ヘッダーをスキップ
Oracle Databaseエラー・メッセージ
10g リリース2(10.2)
部品番号: B19212-01
  目次
目次
索引
索引

戻る
戻る
次へ
次へ
 

42 PROT-00001〜PROT-00807

PROT-00001: ocrconfigの初期化に失敗しました
原因: ocrconfigを初期化して起動できません。
処置: 障害の詳細をログ・ファイルで確認してください。
PROT-00002: エクスポート・ファイルはすでに存在します
原因: 要求されたエクスポート・ファイルは指定されたパスに存在します。
処置: エクスポート・ファイルの位置を変更するか、古いエクスポート・ファイルを削除してください。
PROT-00003: エクスポート・ファイルの作成に失敗しました
原因: クラスタ・レジストリ・データのエクスポートに使用するファイルを作成できないか、または開けません。
処置: 要求したパスのアクセス権またはディスク領域を確認してください。
PROT-00004: クラスタ・レジストリからのデータの取得に失敗しました
原因: クラスタ・レジストリから必要な情報を取得できません。
処置: クラスタ・レジストリが使用可能であることを確認し、ログ・ファイルで障害の詳細を確認してください。
PROT-00005: クラスタウェアが正常に稼働していません
原因: クラスタ・レジストリへのアクセスをクラスタウェアに登録できません。
処置: マシンで実行されているクラスタウェアのステータスを確認してください。
PROT-00006: 指定されたインポート・ファイルが見つかりません
原因: インポート・ファイルが存在しません。
処置: ファイルとそのパスが正しいことを確認して再試行してください。
PROT-00007: 指定されたインポート・ファイルのオープンに失敗しました
原因: 指定したインポート・ファイルにアクセスできません。
処置: インポート・ファイルのアクセス権を確認してください。
PROT-00008: 指定されたファイルからクラスタ・レジストリへのデータのインポートに失敗しました
原因: インポート・ファイルからデータを読み取ってクラスタ・レジストリにインポートできません。
処置: クラスタ・レジストリが使用可能であることを確認し、ログ・ファイルで障害の詳細を確認してください。
PROT-00009: 指定されたインポート・ファイルのオープンに失敗しました
原因: 指定したインポート・ファイルにアクセスできません。
処置: インポート・ファイルのアクセス権を確認してください。
PROT-00010: 指定されたソース・クラスタ・レジストリのオープンに失敗しました
原因: 指定したソース・クラスタ・レジストリにアクセスできません。
処置: ソース・クラスタ・レジストリのアクセス権と位置を確認し、ログ・ファイルで詳細を確認してください。
PROT-00011: 指定された宛先クラスタ・レジストリのオープンに失敗しました
原因: 指定した宛先クラスタ・レジストリにアクセスできません。
処置: 宛先クラスタ・レジストリのアクセス権と位置を確認してください。また、トレース・ファイルでも詳細を確認してください。
PROT-00012: アップグレードするOracle Cluster Registryには、サポートされないバージョンがあります
原因: アップグレードするOracle Cluster Registryは、サポートされていないバージョンです。
処置: Oracle Cluster Registryを、サポートされているバージョンにアップグレードしてください。
PROT-00013: Oracle Cluster Registryは現在のバージョンです
原因: Oracle Cluster Registryは現行のバージョンです。
処置: 処置は必要ありません。
PROT-00014: ダウングレードするOracle Cluster Registryには、前のバージョンがあります
原因: ダウングレードするOracle Cluster Registryは、以前のバージョンです。
処置: 処置は必要ありません。
PROT-00015: 実装されていない機能
原因: 要求された機能は、現行のリリースには実装されていません。
処置: その機能を次のリリースで再試行してください。
PROT-00016: 内部エラー
原因: これはocrconfigの内部エラーの総称です。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。
PROT-00017: 致命的エラー
