これは、前に説明したイントラ・オペレーションの例と似ています。この図は、サマリー表の作成というタスクを、パラレル実行コーディネータが2つのパラレル実行サーバーを使用してどのように処理するかを簡単に示しています。データは、daily_salesという表から、パラレル実行サーバーを経由して、サマリー表の作成プロセスへと送られます。

使用されている文は、CREATE TABLE summary (C1, AVGC2, SUMC3) PARALLEL (5) AS SELECT C1, AVG(C2), SUM(C3) FROM daily_sales GROUP BY (C1);です。