日本オラクル クロスインダストリー本部
OracleDirect SCグループ
井上 一也

OracleDirectでは、お客様からのご相談に対応させて頂いております。
私共が、電話とインターネットを使って直接ご説明させて頂きます。
製品の技術的ご説明、デモンストレーションから、構成のご提案まで、是非OracleDirectにご相談ください。
さまざまな内容のiSeminarも予定していますので、是非ご参加ください。


第1章:データベース構築基礎
はじめに
ソフトウェアのセットアップ
データベースの作成
データベース作成後の主なデータベースの設定について
クライアントからの接続
表/索引の作成
データの入力と確認
データの移動


 はじめに

「意外と簡単!?」シリーズは、Oracle Database 10gを使用してこれからシステム構築を行い、運用していく方向けに作成しており、初心者の方でも容易に構築/運用ができるよう全編にわたり極力GUIツールを利用した説明として構成しております。
システム構築の方法や運用にはさまざまな方法が存在しますが、「意外と簡単!?」シリーズでは特定のハードウェア上で小中規模のシステムを構築/運用することを目的とした実践的な資料として構成している関係上、個々の機能の説明等は最小限に留めております。
また基本的にStandard Editionで利用可能な機能の範囲にて説明しております。
「意外と簡単!?」シリーズが皆様のシステム構築/運用の一助になれば幸いです。

  「意外と簡単!?」シリーズの資料構成

「意外と簡単!?」シリーズは、以下の5つの資料から構成しております。
  1. データベース構築基礎(本書)
  2. セキュリティ設定
  3. バックアップとリカバリ
  4. データベースの運用 − 監視
  5. データベースの運用 − チューニング

  「意外と簡単!?」シリーズにおけるH/W、S/W構成


サーバー DELL PowerEdge 2650
CPU Xeon 3.06 GHz x 2
メモリ 6GB
オペレーティング・システム Microsoft Windows 2000 + Service Pack4
RDBMS Oracle Database 10g Standard Edition for Windows


 ソフトウェアのセットアップ

このセクションでは、Oracle Database 10gのセットアップを行います。今回は、オペレーティング・システムとしてWindows2000を利用します。Oracle Database 10g for Windowsのインストールをこのセクションにて行います。

  システム要件の確認

ハードウェエア要件、ソフトウェア要件に関しては、マニュアル「クイック・インストレーション・ガイド 10g リリース1(10.1) for Windows」を参照してください。マニュアルは、以下のURLよりダウンロード可能です。

http://otn.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/


  Oracle Database 10gのインストール

Oracleのソフトウェアをインストールする前のシステム要件の確認が終了したら、以下の手順に従ってOracleをインストールします。

1.   CD-ROMをPCにセットします。


2.   以下のような画面が自動的に表示されますので、「インストールを開始」をクリックしてください。


3.   以下のようなWelcome画面が表示されます。デフォルトでは、「初期データベースの作成」がチェックされていますが、ここではデータベースは作成しませんので、チェックをはずし、「次へ」をクリックしてください。

ポイント:Oracle Database 10g(10.1.0.2)では、標準インストールにてインストールした場合、日本語メッセージがインストールされません。日本語メッセージが必要な場合は、「拡張インストール」にてインストールしてください。


4.   「Preparing to Install」と表示され、インストールの準備が実行されます。


5.   インストールの準備が終了すると自動的に「サマリー」画面が表示されます。内容を確認の上「インストール」をクリックするとインストールが開始されます。


6.   インストールが終了すると、「インストールの終了」画面が表示されますので「終了」をクリックしてインストーラーを終了してください。
終了画面には、いくつかのウェブ・アプリケーションにて使用するポート番号も表示されていますが、これらのポート番号は、%ORACLE_HOME%\install\portlist.iniにも記録されています。


 データベースの作成

このセクションでは、データベースを作成します。また、データベース作成後にEnterprise Managerを使用してデータベースの構成情報を確認したり、代表的なコマンド・ライン・ツールであるiSQL*Plusについても説明します。

  データベースを作成する方法

データベースを作成する方法として、SQL文を使用してコマンドにて作成する方法と、DBCA(Database Configuration Assistant)というGUIツールを利用して作成する方法があります。今回は、GUIツールであるDBCAを利用してデータベースを作成します。


