3.2
行われるチェック, 18.1.3
権限, 17.2.4
高度, 18.4
式の一致, 18.3.9
自己結合を使用, 18.3.3
実行条件, 17.1.1
集合演算子を含むマテリアライズド・ビュー, 18.3.6
制御, 17.2.2
制限, 8.3.6.2
精度, 17.2.3
デート・フォールディング, 18.3.4
同等化を使用, 18.4
ネステッド・マテリアライズド・ビューを使用, 18.3.1
バインド変数, 18.3.10
パラメータ, 17.2.1
ビューの制約, 18.3.5
ヒント, 17.2, 18.6.10.1
部分的に失効したマテリアライズド・ビューを使用, 18.3.9.1
方法, 18.1
有効化, 17.2, 17.2
グラニュル, 25.2.5
グルーピング
互換性チェック, 18.1.3.3
条件, 18.6.6
グループ、インスタンス, 25.4.3.6
グローバル
索引, 25.8.8.3
グローバル索引
パーティション化, 5.6.2
各タイプの索引のまとめ, 5.6.3
パーティションの管理, 5.6.2.2
計画
スター型変換, 19.4.2.2
結果セット, 19.4.2
結合
スター型結合, 19.3
スター・クエリー, 19.3
パーシャル・パーティション・ワイズ, 5.2.2
パーティション・ワイズ, 5.2
フル・パーティション・ワイズ, 5.2.1
結合互換性, 18.1.3.1
高位限界
定義, 16.1.3.2
公開
同期モード
手順例, 16.7.1
非同期AutoLogモード
手順例, 16.7.4
非同期HotLogモード
手順例, 16.7.2
恒常的データ, 1.1.3
更新ウィンドウ, 8.1.9
更新頻度, 8.1.9
構成
帯域幅, 4.1.1
高速リフレッシュ, 15.3.2
UNION ALLによる, 15.3.18
制限, 8.3.7.1
高頻度項目セット, 21.11
項目セット
高頻度, 21.11
コストベースのリライト, 18.1.1
コンポジット
パーティション化, 5.1.1.4
パーティション化方法, 5.1.1.4
パフォーマンスに関する考慮点, 5.1.3.4, 5.1.3.6
, 20.6

最適化
クエリー・リライト
一致結合グラフ, 8.3.6
権限, 17.2.4
ヒント, 17.2, 18.6.10.1
有効化, 17.2
パーティション索引, 5.6.5
パーティション・プルーニング
索引, 5.6.5
パラレルSQL, 25.2.4
索引
Bツリー, 6.2
NULL, 6.1.3
カーディナリティ, 6.1.2
グローバル, 25.8.8.3
グローバル・パーティション索引, 5.6.2
パーティションの管理, 5.6.2.2
作成、パラレル, 25.8.9
パーティション, 5.6
パーティション化, 5.1.2, 5.6.6
パーティション表, 6.1.4
パラレルDDLの記憶域, 25.3.2.6
パラレル作成, 25.8.9, 25.8.9, 25.8.9
パラレル・ローカル, 25.8.9
ビットマップ結合, 6.1.5
ビットマップ索引, 6.1.4
ローカル, 25.8.8.3
ローカル索引, 5.6.1
索引構成表
パラレルCREATE, 25.1.3, 25.3.2.1
パラレル問合せ, 25.3.1.1
削除
ソース・データベースのチェンジ・データ・キャプチャ, 16.12
ディメンション, 10.7
マテリアライズド・ビュー, 8.6
作成方法, 8.3.4
サブスクライバ
ALL_PUBLISHED_COLUMNSビュー, 16.9.5
DMLアクセス, 16.9.3.4
関連するコンポーネント, 16.1.3.2
権限, 16.1.3.2
サブスクライバ・ビューからの変更データの取出し, 16.1.3.2
タスク, 16.1.3.2
チェンジ・テーブルへのアクセス, 16.9.3.4
チェンジ・テーブルへのアクセスの制御, 16.9.3.4
定義, 16.1.3
目的, 16.1.3.2
サブスクライバ・ビュー
DML変更を発生順に戻す, 16.9.3.2, 16.9.3.2
定義, 16.1.3.2
サブスクライブ
手順例, 16.8
サブスクリプション
SQL文のDROP USER CASCADEの影響, 16.9.3.6
チェンジ・テーブルに対する変更, 16.9.5
定義, 16.1.3.2
サブスクリプション・ウィンドウ
定義, 16.1.3.2
サブパーティション
テンプレート, 5.1.3.5
