ヘッダーをスキップ

Oracle Collaboration Suite高可用性構成
リリース2(9.0.4)for UNIX Systems
部品番号: B15729-01
  索引へ移動
索引

次へ
次へ
 

目次

図のリスト

表のリスト

タイトルおよび著作権情報

はじめに

対象読者
このマニュアルの構成
表記規則

1 Oracle Collaboration Suiteの概要

1.1 InfrastructureデータベースおよびOracle Internet Directory
1.2 Oracle9iAS Single Sign-OnおよびOracle Delegated Administration Service
1.3 Oracle Calendar ServerおよびOracle Filesドメイン・コントローラ
1.4 Information Storage
1.5 中間層コンポーネント

2 高可用性構成の概要

2.1 Oracle Collaboration Suiteの高可用性構成の例
2.2 InfrastructureデータベースおよびOracle Internet Directory層
2.3 Oracle Calendar ServerおよびOracle Filesドメイン・コントローラ層
2.4 Oracle9iAS Single Sign-OnおよびOracle Delegated Administration Service層
2.5 Information Storage層
2.6 Oracle Collaboration Suite Middle-Tier
2.7 Oracle Collaboration Suiteのネットワーク計画

3 高可用性用のインストールと構成

3.1 高可用性用のインストールと構成の概要
3.2 インストール前の推奨事項の実装
3.2.1 インストール時に指定する情報の準備
3.2.2 ストレージ要件の計画
3.2.3 システム・カーネル・パラメータの構成
3.2.4 Information StorageとRAWボリュームの構成
3.2.4.1 基本表領域ボリューム
3.2.4.2 Oracle Files Storeボリューム
3.2.4.3 Oracle Email Storeボリューム
3.3 コールド・フェイルオーバー・クラスタへのInfrastructureのインストール
3.4 Oracle9iAS Single Sign-OnとOracle Delegated Administration ServiceのDMZへの移動
3.4.1 HTTP Serverの設定
3.4.2 分散構成管理の更新
3.4.3 modplsql用のデータベース・アクセスの設定
3.5 ロード・バランサを使用するOracle9iAS Single Sign-On Serverの構成
3.5.1 Oracle9iAS Single Sign-On URLのOracle9iAS Single Sign-On Server設定の変更
3.5.2 パートナ・アプリケーションの再登録
3.6 Oracle Delegated Administration ServiceのOracle9iAS Single Sign-On中間層への移動
3.7 Oracle Real Application Clustersを使用するInformation Storageのインストールと構成
3.7.1 DBCA_RAW_CONFIGファイルの作成
3.7.2 必要な表領域を持つデータベースの作成
3.7.3 Oracle Web Conferencing Real-Time Collaborationスキーマのロック解除
3.7.4 Database Configuration Assistantによって作成されない表領域の作成
3.7.4.1 Oracle Web Conferencing Real-Time Collaborationストア
3.7.4.2 Oracle Email Store
3.7.4.3 Oracle Files
3.7.5 MAX_COMMIT_PROPAGATION_DELAYパラメータの設定
3.7.6 バイナリ・ファイルのリモート・ノードへのコピー
3.8 Oracle Calendar ServerとOracle Filesドメイン・コントローラのインストールと構成
3.8.1 Oracle Calendar ServerおよびOracle Filesドメイン・コントローラ
3.8.2 Oracle Calendar Serverのunison.iniファイルの変更
3.8.3 Oracle Filesドメイン・コントローラのregistry.xmlファイルの変更
3.8.4 Oracle Calendar ServerとOracle Filesドメイン・コントローラのインストールの検証
3.9 Oracle Collaboration Suite Middle-Tierのインストールと構成
3.9.1 中間層のインストール
3.9.2 中間層ログインの検証
3.9.3 Oracle EmailのInformation Storageおよび中間層の構成
3.9.4 Oracle Filesの構成
3.10 Oracle Collaboration Suite Middle-Tierのロード・バランサの設定
3.10.1 パートナ・アプリケーションの検証
3.10.2 ロード・バランサのURLとポート80を使用するHTTP ServerおよびWeb Cacheの構成
3.10.3 ロード・バランサの仮想サーバーを使用した2つの中間層のOracle9iAS Single Sign-Onへの再登録
3.10.4 osso.confファイルの難読化
3.10.5 Oracle9iAS Portalの再構成
3.10.6 古いパートナ・アプリケーションの削除
3.10.7 Oracle9iAS Single Sign-On Server構成表の更新
3.10.8 ポートレットURLの変更
3.10.9 ポートレットURLの更新
3.10.10 中間層の再起動
3.11 Web Cacheクラスタリングの構成
3.12 ファイアウォール構成の考慮事項への対応

4 9.0.4.2パッチ・セットの適用

4.1 9.0.4.2パッチ・セットのダウンロードと適用
4.2 パッチ・セット適用後のOracle Web Conferencing Real-Time Collaborationの構成

5 9.0.1.5パッチ・セットの適用

5.1 パッチ・セットの適用要件への対応
5.2 パッチ・セットのInfrastructureへの適用
5.3 パッチ・セットの他の層への適用

6 3620912パッチの適用

A コンポーネントの起動および停止スクリプト

A.1 Oracle Collaboration Suiteコンポーネントの起動と停止
A.2 環境変数の設定
A.3 Infrastructureコンポーネント
A.4 Oracle9iAS Single Sign-OnおよびOracle Delegated Administration Serviceコンポーネント
A.5 Information StorageのOracle Real Application Clustersインスタンス
A.6 Oracle Calendar ServerおよびOracle Filesドメイン・コントローラ
A.7 Oracle Collaboration Suite Middle-Tier

B Information Storageおよびソフトウェアのバックアップ

B.1 Information Storageのバックアップ
B.2 ソフトウェアのバックアップ

C Information Storage表領域の作成

C.1 Information Storage表領域の推奨サイズ
C.2 9.0.4.2パッチ・セットの適用に必要な表領域の作成

D ストレージおよびバックアップの計画表

E インストール・チェックリスト

F 参照

F.1 ドキュメント
F.2 MetaLink Note

索引