 データベースの作成

DBCAを利用してデータベースを作成しましょう。

1.   Windowsのスタート・ボタンより、「Database Configuration Assistant」を選択します。
「スタート」->「プログラム」->「Oracle - OracleDb10g_home1」->「Configuration and Migration Tools」->「Database Configuration Assistant」


2.   Welcome画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。


3.   操作を選択しますが、今回は「データベースの作成」を選択して、「次へ」をクリックします。


4.   テンプレートを選択する画面が表示されます。テンプレートとは、構成済みのデータベース設定のことです。商用のシステムではシステム要件にあわせて構成するため使用することは少ないと思われます。今回は汎用的な小規模データベースという事でテンプレートを使用します。「汎用」を選択し、「次へ」をクリックします。

ポイント:本番のシステムでは既に表領域の設計等ができているはずですので、「カスタム・データベース」を選択して設計した内容に従ってデータベースを作成してください。


5.   グローバル・データベース名を決定します。”名前.ドメイン名” としてグローバル・データベース名を付けます。ドメイン名はネットワーク・ドメイン名と一致しなくても構いません。「グローバル・データベース名」に値を入力すると、最初のピリオドまでが「SID」にも入力されます。例えば、「グローバル・データベース名」にora10g.jp.oracle.com と入力すると、「SID」に自動的にORA10Gと入力されます。今回は、「ORA10G」というSID名にて作成します。


6.   データベースの管理方法を問い合わせる画面が表示されるが、とりあえずここでは、デフォルト設定のまま「次へ」をクリックします。


7.   パスワード管理の画面が表示されます。SYSはデータベースを起動/停止できる他、データベース管理のすべての権限を持っています。各ユーザーに対し個々に設定するか、全てのユーザーに同じパスワードを設定できます。今回は、全てのアカウントに対して「ORACLE」というパスワードを設定します。「次へ」をクリックします。


8.   データベースファイルをどのような形式にて作成するかを選択できます。今回はデフォルト設定のファイル・システムを選択して「次へ」をクリックします。


9.   データベース・ファイルを作成する場所を指定します。ここでは、デフォルトの「テンプレートのデータベース・ファイルの位置を使用」を選択し、「次へ」をクリックします。

ポイント:「カスタム・データベース」にてデータベースを作成した場合には、テンプレートとして保存しておくと同様のデータベースを作成する場合に便利です。


10.   フラッシュバック・リカバリに利用する領域を指定します。ここではデフォルト設定のまま、「次へ」をクリックします。


11.   サンプルをインストールするか選択する画面が出ます。本番環境では要らないのでインストールしませんが、ここでは、「サンプル・スキーマ」をチェックしてインストールするようにします。「次へ」をクリックします。


12.   初期化パラメータを設定する画面が表示されます。ここも今回は特に変更する必要はありません。そのまま「次へ」をクリックします。


13.   データベースを構成する制御ファイル、データファイル、REDOログファイルの場所などを変更することができます。今回は記述されているとおりの設定でも構いません。しかし、データベースのOracleのソフトウェアとデータベースの各構成ファイルを別々のディスクに配置しないとディスクへのI/Oが集中してパフォーマンスのボトルネックになることがありますのでご注意ください。「次へ」をクリックします。



14.   今回の構成をテンプレートとして保存するか指定できます。今回は保存する必要はないので、そのまま「終了」をクリックします。


15.   今回の構成で作成されるデータベースのサマリです。
確認したら「OK」をクリックしてデータベース作成を開始します。

ポイント:今回は、全ての項目を確認しながらDBCAを使用しましたが、特にデフォルト値で問題ない場合や、テンプレートが作成されているような場合は、データベースのデータファイル位置を設定する画面にて「終了」をクリックすることにより、それ以降のウィザードのステップを省略することが可能です。


16.   以下は、データベース作成中の実行画面です。


17.   データベースの作成が終了すると、以下のように完了の画面が表示されます。「終了」をクリックすると作成画面が終了します。

ポイント:DBCAでデータベースを作成した場合、管理者用のユーザー以外のユーザーはロックされているので、UNLOCKする必要があります。UNLOCKの方法は、後で実習します。


18.   DBCAにてデータベースを作成した後は、データベースは起動された状態になっています。


  Enterprise Manager

Oracle9i以前では、Enterprise Managerは、Javaのクライアント/サーバーアプリケーションとして実装されていました。Oracle Database 10gでは、完全にウェブ・ベースのインターフェースに変更され、ブラウザーさえあればどのマシンからも実行することが可能であるのが特徴です。