マッピング, 5.1.3.5
サブパーティション・テンプレート, 5.1.3.7
サプリメンタル・ロギング
非同期チェンジ・データ・キャプチャ, 16.11.2, 16.2.2
サマリー管理
コンポーネント, 8.1.5
サマリー表, 2.4.1
参照表
「ディメンション表」を参照, 8.1.6, 8.1.6
式の一致
クエリー・リライト, 18.3.9
時系列の計算, 21.17
システム・モニター・プロセス(SMON)
パラレルDMLのシステム・リカバリ, 25.3.3.6.3
事前作成マテリアライズド・ビュー, 8.3
実行計画
スター型変換, 19.4.2.2
パラレル操作, 25.6.4
自動ストレージ管理, 4.2
集計, 8.2.1, 18.6.5
計算性チェック, 18.1.3.4
集合演算子
マテリアライズド・ビュー, 9.2.4
主キー制約, 25.8.9
手動
リフレッシュ, 15.3.5
手動リフレッシュ
DBMS_MVIEWパッケージ, 15.3.5
条件
パーティション・プルーニング
索引, 5.6.5
正味現在価値
計算, 22.5
初期化パラメータ
DB_BLOCK_SIZE, 25.5.3.2
DB_FILE_MULTIBLOCK_READ_COUNT, 25.5.3.3
DISK_ASYNCH_IO, 25.5.3.4
DML_LOCKS, 25.5.2.3.4
ENQUEUE_RESOURCES, 25.5.2.3.4
FAST_START_PARALLEL_ROLLBACK, 25.5.2.3.2
HASH_AREA_SIZE, 25.5.2.1.1
JOB_QUEUE_PROCESSES, 15.3.9
LARGE_POOL_SIZE, 25.5.1.5
LOG_BUFFER, 25.5.2.3.3
NLS_LANGUAGE, 5.5.1
NLS_SORT, 5.5.1
OPTIMIZER_MODE, 15.3.11, 17.2.1
PARALLEL_ADAPTIVE_MULTI_USER, 25.4.7
PARALLEL_EXECUTION_MESSAGE_SIZE, 25.5.2.1, 25.5.2.2
PARALLEL_MAX_SERVERS, 15.3.11, 25.2.2.1, 25.5.1.1.1
PARALLEL_MIN_PERCENT, 25.4.3.5, 25.5.1.1, 25.5.1.8
PARALLEL_MIN_SERVERS, 25.2.2, 25.2.2.1, 25.5.1.4
PGA_AGGREGATE_TARGET, 15.3.11
QUERY_REWRITE_ENABLED, 17.2, 17.2.1
QUERY_REWRITE_INTEGRITY, 17.2.1
SHARED_POOL_SIZE, 25.5.1.5, 25.5.1.5
STAR_TRANSFORMATION_ENABLED, 19.4.1
TAPE_ASYNCH_IO, 25.5.3.4
TIMED_STATISTICS, 25.6.7.6
TRANSACTIONS, 25.5.2.3.1
新機能, Oracle Databaseの新機能
スキーマ, 19.1
スター, 2.3
スノーフレーク, 2.3
第3正規形, 19.1, 19.2
マテリアライズド・ビューのスキーマ・デザイン、ガイドライン, 8.1.7
スキーマ・レベルのインポート操作, 16.9.4.1
スキーマ・レベルのエクスポート操作, 16.9.4.1
スキャン
全表
パラレル問合せ, 25.1.2
スクリプト
チェンジ・データ・キャプチャ用initcdc.sql, 16.12
チェンジ・データ・キャプチャ用rmcdc.sql, 16.12
スケーラブルな操作, 25.8.6
スター型結合, 19.3
スター型変換, 19.4.2
制限, 19.4.2.6
スター・クエリー, 19.3
スター型変換, 19.4.2
スター・スキーマ
ディメンショナル・モデル, 2.3.1, 19.3
ファクト表の定義, 2.4.1.1
メリット, 2.3.1
ステージング
エリア, 1.2.2
データベース, 8.1
ファイル, 8.1
ステージング・データベース
定義, 16.1.3.1
ストライプ化, 4.1.2
スノーフレーク・スキーマ, 19.3.1
複合問合せ, 19.3.1
スパースなデータ
データの稠密化, 21.16.2
制御列
COMMIT_TIMESTAMP$, 16.9.3.2
CSCN$, 16.9.3.2
OPERATION$, 16.9.3.2
