ヘッダーをスキップ
Oracle Database Net Services リファレンス
10g リリース2(10.2)
B19209-01
  目次へ
目次
索引へ
索引

前へ
前へ
次へ
次へ
 

6 ローカル・ネーミング・パラメータ(tnsnames.ora)

この章では、tnsnames.oraファイルの構成パラメータの完全なリストを提供します。

この章では、次の項目について説明します。

ローカル・ネーミング・パラメータの概要

このtnsnames.oraファイルは、ローカル・ネーミング・メソッドの接続記述子にマップされる ネット・サービス名、またはリスナーのプロトコル・アドレスにマップされるネット・サービス名が含まれた構成ファイルです。

ネット・サービス名は、接続記述子に含まれているデータベース・ネットワーク・アドレスにマップされる別名です。接続記述子には、プロトコル・アドレスによるリスナーの位置、および接続先データベースのサービス名が含まれています。(他のデータベース・サーバーのクライアントである)クライアントとデータベース・サーバーは、アプリケーションとの接続時にネット・サービス名を使用します。

tnsnames.oraのデフォルトの位置は、UNIXオペレーティング・システムの場合は$ORACLE_HOME/network/adminディレクトリ、Windowsオペレーティング・システムの場合はORACLE_HOME\network\adminディレクトリです。tnsnames.oraは次の位置に格納することもできます。

tnsnames.oraの一般的な構文

tnsnames.oraファイルの基本的な構文は、例6-1のとおりです。DESCRIPTIONには接続記述子、ADDRESSにはプロトコル・アドレス、CONNECT_DATAにはデータベース・サービス識別情報が含まれています。

例6-1 tnsnames.oraファイルの基本的な書式

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=(protocol_address_information))
   (CONNECT_DATA=
     (SERVICE_NAME=service_name)))

tnsnames.ora内の複数記述子

tnsnames.oraファイルには、1つ以上の接続記述子を持つネット・サービス名を含めることができます。 各接続記述子には、1つ以上のプロトコル・アドレスを含めることができます。 例6-2には、複数のアドレスを持つ2つの接続記述子が示されています。DESCRIPTION_LISTは、接続記述子のリストを定義します。


注意:

Oracle Net Managerでは、1つのネット・サービス名に対する複数の接続記述子の作成はサポートしていません。

例6-2 tnsnames.ora内に複数の接続記述子を持つネット・サービス名

net_service_name=
 (DESCRIPTION_LIST=
  (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=(protocol_address_information))
   (ADDRESS=(protocol_address_information))
   (ADDRESS=(protocol_address_information))
   (CONNECT_DATA=
     (SERVICE_NAME=service_name)))
  (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=(protocol_address_information))
   (ADDRESS=(protocol_address_information))
   (ADDRESS=(protocol_address_information))
   (CONNECT_DATA=
     (SERVICE_NAME=service_name))))

tnsnames.ora内の複数アドレス・リスト

tnsnames.oraファイルは、それぞれ独自の特性を備えた複数のアドレス・リストを持つ接続記述子もサポートします。 例6-3では、2つのアドレス・リストが示されています。 最初のアドレス・リストには、クライアント・ロード・バランスがあり、接続時フェイルオーバーがないという特徴があり、ADDRESS_LIST内のプロトコル・アドレスにのみ影響を与えます。2番目のプロトコル・アドレス・リストには、接続時フェイルオーバーがありクライアント・ロード・バランスがないという特徴があり、ADDRESS_LIST内のプロトコル・アドレスにのみ影響を与えます。クライアントは、最初に第1または第2のプロトコル・アドレスを無作為に試行し、次に、第3および第4のプロトコル・アドレスを順に試行します。


注意:

Oracle Net Managerでは、1つの接続記述子に対する1つのプロトコル・アドレス・リストの作成のみをサポートします。

例6-3 tnsnames.ora内の複数アドレス・リスト

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
  (ADDRESS_LIST=
   (LOAD_BALANCE=on)
   (FAILOVER=off)
   (ADDRESS=(protocol_address_information))
   (ADDRESS=(protocol_address_information)))
  (ADDRESS_LIST=
   (LOAD_BALANCE=off)
   (FAILOVER=on)
   (ADDRESS=(protocol_address_information))
   (ADDRESS=(protocol_address_information)))
  (CONNECT_DATA=
   (SERVICE_NAME=service_name)))

注意:

リストが1つのみの場合は、リリース8.1以前の場合のように、プロトコル・アドレス・リストをADDRESS_LISTに埋め込む必要はありません。

Oracle Connection Managerによる接続時フェイルオーバーとクライアント・ロード・バランス

tnsnames.oraファイルの接続記述子に、Oracle Connection Managerのプロトコル・アドレスが少なくとも2つ含まれている場合は、接続時フェイルオーバーとロード・バランシングのパラメータをファイルに組み込むことができます。

例6-4では、複数のOracle Connection Managerプロトコル・アドレスのフェイルオーバーが示されています。

例6-4 tnsnames.ora内の複数Oracle Connection Managerアドレス

sample1=
 (DESCRIPTION=
   (SOURCE_ROUTE=yes)
   (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host1)(PORT=1630))    # hop 1
   (ADDRESS_LIST=
     (FAILOVER=on)
     (LOAD_BALANCE=off)                                # hop 2
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host2a)(PORT=1630))
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host2b)(PORT=1630)))
   (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host3)(PORT=1521))    # hop 3
   (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=Sales.us.acme.com)))

例6-4の場合は、次の処理が行われます。

  1. 次の記述によって、クライアントは、最初のOracle Connection Managerのプロトコル・アドレスに接続するように指示されます。

    (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host1)(PORT=1630))
    
    
  2. 次に、最初のOracle Connection Managerは、別のOracle Connection Managerの第1プロトコル・アドレスに接続するように指示されます。第1プロトコル・アドレスへの接続に失敗した場合は、第2プロトコル・アドレスへの接続が試行されます。この順序は、次の構成によって指定されます。

    (ADDRESS_LIST=
      (FAILOVER=ON)
      (LOAD_BALANCE=off)
      (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host2a)(PORT=1630))
      (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host2b)(PORT=1630))
    
    
  3. 次に、Oracle Connection Managerは、次のプロトコル・アドレスを使用してデータベース・サービスに接続します。

    (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host3)(PORT=1521))
    
    

例6-5では、2つのOracle Connection Managerと2つのプロトコル・アドレスのクライアント・ロード・バランスが示されています。

例6-5 tnsnames.ora内のクライアント・ロード・バランス

sample2=
 (DESCRIPTION=
   (LOAD_BALANCE=on)
   (FAILOVER=on)
   (ADDRESS_LIST=
     (SOURCE_ROUTE=yes)
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host1)(PORT=1630))
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host2)(PORT=1521)))
  (ADDRESS_LIST=
     (SOURCE_ROUTE=yes)
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host3)(port=1630))
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=host4)(port=1521)))
   (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=sales.us.acme.com)))

例6-5の場合は、次の処理が行われます。

  1. クライアントは、ADDRESS_LISTを無作為に選択し、選択したADDRESS_LISTに障害がある場合、別のリストにフェイルオーバーするように指示されます。この指示は、LOAD_BALANCEパラメータとFAILOVERパラメータがonに設定されていることで示されます。

  2. ADDRESS_LISTが選択されると、クライアントは、最初にそのADDRESS_LISTに指定されているポート1630を使用するOracle Connection Managerプロトコル・アドレスを使用して、Oracle Connection Managerに接続します。

  3. 次に、Oracle Connection Managerは、ADDRESS_LISTに指定されているプロトコル・アドレスを使用してデータベース・サービスに接続します。

ローカル・ネーミングのパラメータ

この項では、接続記述子を導出するtnsnames.oraファイルのパラメータをリストして説明します。構成パラメータは、次のカテゴリに分類されます。

接続記述子の説明

各接続記述子は、DESCRIPTIONパラメータの中に組み込まれています。複数の接続記述子は、DESCRIPTION_LISTパラメータによって記述されます。これらのパラメータを次に説明します。

DESCRIPTION

用途

DESCRIPTIONパラメータは、接続記述子のコンテナとして使用します。

このパラメータは、DESCRIPTION_LISTパラメータの下に埋め込みます。

net_service_name=
(DESCRIPTION=
  (ADDRESS=...)
  (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=sales.us.acme.com)))

DESCRIPTION_LIST

用途

DESCRIPTION_LISTパラメータを使用して、特定のネット・サービス名に関する接続記述子のリストを定義します。

net_service_name=
(DESCRIPTION_LIST=
 (DESCRIPTION=
  (ADDRESS=...)
  (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=sales.acme.com)))
 (DESCRIPTION=
  (ADDRESS=...)
  (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=sales2.us.acme.com))))