特徴は、以下の通りです。
  • ウェブ・ベースのGUIインターフェース
  • 各種データベースオブジェクトの作成/管理/表示
  • パフォーマンス統計の表示
  • バックアップや再編成などの各種メンテナンス操作

 Enterprise Managerを使ってロックされているアカウントを解除しよう

データベースの作成のセッションにて、特定の管理者用のユーザー以外はロックされていることを説明しました。ロックを解除しないと該当のユーザーを利用することができません。今回は、サンプル・スキーマの「SCOTT」のロックを解除します。

1.   Enterprise Managerを利用するには、データベース・サーバーにてDBコンソールを使用するためのプロセスが起動していなければなりません。DBCAにてデータベースを作成すると自動的に起動されますが、以下のコマンドにて起動を確認できます。
C:\>set ORACLE_SID=ORA10G

C:\>emctl status dbconsole
Oracle Enterprise Manager 10g Database Control Release 10.1.0.2.0
Copyright (c) 1996, 2004 Oracle Corporation. All rights reserved.
http://kainoue03.jp.oracle.com:5500/em/console/aboutApplication
Oracle Enterprise Manager 10g is running.
------------------------------------------------------------------
Logs are generated in directory D:\oracle\product\10.1.0\Db_1/kainoue03.jp.oracl
e.com_ora10g/sysman/log

「Oracle Enterprise Manager 10g is running.」と表示されていれば、起動しています。もし、「Oracle Enterprise Manager 10g is not running」と表示された場合は、Windowsのサービスより「OracleDBConsoleora10g」を起動してください。


2.   Enterprise Managerを利用するには、リスナーも起動している必要があります。リスナーの詳細な設定は後ほど行うので、ここでは以下のコマンドにてリスナーを起動してください。
C:\>lsnrctl start

ポイント:このコマンドにてWindowsのサービスにも自動的にリスナーのサービスが作成されます。次回からは、Windowsのサービスで起動/停止が可能です。


3.   ブラウザーを起動して以下のURLを入力します。ログイン・ページが表示されますので、ユーザー名:SYS、パスワード:ORACLE、接続モード:SYSDBAと入力してボタンをクリックしてください。
http://<host name>:<port>/em/

  e.g) http://kainoue03.jp.oracle.com:5500/em/

ポイント:Enterprise Managerにアクセスする場合のポート番号が分からない場合は、%ORACLE_HOME%\installの下のportlist.iniファイルを参照してください。


4.   ホーム画面より、「管理」→「ユーザー」をクリックします。「ユーザー」の画面が表示されます。


5.   画面をスクロールして、ユーザー「SCOTT」を探します。アカウント・ステータスが「EXPIRED & LOCKED」になっているはずです。「SCOTT」をクリックします。


6.   「ユーザーの編集」画面が表示されます。ステータスを「ロック解除」にし、パスワード入力およびパスワードの確認に「TIGER」を入力して、をクリックします。


7.   「正常に変更されました」と表示されるはずです。再度ユーザー「SCOTT」のアカウント・ステータスを確認してみてください。正常であれば、以下のように「OPEN」になっています。


 Enterprise Managerを使って表の定義やデータを確認してみよう

Enterprise Managerを使用して、作成したデータベースのサンプル・データである「SCOTT.EMP」表の定義内容を確認します。表の作成方法については、本資料の別のセクションにて実習します。

1.   この前の実習と同様の手順して、Enterpries Managerにログインします。


2.   ブラウザーを起動して以下のURLを入力します。ログイン・ページが表示されますので、ユーザー名:SYS、パスワード:ORACLE、接続モード:SYSDBAと入力してボタンをクリックしてください。
http://<host name>:<port>/em/

  e.g) http://kainoue03.jp.oracle.com:5500/em/

ポイント:Enterprise Managerにアクセスする場合のポート番号が分からない場合は、%ORACLE_HOME%\installの下のportlist.iniファイルを参照してください。


3.   Enterprise Managerのホーム画面が表示されます。ホーム画面より「管理」、スキーマから「表」をクリックしてください。


4.   「表」の画面が表示されます。スキーマとして「SCOTT」を入力しボタンをクリックすることで、スキーマ「SCOTT」が所有している表が表示されます。
表示されている表の中から表名「EMP」に選択マークを付けて、ボタンをクリックします。