ROW_ID$, 16.9.3.2
RSID$, 16.9.3.2
SOURCE_COLMAP$, 16.9.3.2
解釈, 16.9.3.3
SYS_NC_OID$, 16.9.3.2
TARGET_COLMAP$, 16.9.3.2
解釈, 16.9.3.3
TIMESTAMP$, 16.9.3.2
USERNAME$, 16.9.3.2
XIDSEQ$, 16.9.3.2
XIDSLT$, 16.9.3.2
XIDUSN$, 16.9.3.2
行内の変更列を示すために使用, 16.9.3.3
制限
クエリー・リライト, 8.3.6.2
高速リフレッシュ, 8.3.7.1
ダイレクト・パス・インサート, 25.3.3.9
ネステッド・マテリアライズド・ビュー, 8.2.3.4
パーティション
データ型, 5.5.1.3
パラレルDDL, 25.1.3, 25.3.2.1
パラレルDML, 25.3.3.9
トランザクション、リモート, 25.3.3.12
整合性制約, 7.1
整合性ルール
パラレルDMLの制限, 25.3.3.10
制約, 7.1, 10.4
RELY, 7.3.3
一意, 7.3.1
外部キー, 7.3.2
クエリー・リライト, 18.6.1
状態, 7.2
パーティション化, 7.3.6
ビュー, 7.3.7, 18.3.5
表のパラレル作成, 25.4.5.6
設計
物理, 3.1
論理, 3.1
セッション
パラレルDMLの有効化, 25.3.3.3
セル参照, 22.2.4
線形回帰関数, 21.9
全表スキャン
パラレル実行, 25.1.2
属性, 2.2, 10.2
ソース・システム, 12.1
ソース・データベース
定義, 16.1.3.1
ソース・テーブル
チェンジ・データ・キャプチャ用のインポート, 16.9.4.3
チェンジ・テーブルによる参照, 16.9.3.1

帯域幅, 25.1
大規模パラレル・システム, 25.1
大規模パラレル・プロセス(MPP)
アフィニティ, 25.7, 25.7.2
第3正規形
クエリー, 19.2.1
スキーマ, 19.2
対称型マルチプロセッサ, 25.1
タイムスタンプ, 12.2.3.1
ダイレクト・パス・インサート
制限, 25.3.3.9
ダイレクト・パス・インサート文
チェンジ・データ・キャプチャの制限, 16.10.1
ダウンストリーム・キャプチャ, 16.7.4
断片化
パラレルDDL, 25.3.2.6
チェンジ・セット
チェンジ・ソースとの有効な組合せ, 16.3.1
定義, 16.3
同期チェンジ・データ・キャプチャ, 16.3
非同期の管理, 16.9.2
無効化の影響, 16.9.2.2
チェンジ・ソース
HOTLOG_SOURCE, 16.2.2.1
SYNC_SOURCE, 16.2.1
表されるデータベース・インスタンス, 16.3.1
チェンジ・セットとの有効な組合せ, 16.3.1
定義, 16.1.3.1, 16.1.3.1
非同期AutoLogチェンジ・データ・キャプチャ, 16.2.2.3
非同期分散HotLogチェンジ・データ・キャプチャ16.2.2.2
チェンジ・データ・キャプチャ, 12.2.3
DDLでの停止の影響, 16.9.2.3
Oracle Data Pump, 16.9.4
インストールされるシステム・トリガー, 16.12
サブスクライバの利点, 16.1.3.2
サポートされるインポート・ユーティリティ, 16.9.4
サポートされるエクスポート・ユーティリティ, 16.9.4
ステージング・データベースの場所, 16.6.2
静的データ・ディクショナリ・ビュー, 16.5
設定, 16.6
ソース・データベースのパフォーマンスへの影響, 16.6.2
待機時間, 16.6.2
ダイレクト・パス・インサート文の制限, 16.10.1
データ・キャプチャのモード
同期, 16.2.1
非同期AutoLog, 16.2.2.3
非同期HotLog, 16.2.2.1
非同期分散HotLog, 16.2.2.2
データベースからの削除, 16.12
同期, 12.2.3.3
非同期
Streamsキャプチャ・プロセス, 16.6.4
Streams適用プロセス, 16.6.4
モードの選択, 16.6.2
チェンジ・データ・キャプチャのパブリッシャ
デフォルト表領域, 16.6.1.2
チェンジ・テーブル
SQL文のDROP USER CASCADEの影響, 16.9.3.6
アクティブなサブスクライバで削除, 16.9.3.6
