この図は、Oracleが階層ツリーの問合せの行を戻す順序を示しています。 
ルート行から開始して、Oracleはリーフ行(子を持たない行)が検出されるまで、
ルートのいずれかの子行を戻して、次にその子行のいずれかの子を戻します。 
リーフ行が検出されると、Oracleは、子行を持つ次の行が検出されるまで階層を上がり、
次のリーフ行が戻されるまで、その子を戻します。 このプロセスが継続され、
Oracleは、最初の子行のすべての子孫が戻されたときにのみ、次の子を検出するためにルート行に戻します。