ヘッダーをスキップ
Oracle Database Net Services リファレンス
10g リリース2(10.2)
B19209-01
  索引へ
索引

次へ
次へ
 

目次

タイトルおよび著作権情報

はじめに

対象読者
ドキュメントのアクセシビリティについて
このマニュアルの構成
関連ドキュメント
表記規則
サポートおよびサービス

第I部 制御ユーティリティ

1 リスナー制御ユーティリティ

リスナー制御ユーティリティの概要
リスナー制御ユーティリティのSETコマンドとSHOWコマンド
分散処理
リスナーのセキュリティ
リスナー制御ユーティリティのコマンド
CHANGE_PASSWORD
EXIT
HELP
QUIT
RELOAD
SAVE_CONFIG
SERVICES
SET
SET CURRENT_LISTENER
SET DISPLAYMODE
SET INBOUND_CONNECT_TIMEOUT
SET LOG_DIRECTORY
SET LOG_FILE
SET LOG_STATUS
SET PASSWORD
SET SAVE_CONFIG_ON_STOP
SET STARTUP_WAITTIME
SET TRC_DIRECTORY
SET TRC_FILE
SET TRC_LEVEL
SHOW
SPAWN
START
STATUS
STOP
TRACE
VERSION

2 Oracle Connection Manager制御ユーティリティ

Oracle Connection Manager制御ユーティリティの概要
コマンド・モードと構文
分散処理
Oracle Connection Manager制御ユーティリティのコマンド
ADMINISTER
CLOSE CONNECTIONS
EXIT
HELP
QUIT
RELOAD
RESUME GATEWAYS
SAVE_PASSWORD
SET
SET ASO_AUTHENTICATION_FILTER
SET CONNECTION_STATISTICS
SET EVENT
SET IDLE_TIMEOUT
SET INBOUND_CONNECT_TIMEOUT
SET LOG_DIRECTORY
SET LOG_LEVEL
SET OUTBOUND_CONNECT_TIMEOUT
SET PASSWORD
SET SESSION_TIMEOUT
SET TRACE_DIRECTORY
SET TRACE_LEVEL
SHOW
SHOW ALL
SHOW CONNECTIONS
SHOW DEFAULTS
SHOW EVENTS
SHOW GATEWAYS
SHOW PARAMETERS
SHOW RULES
SHOW SERVICES
SHOW STATUS
SHOW VERSION
SHUTDOWN
STARTUP
SUSPEND GATEWAY

第II部 構成パラメータ

3 構成ファイルの構文規則

構成ファイルの構文の概要
構成ファイルの構文規則の詳細
ネットワーク・キャラクタ・セット
キャラクタ・セット

4 プロトコル・アドレス構成

ADDRESSおよびADDRESS_LIST
ADDRESS
ADDRESS_LIST
プロトコル・パラメータ
お薦めするポート番号
ポート番号の制限

5 プロファイル・パラメータ(sqlnet.ora)

プロファイル構成ファイルの概要
プロファイルのパラメータ
BEQUEATH_DETACH
DEFAULT_SDU_SIZE
DISABLE_OOB
LOG_DIRECTORY_CLIENT
LOG_DIRECTORY_SERVER
LOG_FILE_CLIENT
LOG_FILE_SERVER
NAMES.DCE.PREFIX
NAMES.DEFAULT_DOMAIN
NAMES.DIRECTORY_PATH
NAMES.NIS.META_MAP
RECV_BUF_SIZE
SEND_BUF_SIZE
SQLNET_ALLOWED_LOGON_VERSIONS
SQLNET.AUTHENTICATION_KERBEROS5_SERVICE
SQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES
SQLNET.CLIENT_REGISTRATION
SQLNET.CRYPTO_CHECKSUM_CLIENT
SQLNET.CRYPTO_CHECKSUM_SERVER
SQLNET.CRYPTO_CHECKSUM_TYPES_CLIENT
SQLNET.CRYPTO_CHECKSUM_TYPES_SERVER
SQLNET.CRYPTO_SEED
SQLNET.ENCRYPTION_CLIENT
SQLNET.ENCRYPTION_SERVER
SQLNET.ENCRYPTION_TYPES_CLIENT
SQLNET.ENCRYPTION_TYPES_SERVER
SQLNET.EXPIRE_TIME
SQLNET.INBOUND_CONNECT_TIMEOUT
SQLNET.KERBEROS5_CC_NAME
SQLNET.KERBEROS5_CLOCKSKEW
SQLNET.KERBEROS5_CONF
SQLNET.KERBEROS5_KEYTAB
SQLNET.KERBEROS5_REALMS
SQLNET.RADIUS_ALTERNATE
SQLNET.RADIUS_ALTERNATE_PORT
SQLNET.RADIUS_ALTERNATE_RETRIES
SQLNET.RADIUS_AUTHENTICATION
SQLNET.RADIUS_AUTHENTICATION_INTERFACE
SQLNET.RADIUS_AUTHENTICATION_PORT
SQLNET.RADIUS_AUTHENTICATION_RETRIES
SQLNET.RADIUS_AUTHENTICATION_TIMEOUT
SQLNET.RADIUS_CHALLENGE_RESPONSE
SQLNET.RADIUS_SECRET
SQLNET.RADIUS_SEND_ACCOUNTING
SQLNET.RECV_TIMEOUT
SQLNET.SEND_TIMEOUT
SSL_CERT_REVOCATION
SSL_CERT_FILE
SSL_CERT_PATH
SSL_CIPHER_SUITES
SSL_CLIENT_AUTHENTICATION
SSL_SERVER_DN_MATCH
SSL_VERSION
TCP.EXCLUDED_NODES
TCP.INVITED_NODES
TCP.VALIDNODE_CHECKING
TCP.NODELAY
TNSPING.TRACE_DIRECTORY
TNSPING.TRACE_LEVEL
TRACE_DIRECTORY_CLIENT
TRACE_DIRECTORY_SERVER
TRACE_FILE_CLIENT
TRACE_FILE_SERVER
TRACE_FILELEN_CLIENT
TRACE_FILELEN_SERVER
TRACE_FILENO_CLIENT
TRACE_FILENO_SERVER
TRACE_LEVEL_CLIENT
TRACE_LEVEL_SERVER
TRACE_TIMESTAMP_CLIENT
TRACE_TIMESTAMP_SERVER
TRACE_UNIQUE_CLIENT
USE_CMAN
USE_DEDICATED_SERVER
WALLET_LOCATION
WALLET_OVERRIDE