インポート, 16.9.4
エクスポート, 16.9.4
管理, 16.9.3
削除, 16.9.3.6
作成される表領域, 16.9.3.1
サブスクライバへのアクセス権の付与, 16.9.3.4
参照されるソース・テーブル, 16.9.3.1
指定してパージ, 16.9.3.5
すべてパージ、指定のチェンジ・セット, 16.9.3.5
すべてパージ、ステージング・データベース上, 16.9.3.5
制御列, 16.9.3.2
チェンジ・データ・キャプチャ用のインポート, 16.9.4.3
定義, 16.1.3.1
不要なデータのパージ, 16.9.3.5
列の追加, 16.9.5
チェンジ・テーブルの削除, 16.9.3.6
チェンジ・テーブルのパージ
サブスクライバ, 16.9.3.5
指定, 16.9.3.5
指定のチェンジ・セット, 16.9.3.5
自動的, 16.9.3.5
ステージング・データベース上, 16.9.3.5
パブリッシャ, 16.9.3.5
抽出
OCI, 12.3.1.2
Pro*C, 12.3.1.2
SQL*Plus, 12.3.1.1
オンライン, 12.2.2.1
概要, 12.1
全体, 12.2.1
増分, 12.2.1.2
データ・ファイル, 12.3.1
物理的, 12.2.2
分散処理, 12.3.2
抽出、変換、ロード(ETL), 11.1
概要, 11.1
プロセス, 7.1
稠密化
データ, 21.16
低位限界
定義, 16.1.3.2
ディスク・アフィニティ
パーティション, 25.7
パラレルDML, 25.7.2
ディスクの冗長性, 4.1.3
ディスクのストライプ化
アフィニティ, 25.7
ディメンショナル・モデリング, 2.2
ディメンション, 2.4.2, 10.1, 10.4
階層, 2.4.2.1
階層の概要, 2.4.2.1
クエリー・リライト, 18.6.2
削除, 10.7
作成, 10.2
スター型結合, 19.3
スター・クエリー, 19.3
妥当性チェック, 10.5
定義, 10.1
ディメンション表, 8.1.6
複数, 20.1.1
分析, 20.1.1
変更, 10.6
レベルのスキップ, 10.2
ディメンション内のレベル
スキップ, 10.2
ディメンション内のレベルのスキップ, 10.2
ディメンションの妥当性チェック, 10.5
ディメンションの変更, 10.6
ディメンション表, 2.4, 8.1.6
正規化, 10.2.3
ディメンション・レベル
スキップ, 10.2
テキストの一致, 18.2.1
クエリー・リライト, 18.6.4
データ
充足性チェック, 18.1.3.2
整合性
パラレルDMLの制限, 25.3.3.10
転送, 13.2.1
パージ, 15.2.3, 15.2.3
パーティション化, 5.1
変換, 14.3
データ・ウェアハウス, 8.1
アーキテクチャ, 1.2
スター・クエリー, 19.3
ディメンション, 19.3
ディメンション表, 8.1.6
表のデータのリフレッシュ, 25.3.3.2.1, 25.3.3.2.1
表のパーティション化, 5.1.3.1
ファクト表, 8.1.6
物理設計, 3.1
リフレッシュのヒント, 15.3.9
論理設計, 2.2
データ・キューブ
階層的, 20.7.1
データ・セグメントの圧縮, 3.2.3.1
パーティション化, 3.2.3.1, 5.1.4
ビットマップ索引, 5.1.4.1
マテリアライズド・ビュー, 8.3.3
データ操作言語
パラレルDML, 25.3.3
パラレルDMLのトランザクション・モデル, 25.3.3.4
データ抽出
チェンジ・データ・キャプチャを使用する場合と使用しない場合, 16.1.2
データ・ディクショナリ
非同期チェンジ・データ・キャプチャ, 16.7.4
データの圧縮
「データ・セグメントの圧縮」を参照, 8.3.3
データの削除, 15.2.3
データの稠密化, 21.16
時系列の計算, 21.17
スパースなデータ, 21.16.2
データの分析
パラレル処理, 25.6.7
データベース
拡張性, 25.3.3.2
ステージング, 8.1
データベース初期化パラメータ
Streams値の変更時の調整, 16.6.4
データベース・ライター・プロセス(DBWn)
チューニング, 25.8.8.7
データ変換
パイプライン, 14.1.1.2
マルチステージ, 14.1.1.1
データ・マイニング, 23.1