原因: これはocrconfigの致命的エラーの総称です。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。
PROT-00018: ファイルのオープンに失敗しました
原因: ファイルが存在しないか、ユーザーはそのファイルを開く権限がありません。
処置: 別のファイル名を指定して再試行してください。
PROT-00019: クラスタウェアの実行中は先へ進めません。最初にクラスタウェアをシャットダウンしてください
原因: クラスタウェアが実行中です。
処置: クラスタ内のすべてのノードのクラスタウェアをシャットダウンしてください。
PROT-00020: 続行するための十分な権限がありません。権限のあるユーザーが必要です
原因: 権限のあるユーザーではありません。
処置: 権限のあるユーザーを使用してコマンドを再度実行してください。
PROT-00021: 無効なパラメータ
原因: 入力パラメータが無効です。
処置: 詳細はログ・ファイルを確認してください。
PROT-00022: 記憶域が小さすぎます。
原因: 指定された記憶域が小さすぎてOCRの内容をミラー化できません。
処置: 記憶容量の大きなデバイスを使用してコマンドを再度実行してください。
PROT-00118: このツールを実行する前に、上のディレクトリにファイルを作成する権限が付与されていることを確認してください。
原因: ocrconfigがコールされましたが、オプションが不正か、または指定されていません。
処置: 正しいオプションを指定してocrconfigを使用してください。
PROT-00301: クラスタウェアが稼働中はダンプを実行できません
原因: クラスタウェアの実行中はクラスタ・レジストリ・データをダンプできません。
処置: クラスタウェアを停止してからocrdumpを再試行してください。
PROT-00302: ocrdumpの初期化に失敗しました
原因: ocrdumpを初期化して起動できません。
処置: 障害の詳細をログ・ファイルで確認してください。
PROT-00303: ダンプ・ファイルはすでに存在します[string]
原因: 要求されたダンプ・ファイルは指定されたパスに存在します。
処置: ダンプ・ファイルの位置を変更するか、古いダンプ・ファイルを削除してください。
PROT-00304: ダンプ・ファイルの作成に失敗しました[string]
原因: クラスタ・レジストリ・データのダンプに使用するファイルを作成できないか、開くことができません。
処置: 要求したパスのアクセス権またはディスク領域を確認してください。
PROT-00305: ダンプ・ファイルへの書込みに失敗しました[string]
原因: クラスタ・レジストリ・データのダンプ中にダンプ・ファイルへの書込みはできません。
処置: 要求したパスのアクセス権またはディスク領域を確認してください。
PROT-00306: クラスタ・レジストリのデータの取得に失敗しました
原因: クラスタ・レジストリ・データを読み込めません。
処置: 障害の詳細をログ・ファイルで確認してください。
PROT-00307: 指定したキーがクラスタ・レジストリに存在しません
原因: 指定されたキーをクラスタ・レジストリから取得できません。
処置: ログ・ファイルでキー名を確認してください。
PROT-00415: このツールを実行する前に、上のディレクトリにファイルを作成する権限が付与されていることを確認してください。
原因: ocrdumpがコールされましたが、オプションが不正か、または指定されていません。
処置: 正しいオプションを指定してocrdumpを使用してください。
PROT-00601: ocrcheckの初期化に失敗しました
原因: ocrcheckを初期化して起動できません。
処置: 障害の詳細をログ・ファイルで確認してください。
PROT-00602: クラスタ・レジストリからのデータの取得に失敗しました
原因: クラスタ・レジストリから必要な情報を取得できません。
処置: クラスタ・レジストリが使用可能であることを確認し、ログ・ファイルで障害の詳細を確認してください。
PROT-00715: デバイス/ファイルの整合性チェックが失敗しました
原因: ocrcheckがコールされました。
処置: 処置は必要ありません。
PROT-00807: このツールを実行する前に、上のディレクトリにファイルを作成する権限が付与されていることを確認してください。
原因: ocrcheckがコールされましたが、オプションが不正か、または指定されていません。
処置: 正しいオプションを指定してocrcheckを使用してください。