ポイント:スキーマ名が分からない場合は、アイコンをクリックすることで、スキーマの一覧表を表示させて選択することもできます。


5.   EMP表に対する現在の表定義が確認できます。
ボタンを押すことで表定義を変更することもできます。


6.   次にEMP表の中にどのようなデータが入っているか確認してみましょう。ボタンで前画面に戻りますので、再度EMPに選択マークを付けて、アクションのドロップダウン・リストボックスから「データの表示」を選んで、ボタンを押します。

どうでしょう。上記のようにEMP表のデータが確認できましたか?
確認が終わったら、「データベース」タブをクリックすることで、ホーム画面に戻れます。


  iSQL*Plus

SQL*Plusは、対話型の問い合わせツールで、コマンドライン・インターフェースのSQL*Plusとウェブベース・インタフェースのiSQL*Plusがあります。基本的に出来ることは一緒で、主に以下のような処理をする事が可能です。
  • 対話形式でのレポート生成、バッチ形式でのレポート生成
  • 問い合わせ結果の書式設定
  • 表定義の表示

 iSQL*Plusを使ってみよう

先程は、Enterprise Managerを利用して表の定義とデータの中身を確認しました。今度は、iSQL*Plusを利用して再度EMP表のデータを確認してみましょう。

1.   まず、isqlplusを起動します。以下のコマンドにてisqlplusを起動してください。
C:\>isqlplusctl start
iSQL*Plus 10.1.0.2.0
Copyright (c) 2004 Oracle. All rights reserved.
Starting iSQL*Plus ...
iSQL*Plus started.

ポイント:このコマンドにてWindowsのサービスにも自動的にiSQL*Plusのサービスが作成されます。次回からは、Windowsのサービスで起動/停止が可能です。


2.   ブラウザーを起動して以下のURLを入力します。ログイン・ページが表示されますので、ユーザー名:SCOTT、パスワード:TIGER、接続識別子:未入力と入力してボタンをクリックしてください。
http://<host name>:<port>/isqlplus/

  e.g) http://kainoue03.jp.oracle.com:5560/isqlplus/


ポイント:iSQL*Plusにアクセスする場合のポート番号が分からない場合は、%ORACLE_HOME%\installの下のportlist.iniファイルを参照してください。


3.   iSQL*Plusの画面が表示されます。

以下のSQLコマンドを入力してボタンを押します。
select * from emp;


4.   Enterprise Managerで表示したデータと同じデータが表示されるはずです。


5.   データ量が多い場合などは、出力結果の表示方法を調整することも可能です。アイコンの「設定項目」をクリックし、出力ページ・サイズの項目を「複数ページ」にして各ページの列数を「10」にしてボタンをクリックし、「作業領域」タブをクリックして元の画面に戻り、再度ボタンをクリックしてみましょう。

画面下に「次のページ」というボタンが出てくるはずです。このように出力結果を複数ページに分割したり、また出力結果を別のHTMLファイルとして保存する事もできます。
結果を確認したら、ログアウトをクリックして、ブラウザーを終了しましょう。


 データベース作成後の主なデータベースの設定について

このセクションでは、データベース作成後の主な設定や作業として、「データベースの起動/停止」や「データベースの運用モード」、データベースを構成するための「初期化パラメータ」について説明します。

  データベースの起動と停止

Oracleでは、データベースの稼動状態として以下のような4つの状態が存在します。通常では、停止状態である「SHUTDOWN」か、稼動中である「OPEN」の状態になっていると思います。「NOMOUNT」や「MOUNT」状態にするのはデータベースをメンテナンスするような場合に、このような状態にします。



 データベースの起動/停止

Enterprise Managerを利用してデータベースを起動/停止してみましょう。

WindowsプラットホームにてEnterprise Managerを使用する場合で、ホスト資格証明が必要な動作などを実施する場合は、以下のような設定が必要です。本実習では、その手順も行います。
  • 環境変数%TEMP%,%TMP% ディレクトリへの権限をEnterprise Manager用のユーザーに与える
  • 「バッチジョブとしてログオン権限」をEnterprise Manager用のユーザーに与える
1.   環境変数%TEMP%,%TMP% ディレクトリへの権限をEnterprise Manager用のユーザーに与えます。デフォルトでは%TEMP%,%TMP%は C:\WINNT\TEMP になっていますので、該当フォルダーを右クリックし、「プロパティ」の「セキュリティ」タブで権限を与えてください。