データ・マート, 1.2.3
データ・ルール
違反, 14.4.2
デート・フォールディング
クエリー・リライト, 18.3.4
デフォルト・パーティション, 5.1.1.3
テーブル・キュー, 25.6.7.9
転送
定義, 13.1
フラット・ファイル, 13.2.1
分散処理, 13.2.2
問合せ
スター・クエリー, 19.3
パラレル化の有効化, 25.4.6
非定型, 25.3.2.2
問合せ最適化, 25.8.12
パラレル実行, 25.8.12
問合せツール
説明, 23.2.3
問合せデルタ結合, 18.1.3.1.2
同一キー索引, 5.6.1.1, 5.6.3
同一レベル・パーティション化
, 5.6.1.1
ローカル索引, 5.6.1
同期公開
ステージング・データベースの場所, 16.6.2
ソース・データベースのパフォーマンスへの影響, 16.6.2
待機時間, 16.6.2
データベース初期化パラメータの設定, 16.6.3.1
要件, 16.7.1
同期チェンジ・セット
無効化, 16.9.2.2
有効化, 16.9.2.2
同期チェンジ・データ・キャプチャ
チェンジ・セット, 16.3
統計情報, 18.6.9
オペレーティング・システム, 25.6.10
見積り, 25.6.4
同時ユーザー
数の増加, 25.5.1.2
トランザクション
分散
パラレルDDLの制限, 25.1.3
パラレルDMLの制限, 25.1.3, 25.3.3.12
トランスポータブル表領域, 12.2.2.2, 13.2.3, 13.2.3.2
トリガー, 12.2.3.3
制限, 25.3.3.11
パラレルDML, 25.3.3.9
チェンジ・データ・キャプチャでインストールされる, 16.12
ドリルダウン, 10.1
階層, 10.1

ネステッド・マテリアライズド・ビュー, 8.2.3
制限, 8.2.3.4
リフレッシュ, 15.3.17
ノード
Real Application Clustersでのディスク・アフィニティ, 25.7

バインド変数
クエリー・リライト, 18.3.10
パッケージ
DBMS_ADVISOR, 8.1.4
DBMS_CDC_PUBLISH, 16.1.2
DBMS_CDC_SUBSCRIBE, 16.1.2
DBMS_DIMENSION, 10.3.2
DBMS_ERROR, 14.4.2.2
DBMS_ERRORLOG, 14.4.2.2, 14.5.3
DBMS_MVIEW, 8.7.1.1, 15.3
DBMS_STATS, 18.1.1
ハッシュ・パーティション化, 5.1.1.2
パーティション
DATEデータ型, 5.5.1.3
アフィニティ, 25.7
グローバル索引, 5.6.2
索引のパーティション化, 5.6, 5.6.6
制限
データ型, 5.5.1.3
デフォルト, 5.1.1.3
同一キー索引, 5.6.1.1
同一レベル・パーティション化
, 5.6.1.1
ローカル索引, 5.6.1
パーティション化キー, 5.4, 5.4
パーティション・バウンド, 5.5
パーティション・プルーニング
DATEデータ型, 5.5.1.3
索引, 5.6.5
ディスクのストライプ化, 25.7.1
パラレルDDL, 25.3.2.1
パラレル化ルール, 25.4.5.5.2
ビットマップ索引, 6.1.4
非同一キー索引, 5.6.1.2, 5.6.4
複数列のキー, 5.5.1.4
物理属性, 5.6.7
プルーニング, 5.1.5
レンジ・パーティション化
ディスクのストライプ化, 25.7.1
ローカル索引, 5.6.1
パーティション化, 12.2.3.2
コンポジット, 5.1.1.4, 5.1.1.4
索引, 5.1.2
事前作成表, 9.1.3
データ, 5.1
データ・セグメントの圧縮, 5.1.4
ビットマップ索引, 5.1.4.1
ハッシュ, 5.1.1.2
マテリアライズド・ビュー, 9.1
リスト, 5.1.1.3
レンジ, 5.1.1.1, 5.1.1.1
レンジ-リスト, 5.1.3.6
パーティション外部結合, 21.16
パーティション・チェンジ・トラッキング(PCT), 9.1.1, 15.4.1, 18.2.7
Pmarker, 18.2.7.4
パーティションのプルーニング
DATEデータ型, 5.5.1.3
EXPLAIN PLAN, 5.5.1.3
索引, 5.6.5
パーティション表
データ・ウェアハウス, 5.1.3.1
マテリアライズド・ビュー, 15.4