プロトコル・アドレス・セクション

tnsnames.oraファイルのプロトコル・アドレス・セクションは、リスナーのプロトコル・アドレスを指定します。

ADDRESS

用途

パラメータADDRESSを使用して、単一のリスナー・プロトコル・アドレスを定義します。

このパラメータは、ADDRESS_LISTパラメータまたはDESCRIPTIONパラメータの下に埋め込みます。


関連項目:

各プロトコルに使用する正しいパラメータの説明は、第4章を参照してください。

net_service_name=
(DESCRIPTION=
 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales-svr)(PORT=1521))
 (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=sales.us.acme.com))

ADDRESS_LIST

用途

パラメータADDRESS_LISTを使用して、プロトコル・アドレスのリストを定義します。アドレス・リストが1つのみの場合、ADDRESS_LISTは不要です。

このパラメータは、DESCRIPTIONパラメータまたはDESCRIPTION_LISTパラメータの下に埋め込みます。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
  (ADDRESS_LIST=
   (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales1-svr)(PORT=1521))
   (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales2-svr)(PORT=1521)))
  (ADDRESS_LIST=
   (FAILOVER=on)
   (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales1-svr)(PORT=1521))
   (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales2-svr)(PORT=1521))
  (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=sales.us.acme.com)))

リストのオプション・パラメータ

アドレスが複数の場合は、次のパラメータが使用可能です。

FAILOVER

用途

パラメータFAILOVERを使用して、複数のプロトコル・アドレスに対して接続時フェイルオーバーを使用可能または使用禁止にします。

このパラメータをonyesまたはtrueに設定すると、Oracle Netは、接続時に最初のプロトコル・アドレスに障害があった場合に別のアドレスにフェイルオーバーします。このパラメータをoffnoまたはfalseに設定すると、Oracle Netは、1つのプロトコル・アドレスを使用します。

このパラメータは、DESCRIPTION_LISTパラメータ、DESCRIPTIONパラメータまたはADDRESS_LISTパラメータの下に埋め込みます。


重要:

listener.oraSID_LIST_listener_nameセクションには、GLOBAL_DBNAMEパラメータを設定しないでください。静的に構成されたグローバル・データベース名は、接続時フェイルオーバーを使用できません。

デフォルト

DESCRIPTION_LISTDESCRIPTIONおよびADDRESS_LISTの場合はon

on | off | yes | no | true | false

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
  (FAILOVER=on)
  (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales1-svr)(PORT=1521))
  (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales2-svr)(PORT=1521)))
  (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=sales.us.acme.com)))

LOAD_BALANCE

用途

パラメータLOAD_BALANCEを使用して、複数のプロトコル・アドレスに対してクライアント・ロード・バランスを使用可能または使用禁止にします。

このパラメータをonyesまたはtrueに設定すると、Oracle Netは、無作為の順序でアドレスのリストを進み、各種リスナーまたはOracle Connection Managerのプロトコル・アドレスにかかる負荷を均衡化します。 このパラメータをoffnoまたはfalseに設定すると、Oracle Netは、1つのプロトコル・アドレスが正常に作動するまでプロトコル・アドレスを順番に試します。

このパラメータは、DESCRIPTION_LISTパラメータ、DESCRIPTIONパラメータまたはADDRESS_LISTパラメータの下に埋め込みます。

デフォルト

DESCRIPTION_LISTの場合は、on

on | off | yes | no | true | false

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
  (LOAD_BALANCE=on)
  (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales1-svr)(PORT=1521))
  (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales2-svr)(PORT=1521)))
  (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=sales.us.acme.com))

RECV_BUF_SIZE

用途

パラメータRECV_BUF_SIZEを使用して、セッションの受信操作に使用するバッファ領域をバイト数で指定します。このパラメータは、TCP/IP、SSL付きTCP/IP、SDPの各プロトコルでサポートされます。


注意:

オペレーティング・システムによっては、他のプロトコルもこのパラメータをサポートしている場合があります。このパラメータをサポートしている他のプロトコルの詳細は、オペレーティング・システムのマニュアルを参照してください。

このパラメータを、DESCRIPTIONパラメータの下またはプロトコル・アドレスの最後に埋め込みます。

デフォルト

このパラメータのデフォルト値は、オペレーティング・システムによって異なります。Solaris 2.6オペレーティング・システムのデフォルトは、32768バイトです。

使用方法

クライアントの接続記述子にこのパラメータを設定すると、クライアント側のsqlnet.oraファイルのRECV_BUF_SIZEパラメータが上書きされます。


関連項目:

このパラメータの構成方法の詳細は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS_LIST=
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales1-server)(PORT=1521)
        (RECV_BUF_SIZE=11784))
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales2-server)(PORT=1521)
        (RECV_BUF_SIZE=11784))
   (CONNECT_DATA=
     (SERVICE_NAME=sales.us.acme.com)))
net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (RECV_BUF_SIZE=11784)
   (ADDRESS_LIST=
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=hr1-server)(PORT=1521)
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=hr2-server)(PORT=1521))
   (CONNECT_DATA=
     (SERVICE_NAME=hr.us.acme.com)))

SDU

用途

パラメータSDUを使用して、ネットワークを介して送信されるデータ・パケットの転送レートを、指定されたセッション・データ・ユニット(SDU)・サイズで最適化するようにOracle Netに指示します。

このパラメータは、DESCRIPTIONパラメータの下に埋め込みます。

デフォルト

2048バイト(2KB)

512〜32768バイト(32KB)

使用方法

クライアントの接続記述子にこのパラメータを設定すると、クライアント側のsqlnet.oraファイルのDEFAULT_SDU_SIZEパラメータが上書きされます。


関連項目:

SDUの使用方法と構成情報の詳細は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
  (SDU=2085)
   (ADDRESS_LIST=
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales1-server)(PORT=1521))
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales2-server)(PORT=1521)))
  (CONNECT_DATA=
    (SERVER_NAME=sales.us.acme.com))

SEND_BUF_SIZE

用途

パラメータSEND_BUF_SIZEを使用して、セッションの送信操作に使用するバッファ領域をバイト数で指定します。このパラメータは、TCP/IP、SSL付きTCP/IP、SDPの各プロトコルでサポートされます。


注意:

オペレーティング・システムによっては、他のプロトコルもこのパラメータをサポートしている場合があります。このパラメータをサポートしている他のプロトコルの詳細は、オペレーティング・システムのマニュアルを参照してください。

このパラメータを、DESCRIPTIONパラメータの下またはプロトコル・アドレスの最後に埋め込みます。

デフォルト

このパラメータのデフォルト値は、オペレーティング・システムによって異なります。Solaris 2.6オペレーティング・システムのデフォルトは、8192バイトです。

使用方法

クライアントの接続記述子にこのパラメータを設定すると、クライアント側のsqlnet.oraファイルのSEND_BUF_SIZEパラメータが上書きされます。


関連項目:

このパラメータの構成方法の詳細は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS_LIST=
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales1-server)(PORT=1521)
        (SEND_BUF_SIZE=11784))
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales2-server)(PORT=1521)
        (SEND_BUF_SIZE=11784))
   (CONNECT_DATA=
     (SERVICE_NAME=sales.us.acme.com)))
net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (SEND_BUF_SIZE=11784)
   (ADDRESS_LIST=
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=hr1-server)(PORT=1521)
     (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=hr2-server)(PORT=1521))
   (CONNECT_DATA=
     (SERVICE_NAME=hr.us.acme.com)))

SOURCE_ROUTE

用途

パラメータSOURCE_ROUTEを使用して、複数のプロトコル・アドレスを介するルーティングを使用可能にします。

onまたはyesに設定すると、Oracle Netは、接続先に到達するまで順番に各アドレスを使用します。

Oracle Connection Managerを使用するには、クライアントからOracle Connection Managerへの第1接続、およびOracle Connection Managerからリスナーへの第2接続が必要です。

このパラメータは、DESCRIPTION_LISTパラメータ、DESCRIPTIONパラメータまたはADDRESS_LISTパラメータの下に埋め込みます。


関連項目:

構成情報の詳細は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。

デフォルト

off

yes | no | on | off

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
  (SOURCE_ROUTE=on)
  (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=cman-pc)(PORT=1630))
  (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales1-svr)(PORT=1521)))
  (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=sales.us.acme.com))

TYPE_OF_SERVICE

用途

パラメータTYPE_OF_SERVICEを使用して、Oracle RDBデータベースに使用するサービスのタイプを指定します。このパラメータは、アプリケーションがOracle RDBとOracleデータベース・サービスの両方をサポートし、この両者間のロード・バランスをアプリケーションで行うようにする場合にのみ使用してください。

