ヘッダーをスキップ
Oracle Collaboration Suiteスパム対策構成
リリース2(9.0.4)
部品番号: B15731-01
 

次へ
次へ
 

目次

スパム対策構成

1 概要
2 スパム問題の概要
2.1 オープン・リレー
2.2 迷惑電子メール
3 スパムの阻止
3.1 オープン・リレーの無効化
3.2 ネイティブの電子メール・スパム対策機能の構成
3.3 内容でフィルタリングするソフトウェアの実装
4 メッセージ転送エージェントの概要
5 Oracle Emailに組み込まれているスパム対策
6 Oracle MTAの概要
6.1 SMTP_IN
6.2 SMTP_OUT
7 Oracle Emailのスパム対策の構成
7.1 SMTPの設定
7.2 スパム対策チェックの有効化または無効化
7.3 スパム・チェックの優先順位
7.4 Oracle MTAプロセスでのメール・フロー
7.4.1 アクション1: 接続の確立
7.4.2 アクション2: 認証
7.4.3 アクション3: ネイティブのスパム対策機能
8 DNS参照によるスパム対策
9 サード・パーティ・ベンダーによるスパム対策
10 スパム対策の構成例
11 追加情報