2.   「バッチジョブとしてログオン権限」をEnterprise Manager用のユーザーに与えます。管理ツールの「ローカルセキュリティポリシー」をクリックします。「バッチジョブとしてログオン」に対し権限を付与してください。
「スタート」->「管理ツール」->「ローカルセキュリティポリシー」で上記画面を表示し、「ユーザー権利の割り当て」の「バッチジョブとしてログオン」を右クリックし「セキュリティ」を選択します。

設定画面が表示されるので、「追加」より該当のユーザーを追加し、「ローカルポリシーの設定」がチェックされている事を確認してください。ここでは、「KAINOUE03\Administrator」を追加しています。


3.   ブラウザーを起動して以下のURLを入力します。ログイン・ページが表示されますので、ユーザー名:SYS、パスワード:ORACLE、接続モード:SYSDBAと入力してボタンをクリックしてください。
http://<host name>:<port>/em/

  e.g) http://kainoue03.jp.oracle.com:5500/em/


ポイント:データベースの起動/停止権限があるユーザーでかつ、接続モードが「SYSDBA」でないとデータベースの起動/停止は出来ません。


4.   Enterprise Managerのホーム画面が表示されます。画面左端の信号機に注目してください。矢印が上を向いている場合は稼動中です。データベースを停止します。ボタンをクリックしてください。


5.   「起動/停止」の画面が表示されます。OSのユーザー/パスワードとデータベースのユーザー/パスワードを入力して ボタンをクリックしてください。

手順1.2の設定が適切に行われていない場合、以下のようなエラーが表示されます。


6.   以下のような、停止に対する確認画面が表示されますので、をクリックしてください。

ポイント:デフォルトの停止オプションはIMMEDIATEで実行されます。


7.   停止中の画面が表示されます(停止には多少時間が掛かります)。しばらく待ったあとに、ボタンをクリックしてください。


8.   最終的に以下のようにデータベースが停止状態になり、ステータスが「使用不可」になります。

ポイント:データベースが停止すると、データベースのステータスが確認できないため、上記のようにリカバリが必要であるかどうか分からない状態になりますが、特に問題があるわけではありません。


9.   今度は、データベースを起動します。上記8.の画面より、 ボタンをクリックします。


10.   データベースの停止と同様に資格証明の画面が表示されますので、必要項目を入力し、ボタンをクリックしてください。


11.   起動確認の画面が表示されるので、をクリックしてください。


12.   起動中の画面が表示されます。


13.   データベースが起動すると、ステップ1.で表示されたログイン画面が表示されます。同様にログイン処理をしてください。


14.   もしかしたら、以下のような画面が表示されるかもしれません。

ステータスが「停止中」となっていますが、これは起動の情報がEnterprise Managerに通知されるタイム・ラグによるものですので、しばらくした後に「最新の既知の状態」をクリックしてください。以下のようにステータスが「稼動中」となるはずです。


  データベースの運用モード

Oracleでは、データベースの運用方法として、「アーカイブログ・モード」と「ノー・アーカイブログ・モード」の2つの方法があります。これらは以下のような特徴があります。データベースを作成した時点では、デフォルト設定として「ノー・アーカイブログ・モード」に設定されています。
  • アーカイブログ・モード
    障害発生時に最新の状態までリカバリすることが可能

  • ノー・アーカイブログ・モード
    障害発生時は、バックアップ取得時点までリカバリすることが可能
ポイント:デフォルトでは、フラッシュ・リカバリー領域にアーカイブ・ログが作成されます。フラッシュ・リカバリー領域が足りなくなると、アーカイブ・ログが作成できずに、トランザクションが停止します(ORA-16014)。適切なフラッシュ・リカバリー領域サイズの設定と、リカバリ・マネージャーにて定期的にバックアップし、不用なファイルを削除してフラッシュ・リカバリー領域の空き領域を維持するようにしてください。


 運用方式をアーカイブ・ログ・モードに変更する

今回は、システム要件として「障害時に最新の状態まで戻せる」という可用性要件であると想定して、Enterprise Managerを利用して運用モードを変更してみましょう。