パーティション・プルーニング, 5.1.5
技法, 5.1.5.5
静的, 5.1.5.3
動的, 5.1.5.4
パーティション・ワイズ結合, 5.2
全体, 5.2.1
部分的, 5.2.2
メリット, 5.2.3
パフォーマンス
DSSデータベース, 25.3.3.2
同一キー索引と非同一キー索引, 5.6.5
パブリケーション
定義, 16.1.3.1
パブリッシャ
関連するコンポーネント, 16.1.3.1
ソース・テーブルの判断, 16.1.3.1
タスク, 16.1.3.1
チェンジ・テーブルのパーティション化プロパティ, 16.9.3.1
定義, 16.1.3.1, 16.1.3
ビューを読み取る権限, 16.5
目的, 16.1.3.1
パラメータ
FREELISTS, 25.8.8.5
パラレルDDL, 25.3.2
エクステントの割当て, 25.3.2.6
制限
LOB, 25.1.3, 25.3.2.1
オブジェクト型, 25.1.3, 25.3.1.4, 25.3.2.1
パーティション表および索引, 25.3.2.1
パラレル化ルール, 25.4.5
パラレルDML, 25.3.3
制限, 25.3.3.9
オブジェクト型, 25.3.1.4, 25.3.3.9, 25.3.3.9, 25.3.3.9, 25.3.3.9
トランザクション、リモート, 25.3.3.12
トランザクション・モデル, 25.3.3.4
パラレルDMLの有効化, 25.3.3.3
パラレル化ルール, 25.4.5
ビットマップ索引, 6.1.1
並列度, 25.4.5, 25.4.5.2.2
用途, 25.3.3.2
リカバリ, 25.3.3.6
ロックおよびエンキュー・リソース, 25.3.3.8
パラレルDMLのワークロードの偏り, 25.4.4
パラレルSQL
インスタンス・グループ, 25.4.3.6
オプティマイザ, 25.2.4
共有サーバー, 25.2.2
パラレル化ルール, 25.4.5
パラレル実行サーバーの数, 25.2.2
パラレル実行サーバーへの行の割当て, 25.2.4.1
並列度, 25.4.3
パラレル化, 25.1
インター・オペレーション, 25.2.4.3
イントラ・オペレーション, 25.2.4.3
表および問合せに対する有効化, 25.4.6
並列度, 25.2.1, 25.4.2
並列度、オーバーライド, 25.8.2
パラレル実行
I/Oパラメータ, 25.5.3
SQLのリライト, 25.8.3
インター・オペレーション並列化, 25.2.4.3
イントラ・オペレーション並列化, 25.2.4.3
計画, 25.6.4
索引の作成, 25.8.9
全表スキャン, 25.1.2
チューニング, 25.1
問合せ最適化, 25.8.12
問題の解決, 25.8.2
リソース、パラメータ, 25.5.2
パラレル操作用のインスタンス・グループ, 25.4.3.6
パラレル問合せ, 25.3.1
オブジェクト型, 25.3.1.4
制限, 25.3.1.4
索引構成表, 25.3.1.1
パラレル化ルール, 25.4.5
ビットマップ索引, 6.1.1
パラレル・パーティション・ワイズ結合
パフォーマンスに関する考慮点, 5.2.4
ビジネス・インテリジェンス
問合せ, 24
ビジネス・ルール
違反, 14.4.1
ヒストグラム
ユーザー定義バケットを使用した作成, 21.15.1
ビットマップ結合索引, 6.1.5
ビットマップ索引, 6.1
NULL, 6.1.3
パーティション表, 6.1.4
パラレル問合せおよびDML, 6.1.1, 6.1.1
必要な権限
変更データの公開用, 16.6.1.1
非同一キー索引, 5.6.1.2, 5.6.4
グローバル・パーティション索引, 5.6.2.1
非同期AutoLogの公開
ステージング・データベースの場所, 16.6.2, 16.6.2
ソース・データベースのパフォーマンスへの影響, 16.6.2, 16.6.2, 16.6.2
待機時間, 16.6.2, 16.6.2
データベース初期化パラメータの設定, 16.6.3.4
要件, 16.6.1.1, 16.6.1.3
非同期HotLogの公開
ステージング・データベースの場所, 16.6.2
ソース・データベースのパフォーマンスへの影響, 16.6.2
待機時間, 16.6.2
データベース初期化パラメータの設定, 16.6.3.2, 16.6.3.3, 16.6.3.4, 16.6.3.4
