ヘッダーをスキップ

Pro*C/C++ プログラマーズ・ガイド
10gリリース2(10.2)

B19273-01
目次
目次
索引
索引

戻る 次へ

B 予約語、キーワードおよびネームスペース

この付録の項目は、次のとおりです。

予約語およびキーワード

一部の語はOracleにより予約されています。つまり、Oracleで特別な意味を持っている語であり、再定義できません。このため、列、表、索引などのデータベース・オブジェクトの名前には使用できません。SQLおよびPL/SQLのOracle予約語のリストは、『Oracle Database SQLリファレンス』および『Oracle Database PL/SQLユーザーズ・ガイドおよびリファレンス』を参照してください。

Pro*C/C++キーワードは、CまたはC++キーワードと同様、プログラムの中で変数として使用しないでください。使用すると、エラーが発生します。列などのデータベース・オブジェクトの名前に使用されると、エラーが戻されます。Pro*C/C++で使用されるキーワードは次のとおりです。

表B-1    Pro*CおよびC++のキーワード 
キーワード  キーワード  キーワード  キーワード  キーワード 

all 

allocate 

alter 

analyze 

and 

any 

arraylen 

as 

asc 

at 

audit 

authorization 

avg 

begin 

between 

bind 

both 

break 

by 

cache 

call 

cast 

char 

character 

character 

charf 

charz 

check 

close 

collection 

comment 

commit 

connect 

constraint 

constraints 

context 

continue 

convbufsz 

count 

create 

current 

currval 

cursor 

database 

date 

dateformat 

datelang 

day 

deallocate 

dec 

decimal 

declare 

default 

define 

delete 

deref 

desc 

describe 

descriptor 

display 

distinct 

do 

double 

drop 

else 

enable 

end 

endif 

escape 

exec 

exec 

execute 

exists 

explain 

extract 

fetch 

float 

flush 

for 

force 

found 

free 

from 

function 

get 

global 

go 

goto 

grant 

group 

having 

hour 

iaf 

identified 

ifdef 

ifndef 

immediate 

in 

indicator 

input 

insert 

integer 

intersect 

interval 

into 

is 

is 

leading 

level 

like 

list 

lob 

local 

lock 

long 

max 

message 

min 

minus 

minute 

mode 

month 

multiset 

nchar 

nchar_cs 

next 

nextval 

noaudit 

not 

notfound 

nowait 

null 

number 

numeric 

nvarchar 

nvarchar2 

object 

ocibfilelocator 

ocibloblocator 

ocicloblocator 

ocidate 

ociextproccontext 

ocinumber 

ociraw 

ocirowid 

ocistring 

of 

only 

open 

option 

option 

or 

oracle 

order 

output 

overlaps 

package 

partition 

precision 

prepare 

prior 

procedure 

put 

raw 

read 

real 

ref 

reference 

register 

release 

rename 

replace 

return 

returning 

revoke 

role 

rollback 

rowid 

rownum 

savepoint 

second 

section 

select 

set 

set 

smallint 

some 

sql 

sql_context 

sql_cursor 

sqlerror 

sqlwarning 

start 

statement 

stddev 

stop 

string 

sum 

sysdate 

sysdba 

sysoper 

table 

temporary 

the 

threads 

time 

timestamp 

timezone_hour 

timezone_minute 

to 

tools 

trailing 

transaction 

trigger 

trim 

truncate 

type 

uid 

ulong_varchar 

union 

unique 

unsigned 

update 

use 

user 

using 

uvarchar 

validate 

values 

varchar 

varchar 

varchar2 

variables 

variance 

varnum 

varraw 

view 

whenever 

where 

with 

work 

year 

zone 

Oracleの予約済ネームスペース

Oracleによって予約されているネームスペースのリストを次の表に示します。Oracleライブラリにある関数名の先頭は、このリストの文字列に限られています。名前が競合する可能性があるため、名前がこれらの文字で始まる関数を使用しないでください。たとえば、Oracle Net Transparent Network Service関数はすべてNSで始まるため、関数にはNSで始まる名前を付けないように注意する必要があります。

表B-2    Oracleの予約済ネームスペース 
ネームスペース  ライブラリ 

XA 

XAアプリケーション専用の外部関数 

SQ 

OracleプリコンパイラおよびSQL*Moduleアプリケーションによって使用される外部SQLLIB関数 

O、OCI 

外部OCI関数内部OCI関数 

UPI、KP 

Oracle UPIレイヤーからの関数名 

NA

NC

ND

NL

NM

NR

NS

NT

NZ

OSN

TTC 

Oracle Netネイティブ・サービス・プロダクト

Oracle Net RPCプロジェクト

Oracle Net Directory

Oracle Netネットワーク・ライブラリ・レイヤー

Oracle Net Net Management Project

Oracle Net Interchange

Oracle Net Transparent Network Service

Oracle Netドライバ

Oracle Net Security Service

Oracle Net V1

Oracle Net 2タスク 

GEN、L、ORA 

コア・ライブラリ関数 

LI、LM、LX 

Oracleグローバリゼーション・サポート・レイヤーからの関数名 

システム依存ライブラリからの関数名 

表のリストはOracle予約済ネームスペースのすべての関数を包括的に示したものではありません。特定のネームスペースでの関数の完全なリストは、該当するOracleライブラリに対応するマニュアルを参照してください。


戻る 次へ
Oracle
Copyright © 2005 Oracle Corporation.

All Rights Reserved.
目次
目次
索引
索引