1.   それでは、アーカイブ・ログ・モードを変更します。ホーム画面より「高可用性」のアーカイブ中の「使用不可」をクリックしてください。


2.   「リカバリ設定の構成」の画面が表示されます。メディア・リカバリのARCHIVELOGのチェックボックスにチェックを入れ、をクリックします。


3.   変更を適用するためにはデータベースの再起動が必要となるため、確認の画面が表示されますので、をクリックしてください。


4.   データベースの起動/停止の操作と同様に、OSのユーザー/パスワードとデータベースのユーザー/パスワードを入力して、をクリックしてください。


5.   さらに再起動の確認画面が表示されますので、をクリックしてください。


6.   次のような画面が表示され、再起動が実行されます。

ポイント:再起動後の状態がEnterprise Managerにて確認できるまでには、多少時間が掛かる場合があります。


7.   アーカイブ・ログ・モードが「ARCHIVELOG」に変わっていることを確認するには、ホーム画面の「高可用性」の部分では即時に確認できません。即時に確認するには、「メンテナンス」タブをクリックし、「バックアップのスケジュール」をクリックしてください。以下の画面が表示されます。確認が終わったら、をクリックしてください。

ポイント:ホーム画面の「高可用性」の表示の自動更新の間隔は、12時間になっています。変更を即時に確認したい場合は、上記の方法かSQL*Plus等のコマンドライン・ツールよりご確認ください。


  初期化パラメータ

データベースを導入するシステム固有の条件に合わせるために、必要に応じて初期化パラメータを設定/変更する必要性がある場合があります。Oracleではデータベースの構成パラメータとして、初期化パラメータ・ファイルとサーバー・パラメータ・ファイルの2種類がありどちらかを利用することになりますが、それぞれは以下のような特徴があります。
  • 初期化パラメータ・ファイル
    Oracle7の頃から存在するテキスト形式のパラメータ・ファイルで、テキスト・エディタでもパラメータを変更する。

  • サーバー・パラメータ・ファイル(デフォルト設定)
    Oracle8iより導入されたバイナリ形式のパラメータ・ファイル。コマンドもしくはGUIツールよりパラメータを変更する。

 初期化パラメータを確認し、Oracle10gの新機能である自動共有メモリー管理を有効にします。尚、パラメータの変更でも自動共有メモリー管理の有効化は行えますが、今回の実習ではさらに容易な方法にて設定します。

1.   Enterprise Managerのホーム画面にて「管理」タブを選択し、「すべての初期化パラメータ」をクリックします。以下のような初期化パラメータの画面が表示されます。左上の「現行」タブが選択されていると思いますが、これは現在実行中のデータベースにて使用されているパラメータ値です。


2.   フィルタ機能を利用して、自動共有メモリー管理のためのパラメータ「SGA_TARGET」を表示して見ます。フィルタに「SGA_TARGET」を入力して、をクリックします。現在は、自動共有メモリー管理が有効になっていないため、値が「0」になっているはずです。


3.   それでは、実際に自動共有メモリー管理を有効にしてみましょう。ホーム間画面より「管理」タブをクリックし、「メモリー・パラメータ」をクリックしてください。メモリー関連のパラメータ画面が表示されます。現在は、自動共有メモリー管理が「使用不可」となっていると思いますので、をクリックしてください。

ポイント:メモリー調整の自動化の設定はDBCAでデータベース作成時にも設定できます。


4.   自動共有メモリー管理で使用するSGAの最大サイズを指定する画面が表示されます。適切な値を入力したら、をクリックしてください。

ポイント:SGAの最大サイズは、データベース専用機である場合、おおよその目安として物理メモリーの70%くらいに設定すると良いでしょう。しかしシステムの状態によっては適切な値に変更する必要がある場合もありますのでご注意ください。


5.   以下のような画面が表示され、自動共有メモリー管理が即時に有効になったことが確認できます。

次ページへ >>


Copyright © 2004, Oracle Corporation Japan. All rights reserved.
Legal Notices and Terms of UsePrivacy Statement

この文書はあくまでも参考資料であり、掲載されている情報は予告なしに変更されることがあります。日本オラクル社は本書の内容に関していかなる保証もいたしません。また、本書の内容に関連したいかなる損害についても責任を負いかねます。

Oracleは米国Oracle Corporationの登録商標です。文中に参照されている各製品名及びサービス名は米国Oracle Corporationの商標または登録商標です。その他の製品名及びサービス名はそれぞれの所有者の商標または登録商標の可能性があります。