ヘッダーをスキップ
Oracle Collaboration Suiteサイジングおよびパフォーマンス・チューニング
リリース2(9.0.4)
部品番号: B15725-01
 

次へ
次へ
 

目次

サイジングおよびパフォーマンス・チューニング

1 容量計画およびサイジング
1.1 スイート・レベルのサイジング情報
1.1.1 Oracle Collaboration Suiteのサイジングに関する考慮事項
1.1.2 単一のコンピュータへのインストールに関する考慮事項
1.1.3 Oracle Collaboration Suiteのメモリー要件
1.2 Oracle Calendar
1.3 Oracle Email
1.3.1 配置に関する選択肢
1.3.2 Oracle Emailのメモリー要件
1.3.3 Oracle Webmailの構成要件
1.4 Oracle Files
1.5 Oracle Ultra Search
1.6 Oracle Voicemail & Fax
1.6.1 Oracle Voicemail & Faxのハードウェアに関する推奨事項
1.7 Oracle Web Conferencing
1.8 Oracle Wireless and Voice Access
2 パフォーマンス・チューニング
2.1 Oracle Calendar
2.2 Oracle Email
2.2.1 Oracle Emailアーキテクチャの概要
2.2.2 コストの内訳
2.2.3 推奨されるデータベース接続設定
2.2.4 推奨されるLDAP接続設定
2.2.5 Oracle Emailのパラメータに関する推奨事項
2.2.6 推奨されるデータベース・プロセス・パラメータ設定
2.2.7 Oracle WebmailのCPU使用率の監視
2.2.8 Oracle WebmailのJavaMail APIのレスポンス時間の監視
2.2.9 Oracle Webmailの最適なデータベース・プール・サイズの確認
2.2.10 Oracle Webmailのパラメータに関する推奨事項
2.2.11 スケーリングの問題および解決方法
2.3 Oracle Files
2.4 Oracle Ultra Search
2.5 Oracle Web Conferencing
2.6 Oracle Wireless and Voice Access