6 ローカル・ネーミング・パラメータ(tnsnames.ora)

ローカル・ネーミング・パラメータの概要
tnsnames.oraの一般的な構文
tnsnames.ora内の複数記述子
tnsnames.ora内の複数アドレス・リスト
Oracle Connection Managerによる接続時フェイルオーバーとクライアント・ロード・バランス
ローカル・ネーミングのパラメータ
接続記述子の説明
DESCRIPTION
DESCRIPTION_LIST
プロトコル・アドレス・セクション
ADDRESS
ADDRESS_LIST
リストのオプション・パラメータ
FAILOVER
LOAD_BALANCE
RECV_BUF_SIZE
SDU
SEND_BUF_SIZE
SOURCE_ROUTE
TYPE_OF_SERVICE
接続データ・セクション
CONNECT_DATA
FAILOVER_MODE
GLOBAL_NAME
HS
INSTANCE_NAME
RDB_DATABASE
SERVER
SERVICE_NAME
SID
セキュリティ・セクション
SECURITY
SSL_SERVER_CERT_DN

7 リスナー・パラメータ(listener.ora)

リスナー構成ファイルの概要
リスナーのパラメータ
プロトコル・アドレス・セクション
DESCRIPTION
ADDRESS
QUEUESIZE
RECV_BUF_SIZE
SEND_BUF_SIZE
静的サービス登録(SID_LIST)セクション
SID_LIST
SID_DESC
ENVS
GLOBAL_DBNAME
ORACLE_HOME
PROGRAM
SID_NAME
SDU
制御パラメータ
ADMIN_RESTRICTIONS_listener_name
INBOUND_CONNECT_TIMEOUT_listener_name
LOG_DIRECTORY_listener_name
LOG_FILE_listener_name
LOGGING_listener_name
PASSWORDS_listener_name
SAVE_CONFIG_ON_STOP_listener_name
SSL_CLIENT_AUTHENTICATION
STARTUP_WAIT_TIME_listener_name
TRACE_DIRECTORY_listener_name
TRACE_FILE_listener_name
TRACE_FILELEN_listener_name
TRACE_FILENO_listener_name
TRACE_LEVEL_listener_name
TRACE_TIMESTAMP_listener_name
WALLET_LOCATION

8 Oracle Connection Managerパラメータ(cman.ora)

Oracle Connection Manager構成ファイルの概要
Oracle Connection Managerのパラメータ
リスニング・エンドポイント
ADDRESS
ルール・リスト
RULE
パラメータ・リスト
PARAMETER_LIST
ASO_AUTHENTICATION_FILTER
CONNECTION_STATISTICS
EVENT_GROUP
IDLE_TIMEOUT
INBOUND_CONNECT_TIMEOUT
LOG_DIRECTORY
LOG_LEVEL
MAX_CMCTL_SESSIONS
MAX_CONNECTIONS
MAX_GATEWAY_PROCESSES
MIN_GATEWAY_PROCESSES
OUTBOUND_CONNECT_TIMEOUT
PASSWORD_instance_name
REMOTE_ADMIN
SESSION_TIMEOUT
TRACE_DIRECTORY
TRACE_FILELEN
TRACE_FILENO
TRACE_LEVEL
TRACE_TIMESTAMP

9 ディレクトリ使用パラメータ(ldap.ora)

ディレクトリ・サーバー使用ファイルの概要
ディレクトリ使用パラメータ
DIRECTORY_SERVERS
DIRECTORY_SERVER_TYPE
DEFAULT_ADMIN_CONTEXT

第III部 付録

A このリリースのサポート対象外の機能

サポート対象外機能の概要
サポートされないパラメータ
サポート対象外の制御ユーティリティ・コマンド

B Oracle Net Servicesのアップグレードに関する考慮事項

サポート対象外のOracle Net Services機能の概要
サポート対象外のパラメータおよび制御ユーティリティ・コマンド
クライアントとデータベースの共存に関する考慮事項
Oracle9iデータベースの接続
Oracle8iまたはOracle7データベースの接続
Oracle Names
Oracle Net Managerによる互換性問題への対応
Oracle Net Servicesへのアップグレード
手順1: サービス名とインスタンス名の確認
手順2: データベース・サーバーでのソフトウェア・アップグレード
手順3: クライアントでのソフトウェア・アップグレード
手順4: 機能のアップグレード
tnsnames.ora
listener.ora

C Oracle Net ServicesのLDAPスキーマ

構造化オブジェクト・クラス
orclDBServer
orclNetService
orclNetServiceAlias
orclNetDescription
orclNetDescriptionList
orclNetAddress
orclNetAddressList
orclNetDescriptionAux1
orclNetAddressAux1
属性

用語集

索引