要件, 16.6.1.1
非同期I/O, 25.5.3.4
非同期チェンジ・セット
DDLでのキャプチャの停止, 16.9.2.3
例外の文, 16.9.2.3
DDLの削除, 16.9.2.4.2
インポート, 16.9.4.1
エクスポート, 16.9.4.1
開始値の指定, 16.9.2.1
管理, 16.9.2
キャプチャ・エラーからのリカバリ, 16.9.2.4
, 16.9.2.4.1, 16.9.2.4.2
終了値の指定, 16.9.2.1
無効化, 16.9.2.2
有効化, 16.9.2.2
非同期チェンジ・データ・キャプチャ
ARCHIVELOGモード, 16.11.1
アーカイブREDOログ・ファイル, 16.11.1
サプリメンタル・ロギング, 16.11.2, 16.2.2
サポートされるOracleの組込みデータ型の列, 16.11.4
非同期チェンジ・テーブル
インポート, 16.9.4.1
エクスポート, 16.9.4.1
ピボット, 14.5.4, 14.5.4
ビュー
DBA_DATA_FILES, 25.6.7.7
DBA_EXTENTS, 25.6.7.7
GV$FILESTAT, 25.6.7
V$FILESTAT, 25.6.7.7
V$PARAMETER, 25.6.7.8
V$PQ_SESSTAT, 25.6.5, 25.6.7.6
V$PQ_SYSSTAT, 25.6.5
V$PQ_TQSTAT, 25.6.6, 25.6.7.9
V$PX_PROCESS, 25.6.7.4, 25.6.7.5
V$PX_SESSION, 25.6.7.2
V$PX_SESSTAT, 25.6.7.3
V$SESSTAT, 25.6.7.10, 25.6.10
V$SYSSTAT, 25.6.7.10, 25.8.8.7
ビューの制約, 7.3.7, 18.3.5
外部, 14.2.2
サマリー, 25.3.2.2
参照, 19.3
ディテール表, 8.1.6
ディメンション
スター・クエリー, 19.3
ディメンション表(参照表), 8.1.6
データ・ウェアハウスでのリフレッシュ, 25.3.3.2.1
パラレルDDLの記憶域, 25.3.2.6
パラレル化の有効化, 25.4.6
パラレル作成, 25.3.2.2
パラレル実行でのSTORAGE句, 25.3.2.5
ファクト表, 8.1.6
スター・クエリー, 19.3
履歴, 25.3.3.2.4
表区別, 16.1.1
表のパーティション化
パブリッシャ, 16.9.3.1
表領域
チェンジ・データ・キャプチャのパブリッシャのデフォルト指定, 16.6.1.2
チェンジ・テーブル, 16.9.3.1
トランスポータブル, 12.2.2.2, 13.2.3, 13.2.3.2
ヒント
APPEND, 25.8.10.2
EXPAND_GSET_TO_UNION, 18.3.7.2, 18.6.10.4
FIRST_ROWS(n), 25.8.13
NOAPPEND, 25.8.10.2
NOWRITE, 18.6.10.1
PARALLEL, 25.4.3.1, 25.8.2, 25.8.10.1
PARALLEL_INDEX, 25.4.3.1
REWRITE, 18.6.10.1
REWRITE_OR_ERROR, 18.6.10.2
クエリー・リライト, 17.2, 18.6.10.1
ファイル
巨大, 3.2.2
ファクト, 10.1
ファクト表, 2.4, 2.4.1
スター型結合, 19.3
スター・クエリー, 19.3
複合問合せ
スノーフレーク・スキーマ, 19.3.1
複数のアーカイバ・プロセス, 25.8.8.6, 25.8.8.6
複数の階層, 10.2.2
複数のマテリアライズド・ビュー, 18.2.8
副問合せ
DDL文, 25.3.2.2
物理設計, 3.1
構造, 3.2.1
プルーニング
パーティション, 5.1.5, 25.7.1
フル・パーティション・ワイズ結合, 5.2.1
プロセス
パラレル処理でのメモリー競合, 25.5.1.1.1
プロセス・モニター・プロセス(PMON)
パラレルDMLのプロセス・リカバリ, 25.3.3.6.2
分散トランザクション
パラレルDDLの制限, 25.1.3
パラレルDMLの制限, 25.1.3, 25.3.3.12
分析関数, 22.3.5
概要, 21.1
分析ツール
説明, 23.2.3
並列度, 25.2.1, 25.4.2, 25.4.5, 25.4.5.2.2
