ヘッダーをスキップ
Oracle Coherenceスタート・ガイド
リリース3.4
B52977-01
  目次
目次

戻る
戻る
 
次へ
次へ
 

1 データ・グリッドの定義

Oracle Coherenceインメモリー・データ・グリッドは、複数のサーバー間で共有され、短いレスポンス・タイム、高度なスループット、予測可能なスケーラビリティ、継続的な可用性、および情報の信頼性が求められるアプリケーション・オブジェクトに対するデータ管理システムです。わかりやすいように、次の用語および要求について説明します。

これらの機能を実装するOracle Coherenceは、計算負荷の高い、ステートフルな中間層アプリケーションにおいて最適なシステムです。Coherenceは、アプリケーション層での実行を対象としていますが、Application Serverクラスタなどでは、多くの場合、アプリケーション自体でインプロセスで実行されます。

これらの4つの機能の結果を組み合せると、データ・グリッド内の情報が、トランザクション・アプリケーションで使用可能な信頼性の高いものになります。