このパラメータは、DESCRIPTIONパラメータの下に埋め込みます。

net_service_name=
 (DESCRIPTION_LIST=
  (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=...)
   (CONNECT_DATA=
    (SERVICE_NAME=generic)
    (RDB_DATABASE=[.mf]mf_personal.rdb)
    (GLOBAL_NAME=alpha5))
   (TYPE_OF_SERVICE=rdb_database))
  (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=...)
   (CONNECT_DATA=
    (SERVICE_NAME=sales.us.acme.com))
   (TYPE_OF_SERVICE=oracle9_database)))

接続データ・セクション

tnsnames.oraファイルの接続データ・セクションでは、接続先サービスの名前を指定します。

CONNECT_DATA

用途

パラメータCONNECT_DATAを使用して、接続先のサービスを定義します。

このパラメータは、DESCRIPTIONパラメータの下に埋め込みます。

使用上の注意

CONNECT_DATAには、次のサブパラメータを指定できます。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
  (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales1-svr)(PORT=1521))
  (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales2-svr)(PORT=1521))
  (CONNECT_DATA=
   (SERVICE_NAME=sales.us.acme.com)))

FAILOVER_MODE

用途

パラメータFAILOVER_MODEを使用して、実行時に最初のリスナーが失敗した場合に別のリスナーにフェイルオーバーするようOracle Netに指示します。構成に従って、実行していたセッションまたはSELECT文が自動的にフェイルオーバーされます。

この種類のフェイルオーバーは、透過的アプリケーション・フェイルオーバー(TAF)と呼ばれます。接続時フェイルオーバーのFAILOVERパラメータと混同しないでください。

このパラメータは、CONNECT_DATAパラメータの下に埋め込みます。


関連項目:

構成情報の詳細は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。

サブパラメータ

FAILOVER_MODEは、次のサブパラメータをサポートします。

BACKUP: フェイルオーバー・ノードをネット・サービス名により指定します。フェイルオーバー・ノードに対しては個別のネット・サービス名を作成する必要があります。

TYPE: フェイルオーバー・タイプを指定します。 Oracle Call Interface(OCI)アプリケーションでは、デフォルトで3種類のOracle Netフェイルオーバー機能を使用できます。

session: セッションをフェイルオーバーします。つまり、ユーザーの接続が消失した場合、バックアップ上にそのユーザーの新規セッションが自動的に作成されます。このタイプのフェイルオーバーは、リカバリ選択を試行しません。

select: オープン・カーソルを持つユーザーはフェッチに失敗してもフェッチを継続できます。ただし、このモードは、通常の選択操作ではクライアント側のオーバーヘッドを伴います。

none: これがデフォルトで、フェイルオーバー機能は使用されません。このパラメータを使用して、フェイルオーバーの発生回避を明示的に指定することもできます。

METHOD: 1次ノードからバックアップ・ノードへのフェイルオーバーの実行速度を指定します。

basic: フェイルオーバー時に接続を確立します。このオプションでは、フェイルオーバー時間までバックアップ・データベース・サーバーでの作業はほとんど不要です。

preconnect: 接続を事前に確立します。これは、速いフェイルオーバーを提供しますが、バックアップ・インスタンスがサポート対象の全インスタンスからの全接続をサポートできることが必要です。

RETRIES: フェイルオーバー後の接続試行回数を指定します。DELAYが指定されている場合、RETRIESは5回の試行回数にデフォルト設定されます。

DELAY: 接続試行の間隔を秒数で指定します。RETRIESが指定されている場合、DELAYは1秒にデフォルト設定されます。


注意:

コールバック関数が登録されている場合、RETRIESサブパラメータおよびDELAYサブパラメータは無視されます。


関連項目:

実装例は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。

GLOBAL_NAME

用途

パラメータGLOBAL_NAMEを使用して、Oracle RDBデータベースを識別します。

このパラメータは、CONNECT_DATAパラメータの下に埋め込みます。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=...)
   (ADDRESS=...)
   (CONNECT_DATA=
    (SERVICE_NAME=generic)
    (RDB_DATABASE=[.mf]mf_personal.rdb)
    (GLOBAL_NAME=alpha5)))

HS

用途

パラメータHSを使用して、Oracle以外のシステムには異機種間サービスを介して接続するようにOracle Netに指示します。

このパラメータは、CONNECT_DATAパラメータの下に埋め込みます。


関連項目:

構成情報の詳細は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。

デフォルト

なし

ok

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=...)
   (ADDRESS=...)
   (CONNECT_DATA=
    (SID=sales6)
    (HS=ok)))

INSTANCE_NAME

用途

パラメータINSTANCE_NAMEを使用して、アクセスするデータベース・インスタンスを識別します。値は、初期化パラメータ・ファイルのINSTANCE_NAMEパラメータに指定されている値に設定します。