問合せ操作間, 25.2.4.3
パラレルSQL, 25.4.3
マルチユーザー問合せ調整, 25.4.7
変換, 14.1
SQL*Loader, 14.2.1
SQLおよびPL/SQL, 14.3.1
使用例, 14.5
変更値選択, 16.1.1
変更データの公開
準備, 16.6
必要な権限, 16.6.1.1

マテリアライズド・ビュー
OLAP, 9.2
OLAPキューブ, 9.2.1
VPDを含む, 9.5.1
依存、リフレッシュ, 15.3.8
記憶域の特性, 8.3.3
クエリー・リライト
一致結合グラフ, 8.3.6
権限, 17.2.4
パラメータ, 17.2.1
ヒント, 17.2, 18.6.10.1
結合のみを含む, 8.2.2
削除, 8.4, 8.6
作成, 8.3
作成方法, 8.3.4
事前作成, 8.3
集計, 8.2.1
集合演算子, 9.2.4
使用, 8.1
スキーマ・デザイン, 8.1.7
スキーマ・デザインのガイドライン, 8.1.7
ステータスのチェック, 15.3.13
すべてをリフレッシュ, 15.3.7
制限, 8.3.6.1
セキュリティ, 9.5, 9.5
タイプ, 8.2
データ・セグメントの圧縮, 8.3.3
デルタ結合, 18.1.3.1.3
登録, 8.4
ネステッド・マテリアライズド・ビュー, 8.2.3
ネーミング, 8.3.2
パーティション・チェンジ・トラッキング(PCT), 9.1.1
パーティション表, 15.4
パーティション化, 9.1
複数, 18.2.8
変更, 9.6
無効化, 9.4
リフレッシュ, 8.3.7, 15.3
リライト
有効化, 17.2
ログ, 12.2.3.3
マテリアライズド・ビュー・ログ, 8.3.9
マルチユーザー問合せ調整
アルゴリズム, 25.4.7.1
定義, 25.4.7
無効化
マテリアライズド・ビュー, 9.4
メジャー, 8.1.6, 19.3
メモリー
2レベルでの構成, 25.5.2

ユーザー・リソース
制限, 25.5.1.3

ランキング関数, 21.2
リカバリ
パラレルDML, 25.3.3.6
非同期チェンジ・セットのキャプチャ・エラー, 16.9.2.4
リグレッション
検出, 25.6.1
リスト・パーティション化, 5.1.1.3
リソース
消費、パラメータによる影響, 25.5.2, 25.5.2.3
制限, 25.5.1.1
パラレル問合せの使用, 25.5.2
ユーザーの制限, 25.5.1.3
リフレッシュ
UNION ALLによる, 15.3.18
オプション, 8.3.7
監視, 15.3.12
スケジューリング, 15.3.14
ネステッド・マテリアライズド・ビュー, 15.3.17
パーティション化, 15.1
マテリアライズド・ビュー, 15.3
リモート・トランザクション
PDMLの制限, 25.1.3
領域管理
MINIMUM EXTENTパラメータ, 25.3.2.6
パラレルDDL, 25.3.2.4
リライト
権限, 17.2.4
問合せ最適化
一致結合グラフ, 8.3.6
ヒント, 17.2, 18.6.10.1
パラメータ, 17.2.1
ヒント, 18.6.10.1
ルート・レベル, 2.4.2.1.1
ルール
MODEL句, 22.2.5
SQLモデリング, 22.2.5
評価の順序, 22.2.6
カーディナリティ, 6.1.2
レプリケーション
制限
パラレルDML, 25.3.3.9
レベル, 2.4.2, 2.4.2.1.1
レベル関係, 2.4.2.1
目的, 2.4.2.1.2
レポート関数, 21.4
連結ROLLUP, 20.10.1
連結グルーピング, 20.7
レンジ・パーティション化, 5.1.1.1, 5.1.1.1
キーの比較, 5.5.1, 5.5.1.4
パーティション・バウンド, 5.5
パフォーマンスに関する考慮点, 5.1.3.1
レンジ-リスト・パーティション化, 5.1.3.6
連立方程式, 22.5
ローカル索引, 5.6.1, 5.6.3, 6.1.1, 6.1.4, 25.8.8.3
同一レベル・パーティション化, 5.6.1
ロギング
エラー, 14.4
ロギング・モード
パラレルDDL, 25.1.3, 25.3.2.1, 25.3.2.3
ログ
マテリアライズド・ビュー, 8.3.9
ロック
パラレルDML, 25.3.3.8
論理設計, 3.1

ワークロード
偏り, 25.4.4
分散, 25.6.6
割賦償還額
計算, 22.5