DB2/400の物理スキーマの作成

物理スキーマは、DB2/400における次のライブラリ(またはコレクション)のペアに対応します。

注意: 物理スキーマに関連するデータ・サーバーに指定されたユーザー・プロファイルは、前述の操作を実行するための適切な権限を付与されている必要があります。

注意: ほとんどのナレッジ・モジュールでは、ステージング領域で、およびターゲット・データストアへの書込み時に、コミット制御を使用します。AS/400のステージング領域としてコレクションを使用し、ターゲット表をジャーナル化することを強くお薦めします。

物理スキーマの作成

DB2/400の物理スキーマを作成する手順:

注意: データ・サーバーの作成直後の場合、手順1は無視してください。物理スキーマ・ウィンドウがすでに表示されているはずです。

  1. DB2/400データ・サーバーを選択して右クリックし、「物理スキーマの挿入」を選択します。物理スキーマ・ウィンドウが表示されます。

  2. 「スキーマ(スキーマ)」で、このOracle Data Integratorの物理スキーマのデータ・ライブラリを選択します。このフィールドには、DB2/400データベースのライブラリ・リストが表示されます。

  3. 「スキーマ(作業スキーマ)」で、このOracle Data Integratorの物理スキーマの作業ライブラリを選択します。このフィールドには、DB2/400データベースのライブラリ・リストが表示されます。

  4. このスキーマをこのデータ・サーバーのデフォルト・スキーマに設定する場合、「デフォルト」ボックスを選択します(最初の物理スキーマは、常にデフォルト・スキーマになります)。詳細は、「物理スキーマ」を参照してください。

  5. 「コンテキスト」タブに移動します。

  6. この新規物理スキーマに対応する「コンテキスト」と既存の「論理スキーマ」を選択し、手順9に進みます。
    DB2/400の論理スキーマが存在しない場合は、手順7に進みます。

  7. ボタンをクリックします。

  8. 左側の列で既存の「コンテキスト」を選択し、右側の行に「論理スキーマ」の名前を入力します。このDB2/400の論理スキーマは、自動的に作成され、このコンテキスト内の物理スキーマに関連付けられます。

警告: 特定のコンテキストでは、論理スキーマは1つの物理スキーマにのみ関連付けることができます。

  1. 「OK」をクリックします。