このパラメータは、CONNECT_DATAパラメータの下に埋め込みます。


関連項目:

INSTANCE_NAMEの使用方法の詳細は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=...)
   (ADDRESS=...)
   (CONNECT_DATA=
    (SERVICE_NAME=sales.us.acme.com)
    (INSTANCE_NAME=sales1)))

RDB_DATABASE

用途

パラメータRDB_DATABASEを使用して、Oracle RDBデータベースのファイル名を指定します。

このパラメータは、CONNECT_DATAパラメータの下に埋め込みます。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=...)
   (ADDRESS=...)
   (CONNECT_DATA=
    (SERVICE_NAME=sales.us.acme.com)
    (RDB_DATABASE= [.mf]mf_personal.rdb)))

SERVER

用途

パラメータSERVERを使用して、クライアントを特定タイプのサービス・ハンドラに接続するようにリスナーに指示します。

このパラメータは、CONNECT_DATAパラメータの下に埋め込みます。

  • dedicated: クライアントの要求が専用サーバー・プロセスによって処理されるように指定します。

  • shared: クライアントの要求が共有サーバー・プロセスによって処理されるように指定します。


    注意:

    クライアントが共有サーバー・プロセスでデータベースに接続するには、共有サーバーはデータベース初期化ファイルに構成されている必要があります。 構成情報の詳細は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。


    注意:

    sqlnet.oraファイルのUSE_DEDICATED_SERVERパラメータは、このパラメータよりも優先されます。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=...)
   (ADDRESS=...)
   (CONNECT_DATA=
    (SERVER_NAME=sales.us.acme.com)
    (SERVER=dedicated)))

SERVICE_NAME

用途

パラメータSERVICE_NAMEを使用して、アクセスするOracle9iまたはOracle8データベース・サービスを識別します。値は、初期化パラメータ・ファイルのSERVICE_NAMESパラメータに指定されている値に設定します。

このパラメータは、CONNECT_DATAパラメータの下に埋め込みます。


関連項目:

SERVICE_NAMEパラメータの使用方法の詳細は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=...)
   (ADDRESS=...)
   (CONNECT_DATA=
    (SERVICE_NAME=sales.us.acme.com)))

SID

用途

パラメータSIDを使用して、Oracle8データベース・インスタンスをOracleシステム識別子(SID)により識別します。 データベースがOracle9iまたはOracle8の場合は、SIDパラメータではなく、SERVICE_NAMEパラメータを使用します。


関連項目:

SIDの使用方法の詳細は、『Oracle Database Net Services管理者ガイド』を参照してください。

このパラメータは、CONNECT_DATAパラメータの下に埋め込みます。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=...)
   (ADDRESS=...)
   (CONNECT_DATA=
    (SID=sales)))

セキュリティ・セクション

tnsnames.oraファイルのセキュリティ・セクションでは、Oracle Advanced Security機能で使用するセキュリティに関連するパラメータを指定します。

SECURITY

用途

パラメータSECURITYを使用して、安全な接続を可能にします。

このパラメータは、DESCRIPTIONパラメータの下に埋め込みます。

使用上の注意

SECURITYには、SSL_SERVER_CERT_DNサブパラメータを指定できます。

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
  (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales1-svr)(PORT=1521))
  (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=sales2-svr)(PORT=1521))
  (CONNECT_DATA=
   (SERVICE_NAME=sales.us.acme.com))
   (SECURITY=
    (SSL_SERVER_CERT_DN="cn=sales,cn=OracleContext,dc=us,dc=acme,dc=com")))

SSL_SERVER_CERT_DN

用途

パラメータSSL_SERVER_CERT_DNを使用して、データベース・サーバーの識別名(DN)を指定します。クライアントは、この情報を使用して、各サーバーに予定しているDNリストを取得し、データベース・サーバーのDNがそのサービス名と一致していることを確認します。

使用上の注意

このパラメータをsqlnet.oraSSL_SERVER_DN_MATCHパラメータとともに使用して、サーバーDNの一致を可能にします。


関連項目:

『Oracle Advanced Security管理者ガイド』

net_service_name=
 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=...)
   (ADDRESS=...)
   (CONNECT_DATA=
    (SERVICE_NAME=finance.us.acme.com))
   (SECURITY=
    (SSL_SERVER_CERT_DN="cn=finance,cn=OracleContext,dc=us,dc=acme,dc=com")))